得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.03.30

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

LINEで送る
Pocket

生理が来ない、周期が不順でいつ始まるか予測がつかない、今月は月に2回もあった。こんな状態を悩んでいる人が最近とても増えてきています。
私たち女性の体はとてもデリケート。ちょっとした心や体のバランスで生理不順に陥ってしまいますが、快適な月経ライフを過ごすにはどうすれば良いのでしょうか。

マクロビオティックでは、月の満ち欠けと同じ28日前後の月経周期。生理の期間は3日から5日くらいで、「満月に生理になり、新月に排卵を迎える」のが最も健康な女性といわれています。

一般的に健康な女性の生理周期は、

〇25~38日で次の生理がくる
〇ずれても7日以内
〇1回の生理は3~7日くらい続く

そして、上記以外の状態が3ヵ月以上続くと、生理不順だと考えられます。

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』月の満ち欠け

生理不順の主な原因-『生理不順を解消する2つの方法』

〇ホルモンバランスの乱れ
〇過激なダイエット
〇激しいスポーツ
〇日々のストレス
〇バランスの悪い食生活
〇不規則な夜型の生活習慣
〇子宮や卵巣の病気

こういった様々な原因があります。
マクロビオティックでは、月経不順は水のエネルギーの臓器、「腎臓」「膀胱」「生殖器」の弱りが原因。これらの臓器は「冷え」を解消し、食事の塩分量を適切にすることで症状が軽くなるといわれています。

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』フルーツジュース

月経不順を根本的に解消する食事法-『生理不順を解消する2つの方法』

〇身体を冷やす食べ物を控える
〇体を温める食べ物を積極的に食べる

至ってシンプルな方法ですね。即効性があるのは、ひとつめの「身体を冷やす食べ物を控える」こと。まずはご自分の食生活の中から体を冷やす食べ物を一掃してみましょう。

【生理不順でお悩みの方が好きな、体を冷やす食べ物ベスト3】

1.白砂糖たっぷりの甘い物
2.ヨーグルト、牛乳、クリームなどの柔らかい乳製品
3.フルーツやフルーツジュース

この3つを生理不順が良くなるまでの間は一切やめてみるのが効果絶大ですが、全く食べないのはなかなか難しいもの。
極力控える努力をするだけでも大丈夫ですよ。ただお腹が空いているときは絶対に食べるのをやめてくださいね。お食事の後の満腹のときに食べることをおすすめします。
まずは少しの意識から。努力をした分、心も体も調子が良くなってくるのを実感できますよ。

コラム/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、うどん屋女将を経て、1993年より出版社に勤務。書店営業ののち単行本編集者となる。
家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。
2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。
2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

hamariya

『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ

レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

朝の洗顔でザラっとした手触りを感じたときに『すぐに出来る3つの肌あれ解消法』

気になる『「大人ニキビ」を美味しく食べて治す野菜』とは?

気になる『「大人ニキビ」を美味しく食べて治す野菜』とは?

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』