作るコト作るコト
料理 2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

目次

「畑の肉」と呼ばれるほど良質なたんぱく質が豊富に含まれている大豆。
脂質や炭水化物、カルシウム、鉄なども多く有している、非常に栄養価の高い食材です。
そこで今回は、納豆をはじめとする大豆を使ったレシピをご紹介します。

夕飯のしたくが面倒なときに オクラと納豆の和風パスタ

納豆とオクラのネバネバコンビは食物繊維も豊富な食材。その2つの組み合わせは、パスタにもよく絡まります。仕事で疲れたときでも、15分以内でできるヘルシーな簡単和風パスタで栄養補給をしましょう。

材料とレシピはこちら

夕飯のしたくが面倒なときに オクラと納豆の和風パスタ

これなら無理なく食べられる!栄養たっぷりで 美肌に効く『納豆とセロリの蒸し餃子』

納豆は春の臓器「肝臓」の機能を向上させる食べ物として、春の上昇のエネルギーに満ち溢れた「ネギ類」と一緒に食べることがおすすめなのです。そこで、香りの強い春の野菜「セロリ」で、納豆のくさみを消した簡単で美味しいレシピをご紹介いたします。

材料とレシピはこちら

これなら無理なく食べられる!栄養たっぷりで 美肌に効く『納豆とセロリの蒸し餃子』

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

十分にかき混ぜた納豆を炊きたての玄米ご飯にかけて食べるのは至極の幸せで、想像しただけでお腹が空いてきますよね~。豊富な栄養素を含んだ日本のスーパーフード【納豆】は美容効果も抜群のようですよ。

材料とレシピはこちら

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

”春”という名前がつく料理のひとつ『春巻き』。なんでも、立春のころに新芽を出した野菜を具材にして使ったことから、『春巻き』という名前になったのだとか。そんな『春巻き』には、何を巻いても美味しくなってしまうような、不思議な魅力がありますね。そこで今回は、納豆を具材にしたレシピをご紹介します。

材料とレシピはこちら

春には、春巻き作りましょ。栄養満点『納豆と春雨の春巻き』

『時短・簡単!納豆なめろう』~家で作りたい和風レシピ~

冷蔵庫によくある納豆に好きな薬味を入れ込んだ簡単料理。茗荷や生姜などが良いアクセントになり、箸が止まりません。納豆には、腸内環境を整える菌がたくさん含まれています。これを食べて栄養素を吸収する上で大切な臓器を整えていきましょう。

材料とレシピはこちら

『時短・簡単!納豆なめろう』~家で作りたい和風レシピ~

栄養がかたよりがちなトーストに 納豆マヨチーズトースト

朝ごはんはトーストでさっと済ませることも多いのでは?さっと食べられるものだからこそ、手間をかけずに栄養もしっかり摂れるものにしませんか。全粒扮食パンに納豆を加え、食物繊維をたっぷり補給。朝から軽やかなスタートをきりましょう。

材料とレシピはこちら

栄養がかたよりがちなトーストに 納豆マヨチーズトースト

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたいアボカドとキムチの韓国風納豆ごはん

納豆ってクセがあるようで、実はいろいろな食材と相性がいいんです。アボカドのコクが辛味をマイルドにしてくれるから、飽きずにどんどん箸がすすみます。ごはんのおともに、お酒のおつまみに。家族みんなで楽しめる一品。

材料とレシピはこちら

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたいアボカドとキムチの韓国風納豆ごはん

朝の定番に食物繊維をプラスする 大人の納豆ごはん

朝食に納豆。日本の朝の定番ですね。そんないつもの食卓に1つ加えるだけで、いつもの納豆ごはんがちょっと特別に。ミネラルと食物繊維が豊富な「昆布」を入れてみました。

材料とレシピはこちら

朝の定番に食物繊維をプラスする 大人の納豆ごはん

カラダをいたわる優しさを『塩麹入り大豆ハンバーグ』

大豆のふんわりとした優しい味に、お酢の効いたタレが美味しい一品です。塩麹が玉ねぎと椎茸の旨みと甘みを引き出して、さらにはタネのつなぎにもなってくれるんですよ。残ったタレはごはんにかけても良し。

材料とレシピはこちら

カラダをいたわる優しさを『塩麹入り大豆ハンバーグ』

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

大豆たんぱくは、大豆をまるごと使用し、大豆の油分を搾油して過熱加圧・高温乾燥させて作られた加工食品。 お肉と比べるとカロリーは1/2~1/4で、コレステロールなし、圧倒的な低脂質なのにお肉とかわらないたんぱく質を上手に摂取できます。そんな大豆たんぱくを美味しく食べられるレシピをご紹介します。

