知るコト知るコト
知るコト 2019.12.07

大忙しの師走のころ。年末に大掃除をするのはなぜ?

何かと忙しい年末。大掃除は暖かくなってからにしようかな…なんて考えていませんか?少しでも「やる気」が出ることを願い、大掃除の由来や年末に行う意味をご紹介します。

大掃除は正月を迎えるための準備

12月は一年の最後の月で、すすはらいや餅つきなどのさまざまな年末行事がめじろ押しです。このような行事は、一年をつかさどる、新しい「年神さま」を迎えるお祭り――「正月」の準備のために行います。半月以上もかけて年神さまを迎える支度をしていたところから、昔の人がどれだけお正月を大切にしていたかがわかりますね。

昔の人々の暮らしはそれほど豊かではありませんでした。そのために、「ハレの日」と呼ばれる特別な日にだけ、普段は食べないごちそうを食べ、よそ行きの晴れ着を着ることが許されていたのです。お正月は、一年の中でも最も重要なハレの日。この日に向けて、掃除や飾りつけ、ごちそうを作りながら、気持ちを新たにする心の準備を整えたのでしょう。

大掃除のルーツは12月13日のすす払い

「掃除」という文化は、飛鳥時代に中国から仏教とともに伝わり、当初は宮中の貴族に普及したそうです。平安時代になると、庶民にも掃除をすることが広まり「大掃除」もこのころから行われているようです。昔の大掃除は「すす払い」といい、お正月に年神さまを迎えるために、神棚や家の中を清める目的で行われました。

江戸時代には、江戸城のすす払いが12月13日に行われるようになり、江戸の庶民の家でもその習慣にならい、すす払いをするようになりました。同時に「正月事始め」と呼んで、正月の準備を始める日とし、門松やその他の正月飾りに使う松を山へ取りに行く「松迎え」などの行事が行われました。松の木の名前の由来は「神を“まつ”木」からとの説があり、昔から松には神霊が宿っていると言われてきました。

すすは火を使った時に出る燃えカスのことです。ガスや電気がなかった時代は、炊事も暖をとるのにも、まきや炭で火を起こしていました。照明用のロウソクも火を使いますし…家の天井や壁にはすすがたまる一方ですね。家中のすす汚れを落とすのは重要な掃除だったのでしょう。最近の一般家庭では煤がたまることがなくなり、12月13日のすす払いは神社仏閣だけで行われています。住環境の変化にともない、現代のような大掃除は暮れに行われるようになり、松迎えはあまり行われない習慣になってしまいました。

新年を迎える「けじめ」のための大掃除

ヨーロッパには「スプリング・クリーニング」という言葉があり、春になり暖かくなってから大掃除をする習慣があるそうです。日本の大掃除は、お正月に年神さまをお迎えする大切な準備の一つ。新たな年をすがすがしい気持ちで迎えられるように、気持ちをこめて一年の汚れを落としましょう。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

コメント

人気の記事

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』