知るコト知るコト
得するコト 2020.09.08

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

昼間はまだ厳しい暑さが続いていますが、朝晩の涼しさに秋の訪れを感じます。それでも何となく体がだるい、やる気がでない…。そんな方はもしかしたら「秋バテ」なのかもしれません。「秋バテ」という言葉を初めて聞く人もいるかもしれませんが、その症状や対策、疲労回復におすすめの食材をご紹介します。

9月に起こる体調不良が「秋バテ」

そもそも「秋バテ」とはどのような症状なのでしょう。「夏バテ」とはどのような違いがあるのでしょうか。

皆さんの耳に馴染みのある「夏バテ」を起こすのは8月の暑い盛りですね。食欲の低下とともに体力が落ち、なんとなく体がだるいなどの症状があらわれることをいいます。秋バテは、夏の暑さが和らぎやっと涼しくなってきたのに、9月下旬頃から体のだるさや疲労などの体調不良が続く状態をいいます。

秋バテは熱があるなどのはっきりとした症状はなくても
・疲れやすくだるい
・食欲がなく胃もたれがする
・よく眠れない、寝ても疲れがとれない
・立ちくらみやめまい、頭痛や肩こりがする
このような漠然とした体の不調が続きます。

秋バテする原因

それではどうして「秋バテ」になってしまうのでしょうか。原因は2つ考えられます。

①自立神経の乱れから血行不良になりやすい

今年の8月は国内最高気温に並ぶが41.1度を記録したり、それに迫る日が各地で続いたり、例年以上の猛暑でしたね。1日中エアコンで冷えた部屋で過ごし、冷たい食べ物や飲み物を多く摂取して、私たちの体や胃腸は冷え切っています。

また、室内と屋外との温度差から、自律神経が乱れ血行不良になりがちです。このような状態で秋を迎えると、一度に夏の疲れが出て、さまざまな不調に見舞われます。

②秋は天候の変化が激しい

秋になると過ごしやすくなる気がしますが、実際は天気の変化と1日の寒暖差がとても大きな季節です。日中はまだ夏のように暑いのに、朝晩は驚くほど冷え込みます。そのような朝昼晩の寒暖差に長雨や台風などの低気圧の影響が加わり、私たちの体は必至で体温調節をしています。夏の疲れが残ったまま変化の激しい秋を迎えると、体は悲鳴をあげてしまうのです。

秋バテ対策は自律神経のバランスを整えること

秋バテは自立神経の乱れにより血の巡りが悪くなることが大きな原因ですので、それを改善するような生活を心掛けましょう。日常生活の中でとり入れたい、自律神経を整える具体例をご紹介します。

毎日ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

シャワーで済ませている方も少なくないと思いますが、夜にゆっくりと湯船につかるようにします。ポイントはお湯の温度。37〜40度ほどのやや温めのお湯に入ることで副交感神経が優位になり、心身がリラックスした状態になって質の良い睡眠につながります。

毎日軽い運動をする

適度な運動をすることで心臓から血液が送り出され、体内の神経伝達物質が活性化します。急激な運動は体に負担を与えてしまうので、まずは散歩やウォーキング、ヨガなど無理なく体を動かすことをおすすめします。

首を温める

太い血管が通っている首を温めることで全身の血流が良くなり、冷えや疲労が解消されやすくなります。首や肩のこりがほぐれるかもしれません。ホットタオルや温熱シートの使用がおすすめです。

秋バテの体を整える旬の食材

秋が旬の食材をいただく

旬の食材はおいしいだけではなく、その季節特有の体調不良を助ける栄養が豊富に含まれています。秋バテ対策には、旬の食材を積極的に摂るのがおすすめです。

山いもは昔から疲労回復にとても良いことで知られ、胃腸を整え体を元気にする働きがあると考えられています。おやつにもおすすめのサツマイモにも同様の働きがあるといわれています。

かぶはカラダに潤いを与え、咳を止める働きがあると考えられています。また消化を助ける働きがあり、弱った胃腸をサポートしてくれます。

秋の味覚と言えばキノコ。中でもしいたけにはカラダを元気にする働きがあると考えられ、和食の出汁に欠かせない食材として愛されてきました。

そして、秋の青魚と言えばサンマ。食卓に並ぶと「秋だなあ」と感じる方も多いのではないでしょうか。サンマは良質なたんぱく質を含み、胃腸を温めて疲労を取り除いてくれます。

秋バテにならないためには、激しい気候の変化に対応できる体力をつけることです。まずは夏の疲れをリセットして、元気な体を取り戻しましょう。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

「涼をとる」ということ。暑さと上手に付き合うための日本の伝統的な風習

「涼をとる」ということ。暑さと上手に付き合うための日本の伝統的な風習

夏至の夜、世界の人々の心を癒やすキャンドルのともしび

夏至の夜、世界の人々の心を癒やすキャンドルのともしび

コメント

人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類