知るコト知るコト
まめ知識 2020.10.13

【七十二侯のコト】第五十候「菊花開(きくのはなひらく)」

食卓からはじまる、やさしくていねいな暮らし。
そんな暮らしの中で大切にしたいのが「季節のこと」。
ケノコトでは、七十二侯に沿ったていねいな暮らしをご紹介します。

二十四節気『寒露』

二十四節気の第17番目の節気である「寒露(かんろ)」。寒露は、10月8日~10月22日頃を言います。

寒露とは、秋の始まりに野草に宿る冷たい露のことを指します。
秋がやってきて、昼の時間よりも夜の時間が長く感じられるようになりました。朝と夜の寒さはきつくなりますが、空気の澄んだ「秋晴れ」の日がやってきます。秋らしい過ごしやすい日々ですね。

そして、10月1日は中秋の名月でした。この時期の月は、とてもきれいに美しく輝いています。1日の終わり、ふと夜空を見上げてみませんか。

七十二侯『菊花開』

次侯(10月13日~10月17日頃)菊花開(きくのはなひらく)

菊の花が咲き始める時期になりました。全国各地で「菊の品評会」が開かれており、そこで見る菊の花は美しく、色とりどりに咲き誇っています。

私たちにとって菊の花というものは「お葬式」を連想させませんか?
これは西洋の文化が入ってきたときにできたものだといわれています。西洋では、菊は墓参の花であり、このことから今でもお見舞いに菊を送るのはタブーとされていますよね。夏目漱石が読んだ句にも『ある程の菊投げ入れよ棺の中』とあります。すでにこの時代には、『菊=葬送の花』が根付いていました。

しかし、そのような菊の花は、天皇家の家紋として使われています。
実は西洋の文化が入ってくる前、日本では「春は桜、秋は菊」と言われるほど日本を象徴する花とされていました。天皇家の家紋として使われたのは、鎌倉時代の後鳥羽上皇が菊を好み、自分の印として使われたのが始まりだといわれています。

また、菊には「長寿伝説」があり、古来中国では菊の花からしたたる露が川に落ちて、その川の水を飲んだ者が長寿になったという話が伝えられています。それにより、今でも菊酒や、日本酒に菊の花びらを浮かべて飲むということが行われています。菊の花が身体の中にある邪気を払い、不老長寿を叶えてくれるものとしているのです。

秋の夜、お月様を見ながら日本酒に菊の花を浮かべ、しっとり一杯…というものも風情がありますね。

『秋分』の旬

秋といえば栗!そのまま茹でて食べるのも美味しいですが、栗ご飯は絶品ですね!栗の薄皮を剥くのは忍耐がいりますが…その後の御飯はなんとも言えない美味しいもの♡栗の名産地では、栗狩りが始まっています。秋のイベント、そして秋の味覚を楽しみましょう!

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

季節の手しごとしませんか?毎年作りたくなる栗の渋皮煮

季節の手しごとしませんか?毎年作りたくなる栗の渋皮煮

ハタハタ

東北では「カミナリウオ」、京都では「オキアジ」と呼ばれるハタハタ。ウロコがなく食べやすい魚で、秋には大量の卵を抱えて脂がのっています。ハタハタが!特に煮つけがおすすめです。秋田県では「しょっつる」の原料でもあります。

チンゲン菜

緑黄色野菜である青梗菜(チンゲン菜)。中華料理のイメージも強いですが、ミネラル豊富なのでぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

クセがないから子どもも食べやすい『冬の寒さで甘くなる青梗菜で温まろう』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

ウナギのお供だけではもったいない!山椒で大人味『大根と青梗菜のきんぴら』

ざくろ

10月が食べごろの「ざくろ」。夏前である6~7月に花を咲かせます。酸味が強い果物であり、ジュースやシャーベット、トッピングにもおすすめです!また輸入物は甘みが強いので、そのままでもOK!

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』
女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

おすすめ記事

【七十二侯のコト】水始涸(みずはじめてかるる)

【七十二侯のコト】水始涸(みずはじめてかるる)

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

コメント

人気の記事

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

2020.10.15

作り置き常備菜シリーズ『きのこの中華きんぴら』とアレンジレシピ

2020.10.14

型なしで作ろう!簡単『スイートポテト』

編集部おすすめ記事

2020.10.21

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.20

手抜きなのにしっかりおつまみ『じゃがいもの鯖味噌炒め』

2020.10.18

お疲れの時に!漬けておいて焼くだけ『鶏肉の塩麹焼き』

2020.10.18

【七十二侯のコト】蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

2020.10.17

ごはんが進みすぎる!『秋刀魚の三升漬け焼き』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

2020.10.16

季節の手しごとしませんか?柚子胡椒の作り方

2020.10.16

糀のコト『水筒で甘酒を作ってみよう』

2020.10.15

トマトが一番美味しい季節!!『濃厚トマトソース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう