知るコト知るコト
食のコト 2020.08.19

サラダから炒め物、煮ものまで!万能野菜「ハヤトウリ」を食べてみよう

ハヤトウリ、見たことありますか?ゴツゴツとした洋ナシのような形をしていて、初めて見た時にはぎょっとするかもしれません。ですが、ハヤトウリはこの個性的な見た目とは裏腹に、サラダやお漬物、炒め物や煮物など、幅広いお料理に使えて、しかも長期保存もできるとっても便利なお野菜です。今年の夏はハヤトウリを食卓に取り入れてみませんか。

ハヤトウリって何?

ハヤトウリはその名のとおり、ウリの仲間で、8月から10月にかけて旬を迎えます。見た目は西洋ナシのような形で、表面がゴツゴツとしていて、白や薄い黄緑色をしています。

成分のほとんどは水分で、ビタミン類は少ないのですが、カリウムが多く含まれています。このカリウムには利尿作用があり、身体のむくみ解消に一役買ってくれます。そして、ハヤトウリの味はとても淡泊です。その淡泊な味のおかげでサラダ、煮もの、炒め物など様々なお料理に取り入れることができます。

ハヤトウリの選び方と保存方法

ハヤトウリは透明感があって、みずみずしい果肉が特徴です。と言っても購入する際に果肉の確認をすることはできませんので、皮に色むらがなく、ハリのあるもの、そして手に取った時にしっかりと重みのあるものを選ぶようにしましょう。

そして、ハヤトウリはとても水分が多いお野菜ですので、乾燥を防いで保存することが大切です。冷蔵庫の中は乾燥しやすいので、使いかけのハヤトウリは密閉できるタッパーなどに入れて保存するようにしましょう。
また、ハヤトウリ丸ごと保存する場合は、新聞紙に包んで冷暗所で保存するのがおススメです。この方法で保存すると1ヶ月以上保存することができますよ。

ハヤトウリのアク抜き方法

ハヤトウリにはアクが含まれています。直接触れることでかぶれてしまう方も珍しくありませんので気をつけましょう。かぶれを防ぐ1番の方法は手袋を装着しての調理ですが、難しい場合は、下記方法でアク抜きをしてから調理を行います。

①皮を剥かずに半分に切る
②断面に泡状のアクがういてくるので、これを水洗いして流す。

皮を剥いた後ではアク抜きができませんので、皮を剥かずにアク抜きするようにしてください。

ハヤトウリを生で食べる場合の下処理方法

ハヤトウリは生でも食べることができますが、独特の苦みがあり、生で食べる場合には下処理が必要になります。
とはいっても、その方法はとても簡単です。皮を剥いて、食べやすい大きさに切ったあと、塩もみをし、水洗いをするだけです。この作業だけでハヤトウリを生で、美味しく食べることができますよ。

また、ハヤトウリの苦みは加熱されると消えていきますので、煮ものや炒め物など、加熱するお料理に使用する際は、下処理は必要ありません。

複雑そうな見た目とは裏腹に、意外と簡単に食べることができるハヤトウリ。様々なお料理に合わせることができる便利なお野菜です。今年はハヤトウリをあなたの食卓に取り入れてみませんか。

レシピ/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

薄く叩いてカリカリ食感♪鶏むね肉で「台湾風唐揚げ」

薄く叩いてカリカリ食感♪鶏むね肉で「台湾風唐揚げ」

夏がきた!枝豆の茹で方をマスターして、ビールと美味しくいただこう!

夏がきた!枝豆の茹で方をマスターして、ビールと美味しくいただこう!

夏バテの身体に優しい♪「オクラ」は下茹でなしでも食べられる!

夏バテの身体に優しい♪「オクラ」は下茹でなしでも食べられる!

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

電子レンジで簡単に下処理できる!今年の夏はトウモロコシを丸ごと味わおう

電子レンジで簡単に下処理できる!今年の夏はトウモロコシを丸ごと味わおう

コメント

人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』