知るコト知るコト
まめ知識 2020.05.05

端午の節句の行事食。かしわ餅とちまきのこと。

「柱の傷はおととしの~」の歌詞で始まる童謡「背くらべ」は、端午の節句に背丈を図ってもらう男の子の歌です。「ちまき食べ食べ」と聞いて、5月5日に食べるのはかしわ餅じゃないの?と思った方は、東日本にお住まいではありませんか?そんな「端午の節句」と行事食のちまきとかしわ餅について紹介します。

端午の節句の意味と由来

端午の節句の「端」には初めという意味があり、端午は月初めのうまの日のことです。もともとは5月に限られていたわけではなかったようですが、中国には“五”が重なることを重要視する考えがあったところから、漢の時代以後、5月5日が端午の節句になったようです。中国の端午の節句は、薬草を飲んだり、しょうぶ湯に入ったりヨモギで作った人形を門戸にかけたりして、病気や厄をはらう行事が行われていました。

日本では、もともと5月5日やその前夜は「女の家」「女の夜」と呼ばれる女性の日でした。昔の日本では、旧暦の5月を悪月・物忌み月としていて、大事な田植えの仕事を始める前の5月5日に、早乙女(さおとめ・若い女性の意味)はしょうぶやヨモギでふいた屋根の下で身を清め、1日中静かに過ごす「ふきこもり」の習慣があったのです。

平安時代に中国の端午の節句の行事が日本に伝わると、日本の古くからの習わしと結びついていきました。「しょうぶ」と「尚武」をかけて、武士の間でやぶさめが行われ、子どもたちがしょうぶ打ちなどを行うようになったことから、男の子の節句という意味合いが強くなっていったようです。

端午の節句とともに中国から伝わったちまき

 
平安時代に中国から端午の節句が伝来したときに、ちまきを食べる風習も伝えられ、全国に広がっていきました。

中国の春秋戦国時代、屈原(くつげん)という有名な詩人が5月5日に泪羅(べきら)という河に身を投げました。その霊を慰めるために、竹筒に米を入れておうちの葉でふたをして、邪気を払う赤・青・黄・白・黒、五色の糸で縛ったものを、5月5日に泪羅の水中に投げるようになりました。これがちまきの起源となり、5月の節句にはちまきを食べるようになったと言われています。

江戸時代に生まれた日本発祥のかしわ餅

ちまきが中国から伝わったのに対し、かしわ餅は江戸時代に日本で生まれました。昔から、丈夫で大きなかしわの葉は、食べものを盛りつけたり包んで蒸したり、食器の役割をしていました。かしわは「葉守(はもり)の神が宿る」神聖な木とされていて、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性から「家系が途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、かしわ餅は桜餅と並んで年中行事の中の代表的な和菓子となりました。

江戸時代に端午の節句が五節句のひとつになると、縁起のいいかしわ餅が江戸の主流となり、伝統を重んじる文化が根づく関西では、ちまきを伝承したのです。関西ではかしわの木が育ちにくかったことが、ちまきが主流になった理由であるともいわれています。

葉の香りから初夏を感じるかしわ餅やちまきをいただき、端午の節句を祝ってみてはいかがでしょうか。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

世界に誇る丈夫な通学カバン「ランドセル」のこと

世界に誇る丈夫な通学カバン「ランドセル」のこと

おいしいパンに出会えるかも?!4月12日はパンの日

おいしいパンに出会えるかも?!4月12日はパンの日

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

春は旅立ちの季節。「卒業式」と第二ボタンのエピソード

春は旅立ちの季節。「卒業式」と第二ボタンのエピソード

旬のよもぎをたっぷり使った春の和菓子「草餅」のこと

旬のよもぎをたっぷり使った春の和菓子「草餅」のこと

コメント

人気の記事

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

2020.05.30

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』