作るコト作るコト
料理 2017.02.15

風邪の予防は朝のこの1杯から『レンコンジンジャー味噌汁』

空気が乾燥してくると、鼻や口から吸った乾いた空気が肺を痛めることで、のどや鼻から風邪を引きやすくなります。
この時期は「肺」を乾燥から守ることと、寒さが厳しくなる冬に備えて免疫力を高めることが大切です。

そんな時に最適な食材が「レンコン」。
東洋医学では食べ物の形は、それに似た形をもつ臓器を養うという考えがあり、肺に似ていると言われているのが、蓮根なのです。

レンコンには肺を潤し、熱をとる効果があるので、風邪予防やお手当にピッタリの食材。
また、レンコンの粘りの元となる成分「ムチン」は、粘膜を保護し丈夫にする効果があり、風邪の菌が鼻や喉から侵入するのをブロックしてくれます。

レンコンジンジャー味噌汁に使うレンコン

毎日の朝食に、身体がぽかぽかになる『レンコンジンジャー味噌汁』

健康になるには体を温めるのが一番。特に朝は体温が低いので、レンコンのお味噌汁を食事の最初に飲んで、体温をぐーんと上げておけば「冷え性」や「低体温」も一緒に解消でき、健康になること間違いなしです。
自家製椎茸昆布のだし汁は作っておくと他の料理に使えて便利ですよ。

『レンコンジンジャー味噌汁』の材料(4人前)

レンコン・・・・・・・・120g
長ネギ・・・・・・・適量
生姜・・・・・・・・少々
椎茸昆布のだし汁・・800cc
麦みそ・・・・・・・適量

『レンコンジンジャー味噌汁』の下ごしらえ

レンコン・・・・・・・・薄い銀杏切り
長ネギ・・・・・・・小口切り
生姜・・・・・・・・すりおろす
椎茸昆布のだし汁・・水をガラスのビンに入れて、干し椎茸(2個くらい)と昆布(3センチ角くらい)を入れて6時間くらいおいておく。

『レンコンジンジャー味噌汁』の作り方

1.鍋にレンコンがかぶる位の少量のだし汁を入れ、弱火でじっくり煮込む
2.残りの水を加え沸騰したら、ボウルで溶いておいた麦みそを加え、味を整える
3.器に注ぎ、長ネギと生姜の絞り汁を加える

オーガニック料理ソムリエが教える 『レンコンジンジャー味噌汁』を美味しくつくるコツ

・初めから全量の水を入れずに、レンコンがかぶるくらいの少ない水で煮る。
・火加減は弱火。
・1時間くらいじっくり火を入れる。

『レンコンジンジャー味噌汁』を始め、根菜を入れたお味噌汁は、この3つに気をつけて調理をすると、ビックリするほど甘くて美味しいお味噌汁ができあがります。また根菜は皮と実の間に一番栄養があるので、オーガニックの野菜を選んで皮をむかずに召し上がってみてください。

これから寒くなる時期には、生姜の絞り汁や大根おろしをお味噌汁に入れると、血流やエネルギーの流れがよくなるので、体が芯からぽかぽかと温まり、朝から元気をチャージすることができます。

風邪の予防は朝のこの1杯からレンコンジンジャー味噌汁

温かくて美味しい『レンコンジンジャー味噌汁』を毎朝飲んで、今年は風邪知らず、そして冷え性&低体温も一緒に解消してみませんか。

レシピ/G-veggie料理教室

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

G-veggie料理教室プロフィール

shutterstock_80850355-3002

これから生まれてくる子供たちのために、私たちが出来ること 私たちはこの命題を社の理念としています。
厳しい制限のない「楽しい食」をお伝えするマクロビオティック・キレイ料理教室「G-veggie」などを通して、皆様に「食の楽しさや大切さ」をお伝えしています。食べる事はいきること 自然の生命エネルギー溢れる食べものを食すると、身体だけではなく心も健康で元気になっていきます。 私たちはこれらの活動を続けることで、次の世代を担う子供たちの楽しく美味しく、そして幸せな未来を創造してゆきたいと願っています。

レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

小麦粉を使わないでつくる『グルテンフリー かんたんホワイトシチュー』

小麦粉を使わないでつくるかんたんホワイトシチュー

お腹いっぱい食べても大丈夫『小松菜とおからのキッシュ』

小松菜とおからのキッシュ

オーブンいらずでできる『残った玄米ご飯を20分で手作りパン』に

オーブンいらずでできる残った玄米ご飯を20分で手作りパン

冷やご飯でつくる簡単ヘルシースイーツ『玄米とさつまいものライスプディング』

冷やご飯でつくる簡単ヘルシースイーツ玄米とさつまいものライスプディング

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

編集部おすすめ記事

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

2020.10.22

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2020.10.22

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「かぼちゃ」を使ったレシピまとめ

2020.10.21

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.20

手抜きなのにしっかりおつまみ『じゃがいもの鯖味噌炒め』

2020.10.18

お疲れの時に!漬けておいて焼くだけ『鶏肉の塩麹焼き』

2020.10.18

【七十二侯のコト】蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

2020.10.17

ごはんが進みすぎる!『秋刀魚の三升漬け焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう