知るコト知るコト
得するコト 2020.02.29

カレンダー通りに季節が巡るよう、微妙な調節をする「うるう年」のこと

2020年は4年に1度の「うるう年」です。うるう年とは「うるう日」つまり2月29日がある年のことで、ふつうの年より1日多い366日です。

うるう年は暦の調整のために考えられた複雑なシステム

現在ほとんどの国で使われているカレンダーは、太陽の動きを暦に反映させた「太陽暦」です。その始まりは、古代エジプトで発明された暦で、エジプト暦は常に365日でした。この暦をユリウスカエサルがローマに持ち帰り、紀元前45年から「うるう年」を設けて調整するようになったのが「ユリウス暦」です。

うるう年は1年を365日とした場合に、太陽の周りを地球が1周する時間365.2422日との誤差を調整するためにあります。0.2422日は約6時間なので、実際の季節が毎年カレンダーより6時間ずれてしまいます。4年で24時間、つまり1日のずれが生じます。そこで4年に1度うるう年を作って調節しているのです。

けれども、この調整は完ぺきなものではありません。実際は5時間49分の誤差なので、うるう年を設けたことで、1年に11分の増やし過ぎが生じているのです。そのために、さらなる微調整が必要になり、16世紀に現在でも世界中で使われている新たな暦「グレゴリオ暦」ができました。グレゴリオ暦では以下のようなうるう年の挿入ルールが定められ、400年でうるう年を3日減らしています。

うるう年のルール
・西暦が4で割り切れる年をうるう年とする
・上記のうち、西暦が100で割り切れる年はうるう年としない。
・上記のうち、西暦が400で割り切れる年をうるう年とする。
(出典:国立天文台)

なかなか複雑なルールですね。パソコンなどがない時代に正確な暦をつくろうとした人々の努力は、まさに偉業といえるのではないでしょうか。

ところで、うるう日はなぜ2月に設けられるのでしょうか。

古代ローマでは春分がある3月から1年が始まり、2月に年末を迎えていました。わかりやすい最終月の2月にうるう日を入れていたそうです。2月29日の由来は、うるう年を始めた当時の名残なのですね。

うるう年がなかったら季節が逆転!

古代ローマでうるう年ができたのは紀元前46年のこと。今から2000年近く前です。今まで500回に近いうるう年があることになるので、もしうるう年がなかったら、現在の季節が500日もずれてしまいます。2020年2月28日に500日足してみると2021年7月15日。カレンダーでは明日から3月なのに、季節は夏真っ盛りということが起きます。

季節が毎年同じカレンダーで循環するために、うるう年が重要な役割を果たしていることがわかりますね。

うるう年のおかげで潤っている?

4年に1度訪れるうるう年、うるう年にだけ存在する2月29日はうるう日です。「うるう」ってどういう意味なのでしょうか?他では耳にしない言葉ですよね。
うるうの語源は「潤う」なのです。“うるおう”がなまって“うるう”になったようです。
うるう年は暦のずれを調整するためのものです。完璧ではない部分を補うことで「うるおう」という意味があるそうです。

2020年2月29日はいつもと変わらず、何気ない1日をお過ごしになるかもしれませんが「今日があることで調整されているのだな」――と、ふと思い出してみてくださいね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

コメント

人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

2022.01.11

お肉なしでも大満足!『ほうれん草と豆腐のオイスターソース炒め』

2022.01.09

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類