知るコト知るコト
食のコト 2020.01.12

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』21. 健康にも、節約にも。端っこ野菜を活用しよう。

明けましておめでとうございます。
今年もより皆さんにわかりやすく役立つお話をできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

早速ですが、普段は捨ててしまうような部分もおいしく頂く献立について。
日本では年間600万トンの食料が廃棄されていると言われており、大きな問題にもなっています。
外食産業のみでなく、ご家庭においても食材を傷めてしまったり、皮や端の部分などを捨ててしまうこともありますよね。
せっかく生産者の皆さんが心を込めてつくってくれた食材たち、最後まで美味しくいただきましょう。

今回、特に注目するのは捨てる部分が多くなってしまいがちな、野菜。
皮や種、端の部分などには特に野菜の旨味や栄養がたっぷり詰まっています。
また、捨ててしまう部分で一品ができれば節約にもなります。
そんな部分を無駄なく頂けるレシピの中でも、この時期におすすめなものをいくつかご紹介しますね。

大根の皮の簡単漬け物

この時期においしいおでんやぶり大根をつくった際にもよくでる、大根の皮。
大根の皮の近くには筋があり固さもあるため、厚めにむくようレシピに記載してあることが多いのですが、たくさんの量になるともったいない…。
そんな時には火も使わず簡単にできるポン酢漬けに。

1.皮を剥いた際に、皮の部分のみ繊維に沿って細切りにし、保存容器に詰める
2.その上から大根の皮が3分の2ほどつかるくらいまでポン酢を注ぐ

手順はこれだけです。
あとはしっかりと蓋をして1日ほど寝かせるだけ。上下を途中で変えてつかりやすくすれば、半日ほどでも美味しく頂けます。
面取りした際にでた細い切れ端なども一緒にいれて問題ないので、無駄なく大根を味わえますね。

ベジブロス

ベジブロスとは、野菜(ベジタブル)とだし(ブロス)を足した言葉で、抗酸化作用も高いことから最近注目が高まっています。
野菜の捨ててしまう部分をじっくり煮込むことで、野菜の甘味や旨味が引き出されとてもまろやかな出汁が手軽にできますよ。

ポトフやミネストローネなどの野菜をたっぷり使う料理であれば、その切れ端や皮を使って先にベジブロスを作りそのまま活用できますし、つくりおきをしている方であれば、まとめて野菜を切った後に集めた切れ端の野菜を使ってもよいでしょう。
つくったベジブロスは、スープはもちろん、カレーやシチュー、お味噌汁などの和食にも活用できるのでぜひお試しくださいね。

1.野菜の皮、端、ヘタ、種などを鍋に入れ、その上から料理酒を振りかける。
2.野菜の9割ほどがかぶるくらいまで水を注ぐ。
3.火にかけ沸騰したら弱火に。20~30分ほどじっくり煮込む。
4.火を止め、ボウルなどで野菜を濾す。

手順は以上です。
煮込んでいる間は焦げ付かないよう見る程度で、あくをとったりする必要はありません。

また、お好みでローリエなどのハーブも一緒に煮込むと香りもよくなりますが、必ず必要ではないので、各ご家庭にあるものでお好きな味になるよう色々とアレンジしてみてください。

普段の料理にほんのひと手間、目分量でできる端っこ野菜のレシピをつかって、ぜひ野菜を丸ごと味わってみてくださいね。

コラム/たみなと あやな
2歳児の母。栄養士の母のおかげで、日々栄養を気にかける暮らしを送ってきました。
その影響もあり夫のサッカー現役時代にアスリートフードマイスター3級を取得。
出産後に保育士資格を取得し、今は子どもの食や薬膳について勉強中です。
豪華なものは作れなくても、“心も身体も幸せになれる食事”を目指しています。

 

その他のおすすめ記事

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』20. 胃をいたわった食材を取り入れよう

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』20. 胃をいたわった食材を取り入れよう

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』19. 栄養たっぷりの鍋のつくり方

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』19. 栄養たっぷりの鍋のつくり方

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-17. 冬の冷えに立ち向かう献立とは?

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-17. 冬の冷えに立ち向かう献立とは?

コメント

人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』