知るコト知るコト
得するコト 2020.10.31

仮装をするのはなぜ?今さら聞けない「ハロウィン」の謎を徹底解説

日本でも秋のイベントとして定着したハロウィン。「ハロウィンはなんのお祭り?」「オレンジのカボチャに意味はあるの?」など、ハロウィンにはよくわからないことがたくさんあります。そこで、実は知らない本当のハロウィンについてまとめました。

ハロウィンは収穫を祝い悪霊を追い払うお祭り

ハロウィン(Halloween)は、キリスト教の国で行われる、全ての聖人を祭る祝日「万聖節」の前夜祭です。秋の収穫を祝い、先祖の霊を迎えるとともに悪霊を追い払うお祭りです。現在は10月31日がハロウィンとして定着していますが、正確には10月31日~11月2日がハロウィンの期間です。

ハロウィンは、2,000年以上昔の古代ケルト民族のドゥルイド教で行われていたお祭りが起源といわれています。秋の収穫を祝い、新しい年を迎える前に悪霊や魔女などを追い出すためのお祭りでした。

古代ケルトの暦は11月1日から新年が始まります。大みそかにあたる10月31日の夜は、家族に会いに帰ってくる先祖の霊を祝い山の頂でかがり火をたいていましたが、後に山で酒盛りをする魔女を追い払う行事に変わったといわれます。

ケルトの文化は、やがてキリスト教文化に吸収され、ハロウィンの宗教的な意味合いは薄れていきました。ハロウィンは現在までに多くの国に伝わり、それぞれの国の文化と結びついて様式が異なります。日本で親しまれているハロウィンは、子どもたちが仮装をして街中の家々を訪問し、お菓子をもらうアメリカから伝わったスタイルです。日本では子どもだけでなく、若者たちにも人気のイベントとなっていきました。

仮装をするのは悪霊を追い払うため

ハロウィンには先祖の霊だけではなく、人間たちに悪事を働く悪霊もやってきます。悪霊を怖がらせて追い払うため、魔女、ゴースト、ゾンビなど、怖いものに仮装するのが習わしです。また、同じ魔物のふりをして災いを遠ざける意味もあるようです。

ハロウィンに飾るオレンジのカボチャの由来

ハロウィンのシンボルと言えば、オレンジ色のお化けカボチャ。「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、「ランタンを持つ男」という意味です。なぜカボチャをくり抜いたランタンを、玄関先や窓辺に飾るのでしょうか。

アイルランドには「ジャック・オー・ランタン」にまつわる伝説があります。ジャックは、物語に登場するずる賢い男の名前です。うそつきのジャックは、魂を取りに来た悪魔をだまし「ジャックの魂はとらない」と約束させました。やがて寿命を迎え死後の世界へ旅立ったジャックは、天国へは行けるはずもなく、地獄に堕ちることもできず、落ちていたカブをくり抜いて火をともし、闇夜を歩き続けました…という物語です。

ちなみにカブのランタンは、アメリカにハロウィンが伝わった後、たくさん収穫できるカボチャに変化したそうです。ジャック・オー・ランタンのあかりが「精霊を引き寄せ、悪霊を遠ざける」ということで、家の軒先に飾ってハロウィンを迎えるようになりました。

トリック・オア・トリートとは?

ハロウィンといえば、ガイコツや海賊、魔女の装いをした子どもたちが街を歩き、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと、いたずらするぞ)!」と玄関先で声をかけます。子どもたちが訪ねてきたら、大人は「ハッピー・ハロウィン」と返し、お菓子を渡すのが決まり事です。

ケルトの人々はお供え物を差し出して悪霊を鎮め、差し出さなかった家には災いが起こると信じていました。
キリスト教ではハロウィン期間の11月2日には、貧しい人々がお金持ちの家を回り、その家族や友人のためにお祈りをしました。お返しに「ソウル・ケーキ」というお菓子をもらう習慣がありました。
このような風習が結びついたものが、トリック・オア・トリートの起源だと言われています。

ハロウィンに行われる風習は、日本のお祭りで厄払いや縁起を担ぎ、さまざまな行事やお供えをしているのと似た感覚なのかもしれません。
ハロウィンは海外から伝わったイベントですが、起源を知って一層楽しんでくださいね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

“>

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

“>

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

コメント

人気の記事

2021.05.10

素材の味をシンプルに味わう『スナップえんどうのレモンマスタードソース』

2021.05.07

彩り鮮やかなハーブを使った『実山椒と紅花のおにぎり』

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

編集部おすすめ記事

2021.05.10

【七十二侯】第二十侯「蚯蚓出」

2021.05.10

発酵食品で免疫力UP!第6弾『柚子香るアボカドのクリーム和え』

2021.05.08

甘くてちょっとほろ苦い!『くきたち菜の肉巻きサンド』

2021.05.08

出汁の旨みがじゅわっと広がる『巾着煮』

2021.05.07

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2021.05.05

【七十二侯】第十九侯「蛙始鳴」

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』