知るコト知るコト
得するコト 2020.01.06

レンジでできる!ブロッコリーの下処理方法、見直してみませんか

今は季節を問わず手に入れることができるブロッコリー、実は寒い冬に旬を迎えます。ブロッコリーは下処理さえすれば簡単に食べることができるので、日頃の食卓やお弁当など登場回数は割と多いお野菜ではないでしょうか。
この身近なブロッコリー、おすすめの下処理方法は栄養を水に流れないようにする電子レンジを使う方法です。身近な食材だからこそ、下処理の方法を改めて見直してみませんか。

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーは抗がん物質を豊富に含んでいると言われており、2人に1人が癌になると言われている現代、改めてその栄養価に注目が集まっています。また、ビタミンCも豊富に含まれていて、レモンの約2倍と言われています。ビタミンCは人間の体内で作ることはできない物質で、日頃の食事から摂取する必要がありますが、ブロッコリーならレモンよりも日常の食卓で登場させやすいかと思いますので、是非、ブロッコリーを積極的に食べるようにしたいですね。

ブロッコリーの選び方

傷むのが意外と早いブロッコリー、新鮮なものを手に入れたいですよね。
新鮮なブロッコリーは、上の部分がこんもりとつぼみが密集していて、かたく締まっており、緑色が濃くなっています。また、茎の部分にキズや変色がなく、みずみずしいかどうか、これも重要なポイントです。
上記を確認すれば同じスーパーのブロッコリーでも、より新鮮なものを手に入れることができますよ。

ブロッコリーの洗い方

ブロッコリーを洗う時、他のお野菜と同じように上から水道水をかけて、軽く洗うだけで終わっていませんか?残念なことに、この洗い方だと、ブロッコリーをしっかり洗うことはできていないんです。ブロッコリーは上の部分、つぼみの隙間には砂や虫など、たくさんの汚れが潜んでいて、これらは流水だけで綺麗に洗うことは難しく、ブロッコリーならではの洗い方をする必要があります。そうは言っても、難しい工程はありませんので、気軽に読み進めていただければと思います。

<洗い方>
1.ボウルにたっぷりのお水を溜める
2.ブロッコリーの花の部分を下にして、①につけて、10分ほど置いておく
3.水の中でふり洗いをする

難しい工程はないのですが、水に入れて放置しておくだけで、ボウルには砂などの汚れが溜まっていて、驚くかと思います。それほど、ブロッコリーには汚れが隠れているのです、ブロッコリーを食べる際は、毎回しっかり洗いたいものですね。

ブロッコリーの下処理

ブロッコリーの下処理は、沸騰した鍋にブロッコリーを入れて数分茹でて湯切りする、という方が多いのではないでしょうか。
でもこの方法ですと、ブロッコリーに含まれている栄養がお湯に流れ出てしまっています。では、どうすれば栄養をなるべく損なわずに下処理をすることができるのか、そこでおススメしたいのが電子レンジ調理です。

電子レンジを使った下処理方法

1.ブロッコリーを食べやすい大きさに切り分ける。
2.レンジ使用可の大きめのお皿に濡らしたキッチンペーパーを広げ、その上にブロッコリーを広げてのせる。
3.ブロッコリーの上からさらに、濡らしたキッチンペーパーをのせてブロッコリー全体をキッチンペーパーで覆う。
4.電子レンジで3分ほど加熱する。
5.自然に冷ます。

これで完成です。加熱後、冷ます際に水で冷やすと味がぼけてしまうので、自然に冷めるまで待ちましょう。これで、栄養が水に流れ出ることなく、ブロッコリーを味わうことができますよ♪

身近なブロッコリーですが、洗い方、下処理の仕方など、意外と見落としている部分もあるかと思います。よく使うお野菜だからこそ正しい知識を身につけて、毎日美味しくいただきましょう。

記事/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

お正月だけじゃもったいない!栄養たっぷり「ゆり根」をもっと食べよう

お正月だけじゃもったいない!栄養たっぷり「ゆり根」をもっと食べよう

栄養満点の新しい野菜「プチヴェール」を食卓に取り入れよう

栄養満点の新しい野菜「プチヴェール」を食卓に取り入れよう

実は栄養満点の優秀食材、れんこんをたっぷり食べよう!

実は栄養満点の優秀食材、れんこんをたっぷり食べよう!

大根の葉には栄養たっぷり!今年は大根丸ごと1本食べつくそう!

大根の葉には栄養たっぷり!今年は大根丸ごと1本食べつくそう!

作り置き常備菜シリーズ『捨てないで!大根葉のカレーふりかけ』

作り置き常備菜シリーズ『捨てないで!大根葉のカレーふりかけ』

コメント

人気の記事

2020.01.28

半分は食物繊維『女性に嬉しいひじきレシピ』

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

編集部おすすめ記事

2020.01.28

半分は食物繊維『女性に嬉しいひじきレシピ』

2020.01.28

料理に入れるとどんな効果があるんだろう?『酒』の原材料、知っていますか?

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

月間人気記事

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.08.16

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

2019.08.07

材料2つでソースができる!『マカダミアナッツソースのパンケーキ』

2016.05.17

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2019.12.27

はじめてのナチュラルフード『シンプルな生き方』