知るコト知るコト
得するコト 2020.03.18

旬のよもぎをたっぷり使った春の和菓子「草餅」のこと

爽やかなよもぎの香りが豊かな「草餅」は、あんことの組み合わせが美味しいですね。草餅は今でこそ一年中食べることができる和菓子ですが、もともとは春の和菓子とされていて、俳句の世界では春の季語になっています。そんな草餅と、その材料になるよもぎについて紹介します。

草餅の歴史をひもといてみると…

草餅は、すりつぶしたよもぎの若葉を混ぜたお餅。日本では平安時代から食べられているようです。ひな祭りに飾る、ひし餅の中の緑色の部分が草餅です。ひし餅に使われている草餅は切り餅型。また、つきたての柔らかいものに小豆あんや黄粉をまぶしたり、あんを包んで草大福にしたり。このように草餅は二通りの食べ方で親しまれてきました。

毎年3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祝うひな祭りですね。桃の節句は、古代中国では「上みの節句」とよばれ、母と子どもが元気でいられますようにとの願いから母子草(ハハコグサ)を練りこんだ草餅を作る習慣があったそうです。母子草は、春の七草のひとつ、ゴギョウのことです。とても香りが良く、邪気などを払ってくれると考えられていました。

やがて、平安時代の日本に桃の節句が伝わると、母と子の健康を願って食べる草餅なのに、母子草をたたいてお餅に練りこむ作り方は、縁起が悪いのではないかと嫌われてしまいます。そこで、日本では、母子草と同様に香りが良く「魔除け草」として当時の人々に親しまれていたよもぎが草餅の材料になりました。

生命力のあるよもぎに「子孫繁栄」の願いを重ねる

春に旬を迎えるよもぎは、3月から5月初旬にかけて柔らかな新芽が出てきて良い香りを放ちます。独特な野の香りと鮮やかで緑が濃いところから食用に多く使われます。

一方で、キク科の多年草であるよもぎは繁殖力が大変強い植物です。根っこが丈夫で除草剤もかなわないほど。引き抜くのが困難で、根っこが地下へ地下へと伸びてしまうのだとか。根っこを取り去らない限り、葉っぱもどんどん成長し続けます。

そんなよもぎの強さに「子孫繁栄」の思いを重ね、桃の節句によもぎの草餅を食べるようになったのではないかともいわれています。

よもぎは女性に優しい「ハーブの女王」

よもぎは「ハーブの女王」と呼ばれるほど野草の中でも栄養価が高く、体に良いといわれる有効成分を多く含んでいます。昔からおきゅうのもぐさの原料になるなど、民間で利用される身近な薬草です。特に女性の悩みに効果がある薬草としても知られるよもぎ。その効能を一部紹介しましょう。

冷え性・体質改善

血液をサラサラにして血液の循環をよくするので、血行が良くなります。

便秘の解消

ミネラルや食物繊維が豊富に含まれるよもぎ。血管の悪玉コレステロールや活性酸素の除去し、腸の動きを活発にしてくれます。これらの相乗効果で便秘解消につながります。

ダイエット・むくみ改善

利尿作用があり、体にたまった毒素を排出するのでデトックス効果につながります。また余分な水分が排出されるので、むくみが改善されます。

美容・アンチエイジング

毛細血管を丈夫にすることで血行が良くなります。新陳代謝がアップするので美肌を保ち、肌の色が明るくなります。

よもぎは草餅の材料になることから、モチグサという別名も持っています。春になると一気に芽吹き、食用としての旬を迎えるよもぎ。昔の人は、よもぎのパワーを美味しく体に取り入れることで、冬の寒さで弱った体調を回復させていたのかもしれませんね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

3月3日はひな祭り。華やかさが魅力な「ひな人形」のこと

3月3日はひな祭り。華やかさが魅力な「ひな人形」のこと

カレンダー通りに季節が巡るよう、微妙な調節をする「うるう年」のこと

カレンダー通りに季節が巡るよう、微妙な調節をする「うるう年」のこと

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

コメント

人気の記事

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

編集部おすすめ記事

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

2020.03.19

オーブンの力で失敗知らず、子供が大好き「オーブン焼きバットハンバーグ」

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」