作るコト作るコト
料理 2019.11.19

野菜使い切りで同時に2品完成♪たっぷり野菜の『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』『具沢山ミネストローネ』

寒くなってくると旬を迎える牡蠣。旨味が凝縮され、スープやソースに使っても料理にコクをプラスしてくれます。
同じく旬の人参に、玉ねぎとセロリを加えて牡蠣の旨味と野菜たっぷりのシチューにしました。
野菜が中途半端に残るのを防ぐ為、同時進行で調味料は塩のみの絶品スープを仕上げて行きます。
出来上がったシチューのお皿に、パンやパスタを添えたり、マカロニに掛けてチーズと共に焼いたりすればグラタンにもなります♪ぜひ、旬の食材で温まって下さいね。

『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』

鮭と牡蠣の豆乳シチュー

『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』材料(2〜3人分)

鮭(切り身)

2切れ

牡蠣(むき身)

1パック(約8コ)

にんにく

1片

豆乳

400㏄

人参

1/2本

セロリ(茎)

1/2本

玉ねぎ

1/2コ

大さじ4

白みそ

大さじ1/2

塩、小麦粉、オリーブオイル

各適量

『具沢山ミネストローネ』

具沢山ミネストローネ

『具沢山ミネストローネ』材料(2〜3人分)

人参

1/2本

セロリ(茎)

1/2本

玉ねぎ

1/2コ

ベーコン

70g

にんにく

1片

生姜(すりおろし)

小さじ1/2

塩、オリーブオイル

各適量

 

『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』、『具沢山ミネストローネ』の作り方

(2品を同時進行で作ります。どちらか単品だけ作られる場合は材料の分量を確認してくださいね)

1. 人参と玉ねぎの皮をむき、セロリは葉と茎を分けます。玉ねぎ半分は薄切りにし、残り半分は人参、セロリと共にフードプロセッサーでみじん切りにします。牡蠣は塩少々を馴染ませて流水で洗います。鮭は一口大に切り、塩を両面に適量振ります。ベーコンは食べやすい大きさに切ります。

材料を並べている様子

2. フライパンと小鍋にそれぞれオリーブオイル大さじ1と、半割にしたにんにくを入れて弱火にかけます。にんにくの良い香りがしてきたら、1のみじん切りの野菜を半分ずつ加えます。(小鍋には生姜も加えます。) 塩各1つまみを入れ炒めたら蓋をし、野菜の甘みを引き出します。
フライパンの野菜がしんなりしたら、薄切りの玉ねぎも加えて塩少々を振りさらに炒めます。

フライパンと小鍋にそれぞれオリーブオイル大さじ1と、半割にしたにんにくを入れている様子

さらに薄切りの玉ねぎを加えたフライパンの様子

  (↑焦げ付かないよう蓋を取り時々かき混ぜつつ、この時に洗い物等済ませると良いでしょう。)

3. 鮭と牡蠣の水気を拭き、表面に小麦粉をまぶします。

4. フライパンの野菜を端に寄せ、牡蠣と鮭を並べ入れ両面を軽く焼きます。野菜を上に乗せ酒を掛けて蓋をし、弱火で5分程蒸し煮にします。小鍋にはベーコンを入れて全体を炒め合わせたら水400㏄を加えます。

フライパンの野菜を端に寄せ、牡蠣と鮭を並べ入れ両面を軽く焼いている様子

野菜を上に乗せ酒を掛けて蓋をし、弱火で5分程蒸し煮になったフライパンの様子

5. フライパンの蓋を取り、豆乳と白みそを加えて弱火で大きく混ぜ合わせ軽くとろみをつけます。フライパンに塩小さじ1/2を加え、小鍋には塩小さじ1/4を加えます。器に盛り、好みでパセリやブラックペッパーを振りかけて2品の完成です。

『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』、『具沢山ミネストローネ』が完成した様子

ポイント

・鮭の代わりに牡蠣を増やしても良いですし、別の白身魚に変えても美味しいです。
・白みそが無ければ普通のみそでもOK。
・豆乳の代わりに牛乳を。鮭の代わりに白ワインを。味噌の代わりにバターを加えると洋風になります。
・冷蔵庫の余り野菜があれば、一緒に加えて下さい。その際、豆乳や水等の水分も少し増やします。セロリの葉がお好きであれば刻んでスープに加えて下さいね。

【調理時間】20分

 

レシピ/ 大西 麻子

自然豊かな福井育ち。料理旅館で育った祖母の影響で幼児の頃から料理を始め、中学生になってからは家族の夕食を毎日作る大の料理好き。料理と暮らしを紹介したブログはランキング上位になり、わずか2年で出版に至る。4歳の息子と夫の3人暮らし。家族との暮らしを第一に、書籍や企業へのレシピ開発、写真提供をしている。現在、大好きな花や旅をテーマにした料理教室、ワークショップを計画中。

ブログ「さくらのおうちカフェ
Instagram

その他のおすすめ記事

フライパン1つで簡単に作れる『秋の鮭南蛮』

フライパン1つで簡単に作れる『秋の鮭南蛮』

とろろだけじゃない!『長芋の皮ごとステーキ』&『長芋のジャーマンポテト』

とろろだけじゃない!『長芋の皮ごとステーキ』&『長芋のジャーマンポテト』

想像以上の美味しさ!揚げずに簡単『鶏からとさつまいものヤンニョムだれ』

想像以上の美味しさ!揚げずに簡単『鶏からとさつまいものヤンニョムだれ』

じっくり焼いてザックザク!『のり塩ベイクドポテト』

じっくり焼いてザックザク!『のり塩ベイクドポテト』

どちらがお好み?『ふわもち蓮根チヂミ』『サクサク蓮根ワンタン』

どちらがお好み?『ふわもち蓮根チヂミ』『サクサク蓮根ワンタン』

コメント

人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2019.12.27

はじめてのナチュラルフード『シンプルな生き方』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』