材料とレシピはこちら

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

子どもも好きになる『大豆マヨネーズで作るきゅうりの和え物』

大豆やひじきは体に良いものですが、子どもはなかなか食べてくれません。そんな子どもに食べてほしい食材を食べやすくしてくれるのが「大豆入りのマヨネーズ」。
胡麻も入れると、こくのあるボリュームソースになりますよ。手軽にしっかり栄養を摂ってくださいね。

材料とレシピはこちら

子どもも好きになる『大豆マヨネーズで作るきゅうりの和え物』

普段の献立に。食物繊維豊富な『金のいぶき大豆と切干大根のまぜごはん』

栄養価の高い玄米「金のいぶき」に、さらに食物繊維やカルシウム豊富な大豆と切干大根を加えて、まぜごはんに仕立てました。ツナの旨みとコリコリとした切干大根の食感が、楽しく美味しいひと皿。普段の献立に加えたい、栄養たっぷりのまぜごはんレシピをご紹介です。

材料とレシピはこちら

普段の献立に。食物繊維豊富な『金のいぶき大豆と切干大根のまぜごはん』

大豆を毎日食べよう!栄養満点常備菜「大豆の醤油漬け」

大豆には女性ホルモンを整える効果が期待でき、女性ホルモンを調整することは、月経不順の改善、更年期障害の改善、乳がん予防など女性特有の悩みの軽減へと導いてくれます。そこで、毎日大豆を簡単に食べられる「大豆の醤油漬け」はいかがでしょうか。一度作れば冷蔵庫で2週間以上保存することができるので、毎日気軽に、簡単に大豆を食べることができます。

材料とレシピはこちら

大豆を毎日食べよう!栄養満点常備菜「大豆の醤油漬け」

小麦粉不使用!優しい味わいのおやつ『大豆ボーロとお花のボーロ』

大豆の風味はそのままに優しい味わいが特徴の大豆パウダー。こちらのレシピは小麦粉も使わないので、小麦アレルギーのお子様でも安心して食べられますよ。お花型のボーロは、ちょっとした手土産にも喜ばれそう。

材料とレシピはこちら

小麦粉不使用!優しい味わいのおやつ『大豆ボーロとお花のボーロ』

止まらない!大豆のおやつ『砂糖の豆菓子』

節分の豆まきが終わった後、いり大豆、どうしていますか?そのまま食べてももちろん良いですが、ちょっぴり手を加えて、より美味しいおやつに変身です!節分が終わってからも豆を買いに…なんてことがあるかもしれませんよ。

材料とレシピはこちら

止まらない!大豆のおやつ『砂糖の豆菓子』

乳製品フリー『大豆のシフォンケーキ』

畑の肉と言われるほど高栄養な食べ物である、大豆。食事以外でもお豆は意識して食べたいですね。だからおやつにも大豆、入れてみませんか?大豆をまるごとすりつぶした大豆パウダーと豆乳を生地に入れるから、焼き上がりもふんわり大豆の香りが広がります。

材料とレシピはこちら

乳製品フリー『大豆のシフォンケーキ』

毎日食べたい発酵食品『知って得する納豆の成分と保存方法』

納豆の歴史は弥生時代に大豆の栽培が始まった頃に、偶然自然に発酵して出来たものが原点だと言われているようです。今回はそんな納豆の栄養や保存方法について紹介していきます。

詳しくはこちら

毎日食べたい発酵食品『知って得する納豆の成分と保存方法』

日本が誇る発酵食品『納豆がもつ健康・美容効果とは』

好きな人も苦手な人も多いでしょうか?日本が誇る発酵食品「納豆」。健康に良いイメージがありますが、具体的にはどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。身体の健康だけでなく、美容にもおすすめな食材「納豆」のヒミツについて、改めてせまります。

詳しくはこちら

日本が誇る発酵食品『納豆がもつ健康・美容効果とは』

見た目も味わいも豊富『豆類の種類とあれこれ』

豆類は世界的に主食としても料理の材料としても古代から利用されてきています。量産が比較的行いやすいのが特徴であり、様々な種類のものが世界各国で生産されてきました。日本でもその大半が流通するようになっています。今回は、豆類の種類とその特徴についてご紹介します。

詳しくはこちら

見た目も味わいも豊富『豆類の種類とあれこれ』

その他のおすすめ記事

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

コメント

人気の記事

2020.04.08

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

編集部おすすめ記事

2020.04.10

作り置き常備菜シリーズ『漬けがつおの香味焼き』とアレンジレシピ

2020.04.08

鶏の唐揚げそっくり!大豆たんぱくで作る『ベジチキン唐揚げ』

2020.04.08

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」

2020.03.18

旬の国産レモンで作る万能調味料『塩レモン』