知るコト知るコト
得するコト 2020.08.27

他人のいいところを見つけるだけでトクをする?

いろんな方にヨガを指導する機会の中で驚くことは、子どもと高齢の方が、良く褒めてくださることです。

「先生、そのアクセサリー素敵ね!」
「今日のお洋服の色がとっても似合ってる」
「今日もいい笑顔ですね」
「これ新しく買ったでしょ、似合う!」
「ヘアスタイルが変わりましたね!素敵!」
「髪切った?そっちの方がいいよ」

人のいいところを見つけるのは、悪いところを見つけるよりも高度で難しく前頭葉をより使うんだそうです。

今日は「人の長所を見つける」ことでより暮らしを豊かに楽しくしていけるようヨガの視点からのお話です。

脳を使う、刺激することからの観点

他人の長所を見つける時に使うとされる前頭葉の前頭前野は「脳の司令塔」と呼ばれるそうです。

先への計画、判断力、新しい創造、記憶力、集中力、抑制する力など、人間の行動に必要な働きを司令している分野だとか。その分野がイキイキと活発になったらそれは人生が変わりそうです。そのためには普段の生活が大事です。

適切な刺激を与えることが前頭葉の発達のためになります。

誰かの「いいところを見つける」場合と「嫌いなところを見つける」場合を比べてみると、「いいところを見つける」ほうが前頭前野が活性化するとのこと!

「いいところ探し」は脳トレのメニューにもなっているそうです。

ヨガの瞑想で前頭葉を刺激する

脳の司令塔と呼ばれるその部分。「客観視」と繋がりがあります。

軽く目を閉じてゆったり呼吸を意識して自分を客観的に見つめる時間をとってみましょう、「体はどうかな」「心は何にざわついているかな」「疲れてるかな」「何を不安に思っているのかな」。

初めは数分でも大丈夫。
そんな自分との対話を静かに実践してみることで自分を客観視できて、「脳の司令塔」と意識が繋がる感覚が得られるかと思います。実際、ヨガを日常的にやっている人は前頭葉の活発がみられるそうです。

実際にいいところ見つけて、自分の暮らしを豊かに

呼吸と対話で自分を客観視でき、前頭葉も活発に。

すると自分のいいところも見つけられるのではないでしょうか。自分のいいところがわかる人は、他人のいいところにも敏感にいられると思います。

今日会う人、家族、全てのいいところを見つけて、できれば相手に伝えましょう!

自分との対話で既に活発している前頭葉は、いいところを見つければ見つけるほどさらに鍛えられ発達し高度なレベルに引き上げられていきます。

相手の悪いところばかり見つけている時は脳の働きを高度に使うことができておらず発達もせず変わらない自分になってしまっているということ。

考え方から変わりたいのに変われない時、人の悪いとこばかり見てるということも原因の1つにありそうです。

いろんな人と出会って会話して、初対面の人の良いところも見つけられたらスムーズな人間関係になりそうです。
そしてその過程にどんどん自分の脳が活性化してるのですね!

そして高度に発達した脳(先への計画、判断力、新しい創造、記憶力、集中力、抑制する力)で、さらに自分の人生が豊かに作られていくことでしょう。

脳が発達段階の子どもたちや脳が衰えないようにしたいおばあちゃんたちは、知らずに「人のいいところを見つける脳トレ」して自分の脳を発達、元気にしているのかもしれませんね。

私たちも、「いいところ」を見つけて、自分もトクをしちゃいましょう。
豊かなコミュニケーションがどんどん広がって素敵な毎日になりますように!

記事 / 鈴木めゆ

ヨガ講師歴14年(東京) 子育てを機に独立。座ったまま全身を整えて情動を見つめる休息脳エクササイズ「おひるねyoga」考案。
乳幼児親子、小学生、家庭教育保護者対象、ビジネスマン、介護施設、障がい者施設にて。心身の健康を誰でも無理なく納得しながら体感できるよう、場に応じたヨガの形を提供、ご案内しています。資格:ヨガ安全指導員

ホームページ
ブログ
Instagram
Youtube

その他おすすめ記事

リモートワークのアップも久々の再会も堂々と!「ヨガ的美人」フェイスケア

リモートワークのアップも久々の再会も堂々と!「ヨガ的美人」フェイスケア

ストレスとのヨガ的付き合い方

ストレスとのヨガ的付き合い方

心と身体を整える!似ているようで違う「ヨガ」と「ピラティス」

心と身体を整える!似ているようで違う「ヨガ」と「ピラティス」

朝活の王道『やっぱりヨガで、幸福な目覚めを』

朝活の王道『やっぱりヨガで、幸福な目覚めを』

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

コメント

人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』