作るコト作るコト
料理 2020.10.27

糀のコト『甘酒スムージーから始まる1日』

ケノコトのレシピライター笠原さんが運営する、「発酵食料理教室 ふんわり糀家」よりおすすめレシピをご紹介します。

—–

今日は、私が毎朝飲んでいる甘酒スムージーの作り方をご紹介します。

水筒で作る甘酒をお砂糖代わりに料理に使うのは勿論のこと、多くの方が「甘酒をそのまま飲んでも十分美味しい!」と言ってくださるのですが、私は朝に旬のフルーツを入れた甘酒スムージーを飲むのが日課です。

作り方は、材料として使うフルーツによって、大きく2通りに分かれます。

基本の甘酒スムージー(無調整豆乳や牛乳を使って作るタイプ)

『基本の甘酒スムージー』の材料(一人分)

季節のフルーツ

適量

甘酒

大さじ2

無調整豆乳または牛乳

100ml

『基本の甘酒スムージー』の作り方

全ての材料を入れ、フルーツの形がなくなるまでハンディブレンダーなどで攪拌する。
フルーツの量は、せっかくなのでほんのりスムージーにフルーツの色が出るくらいは最低でも入れてください。

柑橘類の甘酒スムージー(水を使って作るタイプ)

『柑橘類の甘酒スムージー』の材料(一人分)

レモン果汁

1/8 個(大さじ 1/2 程度)

柑橘類(皮をむく)

1個

甘酒

大さじ2

100ml

『柑橘類の甘酒スムージー』の作り方

全ての材料を入れ、フルーツの形がなくなるまでハンディブレンダーなどで攪拌する。
乳のタンパク質が、酸で固まってしまうため、柑橘類の甘酒スムージーを作る場合は、水を使うようにします。

『甘酒スムージー』を美味しく作るポイント

フルーツの量は本当にお好みなのですが、桑の実(マルベリー)やブルーベリーの場合は、5〜10粒ほど。

「スモモ甘酒スムージー」の場合ピンポン玉くらいのスモモを2個入れました。

いちごやビワなら、4個くらい。キウイなら半分。

甘酒は、身体への吸収が良いタイミングで食べるのが良いのです。
だから、朝一番というのは吸収も良いし、フルーツも朝食べるのが「金」と言われていますよね。甘酒スムージーが私にとっての栄養ドリンク。飲まないとエネルギーチャージ出来なくて色々始められません。

フルーツとしてはあまり好んで食べなかったスイカも甘酒スムージーにしたら凄く美味しくて、その発見以降は新しい種類のフルーツを見るたびに買って試すようになりました。
甘酒スムージーのおかげでお腹の調子も絶好調です。

甘酒は手作りだからこそ得られる健康・美容効果が凄いんです。もちろん市販品でも飲まないよりは飲むほうがいいんですけどね。

それで、作った甘酒をどうやって食べるかは人それぞれだと思いますが、1日のうち一度は加熱せずに食べられる方法で、かつ吸収のよい時(朝一番、お風呂上がり、スポーツの後など)に飲むのが効果的ですから、皆さんもぜひやってみてください。

レシピ/笠原奈津美

発酵食料理教室「ふんわり糀家」
発酵食料理教室「ふんわり糀家」レッスン一覧
facebook
インスタグラム

25歳で白血病を患ったことをきっかけに「食」の大切さに気づく。香川県高松市にて手作りの発酵調味料(塩麹・醤油麹・甘酒・味噌など)を使って、【家族と私の健康のために、毎日食べたい作りたい発酵食料理】を提案する「ふんわり糀家」を主宰。
発酵食料理を通じて得られる身体と心の変化が人生を変えるほどのパワーを持ち、自分がワクワクする毎日を生きることで、家族や周りの人にまで幸せが循環するという事を、自身が体現し、伝えている。

その他おすすめ記事

100人100色ー高松移住後にはじめた料理教室が大人気に! 食への関心を深めたきっかけは、大病を患ったことー笠原奈津美さんのお話し

100人100色ー高松移住後にはじめた料理教室が大人気に! 食への関心を深めたきっかけは、大病を患ったことー笠原奈津美さんのお話し

暮らしの話〜発酵食で日々の暮らしを幸せに〜笠原奈津美さん

暮らしの話〜発酵食で日々の暮らしを幸せに〜笠原奈津美さん

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

初夏の保存食『甘酒床のお漬け物』

手づくりがおいしいから『ゆず塩麹のドレッシング』

手づくりがおいしいから『ゆず塩麹のドレッシング』

コメント

人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』