知るコト知るコト
まめ知識 2020.10.08

【七十二侯のコト】鴻雁来(こうがんきたる)

食卓からはじまる、やさしくていねいな暮らし。
そんな暮らしの中で大切にしたいのが「季節のこと」。
ケノコトでは、七十二侯に沿ったていねいな暮らしをご紹介します。

二十四節気『寒露』

二十四節気の第17番目の節気である「寒露(かんろ)」。寒露は、10月8日~10月22日頃を言います。

寒露とは、秋の始まりに野草に宿る冷たい露のことを指します。
秋がやってきて、昼の時間よりも夜の時間が長く感じられるようになりました。朝と夜の寒さはきつくなりますが、空気の澄んだ「秋晴れ」の日がやってきます。秋らしい過ごしやすい日々ですね。

そして、10月1日は中秋の名月でした。この時期の月は、とてもきれいに美しく輝いています。1日の終わり、ふと夜空を見上げてみませんか。

七十二侯『鴻雁来』

初侯(10月8日~10月12日頃)鴻雁来(こうがんきたる)

寒くなってくるシベリアなどの北方から日本へ渡来してくる水鳥「雁(がん)」がやってくる季節です。雁は秋の渡り鳥と言われています。

俳句の秋の季語にも出てくる「雁」。寒くなり始める秋にやってくるお客様です。日本で寒い冬を超えて、また春になると旅立っていきます。秋の夕暮れ時など、雁の群れが映えますよ。

実はこの雁、平安時代から変わらない風物詩だとご存知でしたか?
清少納言の『枕草子』にも雁が登場します。

「秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫のねなど、はたいふべきにあらず。 」

秋は夕暮れがいい。夕日に照らされながら寝床に帰るカラスの群れ、そして雁が連なってとても小さく見えるのは大変趣深い。風の音や虫の音も言うまでもない。

簡単に訳すとこんな感じでしょうか。

秋の夕暮れに雁の群れ、風の音や虫の音。平安時代の人々が感じていたことが、約1200年後の私たちも同じように感じているなんて、とっても“いとおかし”ですね。

『秋分』の旬

秋といえば栗!そのまま茹でて食べるのも美味しいですが、栗ご飯は絶品ですね!栗の薄皮を剥くのは忍耐がいりますが…その後の御飯はなんとも言えない美味しいもの♡栗の名産地では、栗狩りが始まっています。秋のイベント、そして秋の味覚を楽しみましょう!

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

季節の手しごとしませんか?毎年作りたくなる栗の渋皮煮

季節の手しごとしませんか?毎年作りたくなる栗の渋皮煮

ハタハタ

東北では「カミナリウオ」、京都では「オキアジ」と呼ばれるハタハタ。ウロコがなく食べやすい魚で、秋には大量の卵を抱えて脂がのっています。ハタハタが!特に煮つけがおすすめです。秋田県では「しょっつる」の原料でもあります。

チンゲン菜

緑黄色野菜である青梗菜(チンゲン菜)。中華料理のイメージも強いですが、ミネラル豊富なのでぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

ざくろ

10月が食べごろの「ざくろ」。夏前である6~7月に花を咲かせます。酸味が強い果物であり、ジュースやシャーベット、トッピングにもおすすめです!また輸入物は甘みが強いので、そのままでもOK!

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』
女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

おすすめ記事

【七十二侯のコト】水始涸(みずはじめてかるる)

【七十二侯のコト】水始涸(みずはじめてかるる)

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

コメント

人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』