知るコト知るコト
得するコト 2020.10.29

二夜の月と片見月とは?秋の実りに感謝する行事「お月見」のこと

夜空に月がきれいに見える季節になりました。中でも特に美しい月が見える十五夜(中秋の名月)。2020年は10月1日です。そして10月29日には「十三夜(じゅうさんや)」という日本古来のお月見の日があります。今回は2つの「お月見」について紹介します。

十五夜と十三夜、併せて「二夜(ふたよ)の月」

旧暦8月15日の夜を十五夜といい、この夜の月は「中秋の名月」といわれます。旧暦では1~3月を春、4~6月を夏、7~9月を秋、10~12月を冬としていました。8月はちょうど秋の真ん中。8月15日の夜に出る満月なので中秋の名月と呼ばれるようになりました。十五夜は平安時代に中国から伝わった風習です。

十五夜に対して、それより約1カ月後の旧暦9月13日の夜を「十三夜」と呼びます。十三夜は、中国から十五夜が入ってくる以前から行われていた日本オリジナルの風習で、民間に広く普及していたようです。

十五夜は新月から数えて15日目で満月またはそれに近い月。十三夜は新月から数えて13日目で、満月には少し欠ける月です。「名月」と言えば中秋の名月のことですが、十三夜の月も名月に加えられます。この両方の名月を併せた呼び方が「二夜の月」です。
 

片見月は縁起が悪い?

十五夜と十三夜。いつしか両者はセットで語られ、どちらか一方の月しか見ないことを「片見月」といいます。「片方のお月見しかいないのは縁起が悪い」といわれ、江戸時代には十五夜と十三夜を同じ庭で見る風習があったようです。

片見月を忌み嫌うようになったのは、江戸の遊郭、吉原で「十五夜に遊びに来たら、十三夜にも来なければ縁起が悪い」とお客さんに伝えていたことがきっかけなのだとか。天罰があるような話ではないので、どちらのお月見も気楽に楽しんでくださいね。

ちなみに十五夜の頃は台風や秋の長雨の時期。「中秋の名月、十年に九年は見えず」という言葉があります。一方で十三夜の時期は秋晴れが多く美しい月が見られることから「十三夜に曇りなし」といわれます。

お月見には秋の実りに感謝する

お月見は、美しい月を眺めるだけでなく、実りに感謝をする意味があります。収穫に感謝して、月に見立てたものや収穫物をお供えします。お月見の主なお供えものは、ススキ、月見団子、秋の収穫物の3つです。

秋の七草の一つでもあるススキ。実りの象徴である稲穂が収穫前なので、似た姿のススキを用いるようになったそうです。悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。ススキだけでも良いですが、ハギやナデシコなど秋の草花と一緒に花瓶に生けて供えます。
ススキの鋭い切り口は魔除けと考えられ、お月見の後、軒先につるす風習があります。

お餅や団子は、お米を主食とする日本の行事には欠かせないお供え物です。丸い月見団子は、満月に見立てたもの。作物の収穫に感謝し、これから実るものに対しては豊作を祈願します。十五夜では15個、十三夜では13個を、ピラミッドのように積んでお供えします
お団子はお月見をした後、月に感謝をしながらいただきましょう。

十五夜の別名は「芋名月」。里芋やさつま芋を供えます。「栗名月」「豆名月」の別名がある十三夜には栗や豆を供えます。秋に旬を迎える果物を一緒にお供えしても良いですね。例えばツルがあるブドウは、月と人とをつなぐ縁起のいいお供えものです。

満月の美しさは文句なしですが、ほんのり欠ける十三夜の月にも風情を感じます。秋の静かな夜に、お月見を楽しみましょう。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

“>

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

“>

最近よく聞く「秋バテ」とは?体調を整える旬の食材のこと

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏祭りの主役「おみこし」にはどんな意味があるの?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の風物詩、花火。手軽に楽しめる「おもちゃ花火」の魅力とは?

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

夏の暑さを快適にする和風ファッション。気軽に楽しみたい浴衣と甚平のこと

コメント

人気の記事

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

編集部おすすめ記事

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』