知るコト知るコト
知るコト 2019.11.27

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

11月に入ると日本各地で紅葉が見頃を迎えます。山、滝、渓谷、神社仏閣…と、日本全国さまざまな場所で、周囲の景色と真っ赤に染まる紅葉がマッチする光景を眺めることができます。そんな紅葉見物を、なぜ「紅葉(もみじ)狩り」と呼ぶのでしょうか。

紅葉(もみじ)狩りの歴史

「紅葉狩り」は、一般的に落葉樹の葉が落ちる一歩手前、赤や黄色に色づく紅葉(こうよう)を眺めて楽しむことをいいます。紅葉の名所が、一斉に赤や黄色に染まる様は、圧倒される美しさですね。


インターネットやSNSが普及し、全国の紅葉情報が簡単に集められるようになった近年、秋の行楽シーズンの一大イベントになった紅葉狩り。いつ頃から行われている行事なのでしょうか。
日本の文献に初めて「紅葉狩り」という言葉が登場するのは、7世紀後半から8世紀に編集された「万葉集」です。紅葉の美しさは奈良時代から知られていたようですが、貴族の時代には、山へ出かけなければ身近に紅葉を眺めることができなかったので、メジャーな行事にはならなかったようです。
紅葉狩りが本格的に楽しまれるようになったのは室町時代以後、世間一般に広がったのは江戸時代中期です。この時代には、庶民の間に「お伊勢参り」や「熊野詣で」などの旅行が流行し、ガイドブックに紅葉の名所が紹介されました。紅葉スポットに人々が押し寄せ、木の下に幕を張り、お弁当を食べお酒を飲みながらワイワイと宴が催されたといいます。

紅葉鑑賞を「狩り」と呼ぶ由来は?

紅葉狩りという言葉の由来は諸説ありますが、ここでは主な理由を3つ紹介します。

1.貴族が紅葉見物に出かけることを「狩り」に例えた

「狩り」は、もともと獣を捕まえる意味で使われる言葉でした。それが野鳥や小動物、「きのこ狩り」など山に実る食べ物の収穫へと広がり、やがて紅葉や草花を眺める意味にも用いるようになりました。
このような言葉の変化は、平安貴族の行いに由来しているようです。狩猟を行わない貴族が、わざわざ紅葉を見るためだけに足場の悪い山へ出かける――そのぜいたくな行いを面白がって「狩り」と呼ぶようになったそうです。

2.実際に紅葉を手にとって眺めたから

また、遠くから眺めるだけではなく、真っ赤に染まったもみじの木を折り、手に取ったことから狩りと呼ぶようになったとする説もあります。現在は木を折る行為はマナー違反です。眺めて楽しむだけにしましょうね。

3.鬼女紅葉の伝説

現代でも能や歌舞伎、神楽(かぐら)の演目のひとつとなっている「鬼女紅葉」の話が由来とも言われています。長野県の別所温泉に伝わる伝説で、平安時代に平維茂(たいらのこれもち)に討伐された「紅葉」という名の美しい女性の物語です。

世界一美しいと言われる日本の紅葉

日本には四季があるからこそ、毎年秋になると美しい紅葉の景色を楽しめます。落葉樹林が広がる東アジアの沿岸部、アメリカ大陸の東部、ヨーロッパの一部など、世界には紅葉の名所があるのに、「日本の紅葉は世界一」と称されています。最後に海外の紅葉とは違う、日本の紅葉の特徴を紹介します。

1.広葉樹の種類が多く、赤、黄、褐色…色味が豊かであること。
2.真っ赤に色づく木が多いこと。
3.庭木などに、色も形も美しいイロハモミジをたくさん植えてあること。
4.日本の建築物と紅葉の調和が美しい。


みなさんも紅葉狩りに出かけ、美しい日本の秋を満喫しませんか。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

コメント

人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2017.05.25

作り置き調味料『万能!かけるニラ醤油』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』