知るコト知るコト
得するコト 2020.02.03

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

2月3日は「節分」です。最近は恵方巻が全国に広まりましたが、「福は内、鬼は外」と大きな声で叫びながら豆まきをするのが、毎年の恒例行事ですね。そんな節分の行事の意味や、豆まきの主役?鬼についても紹介します。

2月に節分の行事を行うのはなぜ?

節分という言葉には、「季“節”の“分”かれ目」という意味があります。季節には「春夏秋冬」の4つがあり、もともとは、それぞれの季節の分かれ目、立春・立夏・立秋・立冬の前日は全て節分でした。昔の暦では、立春が1年の最初の日。

日本ではすべてのものが生まれ出る春が、新しい年の始まりだったのです。春の節分は1年の最後の日(大みそか)ということで重要視され、節分というと春の節分を指すようになったのです。

豆まきの由来

節分の行事は、12月31日の大晦日と同じ、新しい年を迎えるための行事で、「豆をまく」ことが中心です。豆まきは新年を迎えるにあたり、家から悪霊や災難を追い払う「ついな」という行事です。もともとは中国から伝わった風習で、疫病や災害は「鬼」に例えられています。鬼の目を狙って大豆を投げるので「まめ=魔目」。まめという言葉が「魔を滅する(めっする)」に通じるともいわれています。
日本では文武天皇の時代に初めてついなの行事が行われ、大みそかに陰陽師厄がお清めをしたそうです。豆をまいて鬼を追い出す行事を行うようになったのは室町時代以降、徐々に民間にも定着していきました。

豆まきには炒った豆を使いますが、これにはいくつかの理由があります。
・生の豆を使い、発芽すると縁起が悪いから。
・「炒る」は、鬼を「射る」にも通じる。
・鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたるので、「金」の作用を滅ぼす「火」で大豆を炒ると、鬼を封じ込めることになる。
・豆を人間が食べることが、鬼を退治したことになる
落花生を巻く地域もあるようですが、以上の理由から必ず火を通した豆を使いましょう。

豆まきに使う豆は「福豆」と呼ばれ、節分の夜に年齢よりも1つ多く食べると、健康でいられるそうです。翌日の立春で1つ年を重ねるので、来年の分まで食べておくということです。

節分には鬼が嫌うイワシをつるす

節分が近づくと、玄関にイワシの頭とヒイラギの葉を飾ってあるのを見たことはありませんか?節分には「ひいらぎいわし」を飾る風習があります。

昔から災難や魔物などをよけるおまじないとして、家や門の入り口にお守りを掲げる「門守(かどもり)」と呼ばれる風習があります。神社などで受けたお札を貼るほか、臭いが強いものやとがったものなどは、魔除けや厄除けの目的に用いられてきました。ひいらぎいわしはこの門守のひとつです。

ヒイラギの鋭いトゲは鬼の目を刺す、鬼はイワシの臭いを嫌がると言い伝えられています。同様に、ニンニクやネギをぶら下げる地域や、鬼が嫌がる音という理由で豆幹(まめがら)をぶら下げる地方もあるようです。

鬼と言えばうし・とら

節分が近づくと、スーパーなどでは福豆と鬼のお面がセットで売られているのを見かけます。豆まきの主役は、なんといっても「鬼」ですね。鬼は人間の生活を脅かすとされる架空の怪物です。「桃太郎」など昔ばなしにも登場する鬼。角があって牙をもち、虎の皮のパンツを履いている――空想上の生き物であるにも関わらず、この一致した姿はどこから来ているのでしょうか。

陰陽五行説では、北東の方位にあたる「うし」と「とら」をもっとも縁起の悪い方角と考えて「鬼門(きもん)」と呼び、この方向に鬼の棲み家があるとしていました。このうしととらから、牛のような角とトラのような牙をもち、トラの皮のパンツを履く、現在私たちがイメージする鬼の姿ができあがっているようです。

昔から続いている「豆まきをして邪気を払い、一年間の無病息災を願う」節分の風習を受け継いでいきたいですね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

新しい年神さまを迎える準備をする「大みそか」のこと

新しい年神さまを迎える準備をする「大みそか」のこと

コメント

人気の記事

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

編集部おすすめ記事

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』