知るコト知るコト
得するコト 2022.01.03

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

お正月には、正月ならではの遊びがたくさんあります。このような遊びは、お正月が日常とは異なるハレの日であることを明確にしたり、一年の吉凶を占ったり、それぞれ役割を持っていました。いくつかの代表的な正月遊びを取り上げて、意味や起源を紹介します。

たこあげ


もともとたこあげは、年の初めに両親が男の子の出生を祝い、元気に成長することを祈る儀式として行われていました。また、子どもたちにとってのたこあげは、自分の夢を凧に乗せて天に届けるという意味があります。

平安時代に中国から伝わったたこあげは、江戸時代にはたこの専門店ができるほどのブームになりました。高さや強さを競い合う凧あげの面白さは、子どもだけでなく、大人も魅了しました。あまりにもたこあげが流行り往来の邪魔になるということで、江戸の町では、お正月以外の時期にたこあげを禁止するお触れが出たこともあったそうです。

こま回し


独楽(こま)は中国から高麗(こま・現在の韓国)を経て日本へ伝わったことが、名前の由来だといわれています。
「こま回し」は、もともと一年の吉凶を占うもので、宮中の儀式でした。奈良時代には、神社やお寺の縁日の余興で行われるようになり、次第に子どもたちの遊びになったようです。こま回しが始まったころは、先のとがった貝殻を使用していましたが、その後ドングリや木の実を使うようになりました。やがて、現在のように木に細工を施して、回しやすく工夫して作られたこまが生まれました。

羽根つき


羽根つきは、美しい羽子板で“ムクロジ”の木の実に鳥の羽根をつけた追羽根を空中に打ち上げて遊びます。
もともと羽根つきは、一年の初めに行う悪霊払いの儀式と、一年の吉凶を占うために行われていたそうです。また、羽根が蚊を食べるトンボの形に似ていることから、「蚊に刺されないおまじない」として行う地域や、二十日正月に羽根つきを行うと「田植えをしても腰痛にならない」という言い伝えが残っている地方があるそうです。

室町時代の羽子板は簡素な板でしたが、江戸時代中期から板に神さまや殿上人が描かれるようになりました。次第に、美人や歌舞伎役者が描かれ、立体的な“押し絵羽子板”が登場するなど、華やさが増しました。このような華美な羽子板を使い、晴れ着を着て行う羽根つきは、正月の行事を華やかにする遊びとして伝えられています

手まり


手まりの起源は、平安時代の貴族の遊び蹴まりでしたが、やがて、女の子がお手玉のように手で遊ぶようになりました。江戸時代に木綿の着物が普及すると、織り糸の端を利用して、手まりを作ることがはやりました。木綿糸で作る手まりは上手に弾むので、歌に合わせて地面につく「つきまり」へと遊び方が変化したそうです。また、新年を迎えると、母親や祖母から女の子に、新しいまりを贈る習慣ができました。

福笑い

 

“ひょっとこ”や“おかめ”などの輪郭を描いた紙の上に、目隠しをして、口、鼻、目などを配置する遊び。とんでもなく面白い顔ができあがることがあり、新年早々、みんなで大笑いする様子が「めでたい」と言われ、江戸時代から子どもからお年寄りまで男女を問わずに楽しめる遊びとして受け継がれています。

カルタ(歌留多)


カルタの起源は、室町時代に来航したポルトガル船が伝えた「うんすんカルタ」。語源はスペイン語のCartaであるといわれています。それが、もともと日本にあった貝合わせや花合わせの行事と結びつき、「花ガルタ(花札のこと)」になりました。
平安時代に流行した歌合せと結びついてできたのが「百人一首」を始めとする歌カルタ。「いろはカルタ」は江戸時代後期、ひらがなやことわざ、生活の知恵などを子どもが遊びながら覚えられるようにと考え出されたものです。

すごろく


「振り出し(スタートのこと)」に各々の駒を置き、サイコロを振って出た目の数だけ進み、早く「上がり(ゴール)」についた人が勝ち――すごろくは、今人気の“モノポリー”や“人生ゲーム”など、「ボードゲーム」の元祖とでも言える遊びです。
室内で楽しむゲームとしては、最も古いものの1つで、インドで生まれ、中国、朝鮮を経て、奈良時代以前に日本に伝わったと言われています。

老若男女が楽しめる伝統的なお正月の遊び。たまには家族で楽しんでみませんか?家族の新たな一面を知り、縁が深まるかもしれませんよ。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

新しい年神さまを迎える準備をする「大みそか」のこと

新しい年神さまを迎える準備をする「大みそか」のこと

西洋では太陽の復活を盛大に祝う、一年で一番昼が短い「冬至」のこと

西洋では太陽の復活を盛大に祝う、一年で一番昼が短い「冬至」のこと

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

コメント

人気の記事

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2022.05.23

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

編集部おすすめ記事

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

2022.06.27

実山椒オイルのアレンジレシピ『山椒とツナのタプナード』

2022.06.25

暑い季節にぴったり!『新じゃがの地中海サラダ』

2022.06.19

旬の魚を食べよう!『真いわしの金胡麻まぶし』

2022.06.18

家にあるものでできる!鯖缶で『簡単鯖そぼろ』

2022.06.17

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2022.06.05

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2022.05.28

夏を先取り!『フルーツトマトとチーズのパスタ』

2022.05.24

さっぱり!香りを存分に味わえる『ニラぬた』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