知るコト知るコト
食のコト 2019.11.15

日本のネギとは一味違う!リーキを自宅で味わってみよう

「リーキ」という野菜、聞いたことありますか?
数年前までは日本で見かけることが全くなかったお野菜ですが、最近では静岡県や長野県など、国産のリーキが徐々に出回ってきています。この「リーキ」、ネギの仲間で、旬は冬を迎えるちょうど今の時期です。
日本のネギとは似ているけど違った味わいの「リーキ」、この冬は自宅で味わってみませんか。

 

リーキってどんな野菜?

「リーキ」はネギの仲間で「ポロネギ」とも呼ばれています。
パッと見は、下仁田ネギのように太くて短い形状をしていますが、緑色の部分が下仁田ネギは筒状の形をしているのに対し、リーキは扁平で厚みがありV字の形をしていて、見分けは意外と簡単です。

そして、日本のネギと比べると、ネギ特有の刺激臭が少なく、ネギがあまり得意でない方でも食べやすい品種と言われています。加熱すると甘味が強くなり、またトロミが出て、西洋料理の中でも、煮込みやスープなどに良く使われています。
 

リーキの栄養

リーキにはビタミンやカリウムなど、さまざまな栄養が含まれていますが、その中でも注目したいのが、「女性に嬉しい効果」のある栄養が含まれている点です。

●葉酸

リーキには葉酸が豊富に含まれていて、貧血を緩和する効果が期待できます。そして葉酸は、生まれる前の赤ちゃんの発達に必須の栄養素でもあり、妊活中の方、妊娠中の方は特に意識して摂取すべき、とても大切な栄養素です。

●ビタミンB6

リーキに含まれているビタミンB6は、昨今、話題になっているPMS(月経前症候群)の改善する効果が期待できます。
PMSは生理前に現れる、心や体に起こる不調のことで、便秘・肩こり・頭痛など、人によって現れる症状は様々、ホルモンバランスが崩れることが原因で起こります。ビタミンB6には、この崩れたホルモンバランスを改善する効果が期待できます。
また、ビタミンB6には皮膚や粘膜の健康を保つ効果があるので、肌荒れなどの悩みがある方にも積極的に摂取していただきたい栄養素です。
 

リーキの下処理

リーキには特別な下処理は必要ありませんが、日本のネギと同様に畑で育ち、V字の部分の中にまで泥が入っていることがありますので、「しっかり泥を洗い流す」という下準備が必要です。

●リーキの洗い方

1.緑色の部分で、葉が分かれるV字の部分に深めの切り目を入れる。
2.水をためたボウルの中で泥が落ちきるまで念入りに洗う。
3.根元の硬い部分を切り落とす。

これで下準備が完了です。
リーキは加熱することで甘みが増していきますので、煮込み系のお料理に使うのがおすすめです。
これからの時期でしたら、お鍋料理に入れるのも◎。
リーキの甘みを存分に堪能することがきますよ。

 

「リーキ」は、スーパーでしょっちゅう見かけるお野菜ではありませんが、ねっとりとした甘みは「リーキ」ならではの美味しさで、他のネギでは味わうことのできません。売っているのを見かけたら是非、手にとってみてくださいね。

 

レシピ/ 菅智香(かんともか)

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram
 

その他のおすすめ記事

風邪予防にも効く『知って得するネギの成分と保存方法』

風邪予防にも効く『知って得するネギの成分と保存方法』

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

 

江戸と松戸の間を流れる江戸川と自然の恵みが生んだ幻の「矢切ネギ」

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

コメント

人気の記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる 『マンゴーヨーグルト』

2020.06.05

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』30.おうち時間に作りたい「炊き込みご飯」

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.03

旬のみどりを食卓に。『モロッコいんげんのカリッとごま和え』

2020.06.03

甘いものが食べたいと思ったときにさっと作れる『サクサク食感のサクリスタン』

2020.06.03

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

2020.06.02

いつものデザートに食物繊維を 『きなこのバナナヨーグルト』

2020.06.02

誰かに見せたくなる 『こんがりバナナのハニートースト』

2020.06.02

バター醤油の香りと塩気がとうもろこしの甘さより引き立たせる!『とうもろこしのバター焼き醤油』

編集部おすすめ記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

2020.06.02

材料3つ10分で作れる『もちきび入りタルト・ソレイユ』

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.12.30

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』