知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

取材 2015.11.18

暮らしの話~親子の笑顔をつくるお手伝い つぼたみよこさん~

LINEで送る
Pocket

人によって価値観や人生観などは様々。

色んな人の話を聴くことで、新しい価値観に触れたり、共感できる何かを見つけたり。ほんの少しだけ、より人生が豊かになるお手伝いができたら嬉しいです。

今回はつぼたみよこさんの話。
ゆったりとしていて好きな街と語る、神奈川県横浜市在住。

親子に絵画工作を指導する他、似顔絵、WEBやテキストの挿絵、絵本などの制作を行ったりと、子供おえかき教室まあぶる講師、イラストレーターとして活躍していらっしゃいます。

そんなつぼたさんの暮らしの話とは。

親の笑顔は、子どもにとってとても大切なこと。その気づきがきっかけでした

絵を描くことでまわりの人がパアッと笑顔になる瞬間が大好きで、小学生の頃から「イラストレーターになりたい」と思っていました。その一方で幼児教室の先生をしている母の影響で昔から子どもが大好きで、大学生の頃は保育園や一時保護所などでボランティア活動をし、卒業後は子ども写真館でカメラマンのお仕事をしていました。
その中で、「子どもにとって親の笑顔はすごく大切なんだ」ということに気づき、「大好きな絵を通してたくさんの親子を笑顔にできたらいいな」と思うようになりました。
そのことがきっかけで始めたのが、絵本制作や親子で参加できる子どもおえかき教室。もちろん、「絵を通して人々を喜ばせたい」という想いが根本にあるので、親子に関わらず、ウェルカムボードなどの似顔絵やファッション系の挿絵など、幅広いジャンルで現在イラストを描いております。

tunota_2_re

「やりたい」を実現するためにぶつかる課題。一歩ずつ着実に

右も左もわからないまま、「やりたい」というワクワクする気持ちだけを原動力に『子どもおえかき教室まあぶる』を立ち上げました。お教室内容や運営方法、ウェブ関係のことは未だに悩むことは多いですが、
講師を一緒にしている森田さやかと常に話し合っています。

tubota_5_re

「お教室は参加者のみなさんにとって、私たちにとって、どんな場にしたいか」、「参加者のみなさんが参加後どういう状態になってほしいか、そのために自分はどうありたいか」など。
お互いがお教室に対する想いや大切にしたいことを何度も話し合うことを大切にしています。
参加者のみなさんをはじめとする、まわりにいるたくさんの人たちによるアドバイスや応援によって、ゆっくりではありますが、まあぶるの課題を一歩一歩乗り越えることができ 、より良い“まあぶる”が創られてきていると感じています。本当に、まわりの人に感謝しきれないです。

tubota_3_re

絵描きならではの悩みも

絵を描くことは楽しくて大好きですが、あまり動きが少ないため、運動不足と肩こり腰痛に悩んでいます。
知り合いに「ランニングを始めたことで肌が若返り、腰痛も減って体が軽くなった!」とおっしゃっていた方がいたので、私もつい最近ランニングシューズを買って、ランニングを無理ない程度に少しずつ始めてみました。

相手を思いやる気持ちと共に自分も大切に

常にまわりの人たちを大切にすることを意識しています。今まで本当にたくさんの人たちに支えられて生きてきたと思っています。その感謝の気持ちも含めて。
ですが、相手のことを優先しすぎて疲れてしまうことも。自分のことを後回しにしてしまうんです。
だから最近は自分を休ませる時間やご褒美の時間を自分で確保するように心がけています。また、感情が大きく動いたときは立ち止まり、どうしてその感情になったのか、自分はどうしたかったのか、今後どうしていきたいのかを考えるようになりました。自分と向き合うことは難しいけど、そうすることでなりたい自分に近づけると思うし、自分のことを大切にすることに繋がると思っています。

tubota_re

五感を満たすことで心も身体もリフレッシュ

ふだんから五感を満たすことで息抜きをしています。
たとえば触覚は、着心地や肌触りの良いお洋服を選ぶようにしています。ふわふわ、なめらかな質感のものに癒やされます。
臭覚にはグレープフルーツの香り。毎晩寝る前はこの香りがするオイルを塗りながらフットマッサージをしています。マッサージをしながら自分に「今日も1日よく頑張ったね」と、自分をねぎらうことで、自分自身を癒やしています。
聴覚はお気に入りの音楽。聴くと心が落ち着くんです。
またお散歩をすることで視覚を満たしています。空が広いところや海のあるところで景色を楽しみながら、のんびり歩くことが大好きです。特に横浜みなとみらいは歩いているだけで心が踊ります。
もちろん味覚も大切。焼きたてパンと、とろふわのオムライスが大好きで、この2つを味わう時間は、幸せを感じる瞬間です。

tubota_3_re

遊びのときは遊びに集中

できる限り、仕事のときは仕事に集中し、遊びのときは遊びに集中するように、気持ちの切り替えを心がけています。
遊びのときは、友達とご飯にいったり、お出かけしたりと、楽しく過ごしています。長いお休みのときは国内外問わず、旅行に出かけるのが好きです。
最近は友人とディズニーシーに出かけたり、友人の結婚式で北海道の苫小牧のあたりに行ったりしました。北海道での結婚式は友人たちの幸せな姿を見ることができて嬉しかったし、海鮮料理がとにかく美味しかったです。それに空気が澄んでいて、緑も美しくて最高!式後は友人たちとサイクリングを楽しみました。

tubota_2_re

幸せを分かち合う瞬間が私の幸せ

“Happiness only real when shared.”
(幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったときだ。)
ーー 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」より

私の好きな言葉です。
仲間と同じ目標に向かってがんばっているときや、お互いの成果を喜び合う瞬間は私にとってこの上ない喜びです。
「空が綺麗だ」とか、「ご飯が美味しい」とか、そんなほんの些細な喜びを大切な人たちと共有できたときも、幸せを感じます。

tubota_4_re

つぼたみよこさんプロフィール

慶應義塾大学環境情報学部卒業。学生時代、DTPデザイナーとして活動しながら、保育園や一時保護所などで子どもたちに向けたボランティア活動に励む。子ども写真館のカメラマンの仕事を経て、イラストレーターとして似顔絵、WEBやテキストの挿絵、絵本などの制作、子どもおえかき教室まあぶるの講師・運営を行う。
全日本学生美術展、ユザワヤ大賞展などの受賞経験あり。

つぼたみよこ公式ホームページ
子どもおえかき教室まあぶる公式ホームページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』