知るコト知るコト
得するコト 2020.05.29

『茶の湯の世界へようこそ』ー19. 千利休と最後の句

利休忌

少し前のことになってしまいますが、3月というのは利休忌の月です。千利休の命日は旧暦2月28日とあり、今の暦ですと3月か4月ということで、この時期に行われる行事となり、表千家の家元では3月27日に、裏千家では3月28日に門弟が一堂に会して行われます。

私の母の教室でも、3月にささやかな利休忌を行いました。
利休の絵を床の間に飾り、まずはお茶を供えます。その後、全員で薄茶をいただきます。
家元では7代目如心斎が制定した七事式の中の廻り花、茶カブキなどが行われ、お茶の修練に励む行事だそうです。

辞世の句

この掛け軸の中に、利休の辞世の句が書かれています。

「人生七十 力囲希咄 吾這寶釼剱 祖佛共殺」 

じんせいしちじゅう りきいきとつ
わがこのほうけん そぶつともにころす

私にははっきり言ってこれでは意味はさっぱりわかりませんでしたが、かなり強烈な言葉の印象は受けました。意味は下記解説がとてもわかりやすかったのでご紹介します。

人生ここに七十年。
えい、えい、えい!(忽然と大悟した時に発する声)。
この宝剣で祖仏もわれも、ともに断ち切ろうぞ(まさに、活殺自在の心境)。
私はみずから得具足(上手に使える武器)の一本の太刀を引っさげて、
いま、まさに我が身を天に抛つのだ(いまや、
迷いの雲も晴れた、すっきりした心境)。
出典:『中公文庫 利休の死』小松茂美(中央公論社)

千利休という人物

利休の最期は秀吉に切腹を申し付けられ自害したとされていますが、その理由は様々推測されておりはっきりしていません。表千家のHPでは次のように書かれています。

“2人の対立の根本には、茶の湯に対する考え方の違いがあったことをこの一文は物語っています。いずれにせよ、利休の切腹は、芸術と権力の狭間に生じた葛藤の象徴といえるのではないでしょうか。”

様々な人が千利休のことを歴史上初の“アートディレクター”、または“クリエイティブディレクター”だったと論じています。
自分でものを作るわけではなく、あくまでディレクションをした上で“茶道”という“ブランド”を高めていく。日常にあるものに美意識を見出す視点。ミニマルデザインの境地。
また、当時茶室は武士ですら刀を外して入る密な空間。ここで各要人との情報交換が行われ、権力やコネクションとしても秀吉すら恐れる大きなものを持っていたようです。
相当な頭とセンスの良さだったのだろうなと思うのと、もし現代に生きていたらどういう提案をするのだろう、とも思います。

お茶を通して、このような利休が大成した世界に触れられることは大変ありがたいことですし、日々精進して生きるセンスを磨いて生きたいと思っています。

コラム/すずきりさ
約20年に渡り東京から世界を飛び回る生活をて、結婚・出産を機に地元新潟にUターン。
自然の中での子育てと家族の時間をのんびり満喫する中で、改めて新潟の魅力に気づく日々。茶道の勉強も再開しながらライフワークバランスを模索中。
茶道表千家講師。

その他のおすすめ記事

『茶の湯の世界へようこそ』ー18. 着物の世界

『茶の湯の世界へようこそ』ー18. 着物の世界

『茶の湯の世界へようこそ』ー17. 一、二、三、と習うこと

『茶の湯の世界へようこそ』ー17. 一、二、三、と習うこと

『茶の湯の世界へようこそ』ー16. 新年の迎え方

『茶の湯の世界へようこそ』ー16. 新年の迎え方

『茶の湯の世界へようこそ』ー15. ゆく年くる年

『茶の湯の世界へようこそ』ー15. ゆく年くる年

『茶の湯の世界へようこそ』ー14.日日是修行

『茶の湯の世界へようこそ』ー14.日日是修行

コメント

人気の記事

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』