知るコト知るコト
得するコト 2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

3月下旬から4月にかけて曇りや雨の日が続くと、天気予報などで「菜種梅雨(なたねづゆ)」という言葉を耳にしたことはありませんか?菜の花の黄色から春の温かさがイメージできますが、梅雨という言葉からはジメジメとしたうっとうしさを感じます。菜種梅雨はどのような天候なのでしょうか。

菜種梅雨の時期はいつ、どんな雨が降るの?

「菜種」とは菜の花(またはアブラナ)の別の呼び方です。菜種梅雨(なたねづゆ)とは、3月下旬から4月上旬ごろの菜の花が咲く季節に、曇りや雨が続き、梅雨のようなぐずついた天候が続くことをいいます。菜種梅雨の雨の量は梅雨時ほど多いわけではなく、勢いもあまりありません。雨の日がずっと続くということはなく、期間は一日中あるいは数日(3~6日)程度のことがほとんどです。一般的な梅雨の時期ではないものの、雨の日が続くことから菜種梅雨と呼ぶようになりました。

また、菜種梅雨のころに降る雨を「春雨(はるさめ)」と呼ぶことがあります。細く、シトシトと静かに降る春の雨の様子から、食べ物の春雨の名の由来にもなりました。

春の花がこの時期から次々と咲くところから「催花雨(さいかう)」とも呼ばれます。「早く咲きなさいよ」と開花を誘い出すように雨が降るという意味があるそうです。

他にも「春の長雨」、「春りん」などともいわれます。“りん”には長雨の意味があります。

どんな原因から雨が降るの?

菜種梅雨は主に、太平洋沿岸の関東以西の地域で起こります。
日本列島は冬の間は高気圧に覆われていますが、春になりその高気圧が北上すると、南の太平洋側には低気圧という気圧配置の日が多くなり、暖かい空気と冷たい空気の境目ができます。この境目を前線と言いますが、前線が停滞すると雨雲ができやすくなり、太平洋側では曇りや雨のすっきりしない天気が続くというわけです。

春の雨が長く感じるのは桜のせい?

日本は一年を通して雨が多い国。菜種梅雨を含め4つの梅雨の時期があります。その他の梅雨についても紹介しましょう。

梅雨

一般的な「梅雨」は6月~7月下旬のことを指します。また、5月下旬にぐずついた天気が続くと「走り梅雨」と呼ばれます。

すすき梅雨

8月下旬~10月ころのすすきが見られる時期のことをいい、「秋の長雨」「秋りん」とも呼ばれます。

さざんか梅雨

11月下旬~12月上旬の山茶花の花が咲くころのことをいいます。

春に雨が多い、春の雨が長いと感じるのは、菜種梅雨の時期は日本人が大好きな桜の季節と重なるせいかもしれませんね。お花見の計画を立てたのに雨が続いて開花状況が遅れたり、雨が降り見頃を迎えた桜が散ってしまって残念に思ったり。

気分がめいることもありますが、菜種梅雨が明ければ、暖かで花々が咲き誇る気持ちの良い本格的な春が訪れますよ。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

冬だからこその景色を楽しむ。雪と氷の祭り

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

立春のころ、七十二候から春の気配を感じましょう

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

「鬼は外、福は内」のかけ声とともに豆をまく、節分のこと

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

お正月太り解消も期待できる?七福神巡りのすすめ

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

コメント

人気の記事

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

2020.05.30

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』