作るコト作るコト
料理 2020.03.18

旬の国産レモンで作る万能調味料『塩レモン』

冬から春にかけて出回る、国産のレモン。
通年手に入る輸入レモンとは、一味も違うのが、切ってみたときの香りでよくわかります。また輸入レモンには防カビ剤という農薬が使われていることがほとんどですが、国内で栽培されたレモンは、無農薬のものも多く出回っており、その点でも安心してお料理に使えますね。


国産レモンで、皮ごと使った通年使える調味料『塩レモン』の保存食を作ってみましょう。
唐揚げの下味に使ったり、お肉やお魚のソテーに、そしてドレッシングの材料としても使えますが、これからの季節にオススメなのが、蜂蜜と水で割っていただく自家製スポーツドリンク。

まだ少し気は早いですが、塩レモンの塩気と酸味がとっても美味しく喉を潤してくれます。

『塩レモン』の材料

国産レモン

1個

レモンの重量の20%

『塩レモン』の作り方

1. レモンはよく洗い、薄切りにする。途中包丁などでタネは取り除く
細かく刻む。

2. 煮沸消毒した瓶に、塩→レモン→塩 の順番に層を作るように入れていく

3. 常温で保存し、少しとろみがついたら出来上がり。

『塩レモン』のポイント

日を置くと、塩気がまろやかになっていきます。暑い時期に作ると、発酵が進んでしまうので気をつけましょう。

酸度が強いため、長期保存する場合は、金属製の蓋は避けましょう(錆びてしまいます)。
シリコンやガラス製の蓋で保存してください。

レシピ/k-meals, 片山けいこ
IMG_4099
湘南の自宅にて店舗兼工房k-meals,主宰。管理栄養士。
ケータリングや焼菓子ギフトの制作、webメディアや企業様にレシピの提供、店舗でのワークショップなど枠にとらわれず活動中。
肩ひじ張らないあたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在3児の母。


k-meals,ホームページ
Facebook
instagram

その他のおすすめ記事

旬の食材を調味料に『ねぎだれ』

かける!漬ける!合わせる!色々使える『新玉ねぎの万能ソース』

thumb_P5120030_1024

冷凍OK!作り置き調味料『基本のトマトソース』

コメント