得するコト得するコト
まめ知識 2019.11.23

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

新天皇が即位し、元号が平成から「令和」に変わった2019年。さまざまな皇室行事がニュースになりましたね。11月23日は「勤労感謝の日」。もともと「新嘗祭」という皇室の祭典が行われる日でした。今年最後の国民の祝日、勤労感謝の日と新嘗祭についてご紹介します。

勤労感謝の日の意味と由来

11月23日は、もともと「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」と称される祭典を行う祭日であり、休日でもありました。古代から稲作を中心とした農耕が行われてきた日本では、農作物の実りに感謝する祭りや行事が各地で行われてきました。新嘗祭は「新しくとれた穀物を神様にそなえる」皇室の行事です。「新」とは新穀のことで、その年に初めて実った稲穂を意味し、「嘗」にはごちそうの意味があります。新嘗祭がいつから行われているのかははっきりしませんが、飛鳥時代の皇極天皇(642年)のころに始まったのではないかと伝えられています。

太平洋戦争後のGHQの政策により、天皇が関わる祭日と国民の休日は分けて考えるようになり、1948(昭和23)年の「祝日法」制定時に「勤労感謝の日」として、国民の祝日となりました。「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日とされています。

新嘗祭とは?

「新嘗祭」は休日ではなくなりましたが、皇室の中では最も重要な祭典として、今でも11月23日に行われています。具体的にどのようなことが行われるのでしょうか。

宮中にある神殿において、夕方から深夜にかけて2回の儀式が行われ、「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」とすべての神々に神膳をお供えします。この神膳は、その年の新穀で作られた食事で、天皇陛下がお供えをし、自らも食します。神様と食事をともにするのは、天皇陛下だけができることです。新穀で神様に向けて感謝のおもてなしをするとともに、天皇陛下も新穀を食することで来年に向けて新たな力を得ます。このようにして翌年の豊穣を約束する行事が「新嘗祭」です。

新嘗祭は、11月の「2番目の卯の日」と定められていましたが、太陽暦(新暦)が採用された明治6年の11月の2番目の卯の日が11月23日で、翌年以後そのまま新嘗祭の日になりました。

2019年は大嘗祭が行われる特別な年

2019年は新天皇即位にともなう「大嘗祭(だいじょうさい)」が行われます。大嘗祭とは、新しい天皇が即位して初めて行う新嘗祭のこと。儀式の内容はほとんど同じですが、次のような違いがあります。

♦日程の違い

大嘗祭は11月の2回目の卯の日。11月14日から15日にかけて執り行われます。

♦場所の違い

「大嘗宮(だいじょうきゅう)」という仮設の斎場で行われ、祭儀が終わるとすぐに撤去されます。

♦初穂の違い

新嘗祭で使う初穂は「皇室献上米」が奉納されますが、大嘗祭では特別に2つの地域が選ばれます。今回は京都府と栃木県から新穀が献上されます。

新天皇が即位されたときだけに執り行われる行事ですので、注目したいですね。

勤労感謝の日の行事・イベント

新嘗祭は皇室だけではなく、三重県の伊勢神宮、島根県の出雲大社をはじめ、全国各地の神宮や神社でも行われます。また、新嘗祭の祭事のひとつ「どぶろく祭」、五穀豊穣を祝う「梵天祭(ぼんてんまつり)」など、全国で農業まつりが行われ、農林水産品評会が開かれます。

勤労のおかげで農作物が実ることに感謝する、「勤労感謝の日」の本来の意味がこうした祭りや行事に受け継がれていますね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

コメント

人気の記事

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』