知るコト知るコト
家のコト 2017.05.20

買ってきたお惣菜でも大丈夫『盛り付けで美味しく見せるコツ』

疲れている時やご飯を作りたくない時、今日は買ってきたお惣菜ですませちゃおうかなぁなんて思うこともありますよね。

それでもいいと思います。
無理してイライラしながらご飯を作るのは、家族もいい迷惑ですし。
今は、デパ地下やコンビニでも手軽で美味しいお惣菜が沢山ありますので、そんな時には遠慮せずに買ってきても良いと思いますよ。

ただ買ってきて、そのまま食卓に出すことは避けましょう。
買ってきたままのパッケージで「しょうがない」と思って食べるのと、お皿に盛り付けて頂くのとでは、美味しさが全く違ってきます。
なので必ずお皿に盛り付けてくださいね。

タッパーに入っていた昨日の残りものも、コンビニのお惣菜も、お弁当やさんの幕の内だって、お皿に盛り付ければ、立派なワンプレートディナーになります。

お惣菜をきれいに盛り付けるコツ

morituke_2_re

『盛り付けで美味しく見せるコツ』1.余白を作ること

お皿の縁(ふち)が見えるように盛りましょう。

『盛り付けで美味しく見せるコツ』2.高低差を出すこと

小皿やグラスを使ったりするのも良いですし、お惣菜をカットして形を変えるのも効果的です。

『盛り付けで美味しく見せるコツ』3.盛る時は真ん中を高くする

一品一品、山のように中心が高くなるように盛り付けます。平べったく盛ると、どさっと乗せただけのように見えてしまいます。

『盛り付けで美味しく見せるコツ』4.彩りに気を付けること

お惣菜にねぎや鰹節などのピックを使ったり、紙を敷いたり、お皿などで色を足すことも必要です。

これは、テーブルコーディネートでもインテリアでも同じことが言えます。
美味しさは、何を食べるかよりもどんなシチュエーションで(環境で)食べるかが判断の大きな決め手になりますので、盛り付けは侮れませんよ。

morituke_3_re

盛り付けで楽しく美味しい食卓を-『盛り付けで美味しく見せるコツ』

きれいな盛り付けができれば、急なおもてなしの時でも、近所で買ってきたもので素敵なランチプレートができるようにもなりますし、ちょっと作るのを失敗したおかずでも、盛り付け次第で美味しそうに見せることもできます。
反対に、どんなに美味しいものでも、盛り付けを誤ると美味しさが伝わらない事もあるぐらい、見た目は味に作用します。

お皿の中の小さな世界。
楽しく美味しく食事をするために、家族と笑顔で食卓を囲むために、盛り付けにちょっと力を注いでみませんか。

文/テーブルコーディネーター 中江利会子

プロフィール

Table Planning Chouette(テーブルプランニングシュエット)主宰
テーブルコーディネーター

nakae_plofaile

テーブルコーディネートプロ養成スクールで学び、2002年よりスクールスタッフとして、スクール運営、レッスン講師、各種イベントの企画・運営、ディスプレイ等の仕事を行う。
2013年よりフリーで活動、テーブルコーディネートをはじめ、「暮らしを愉しむ」をキーワードに食卓から始まる美味しいコト、楽しいコト、素敵なコト、を伝えるレッスンを各種開催。

Table Planning Chouetteホームページ

その他のおすすめ記事

いつもの食卓をちょっと素敵に『盛り付けの名脇役グリーンの効果』

いつもの食卓をちょっと素敵に『盛り付けの名脇役グリーンの効果』

『いつもの食卓を「美味しそう」にするコツ』~秋を彩る食卓編~

『いつもの食卓を「美味しそう」にするコツ』~秋を彩る食卓編~

お金をあまりかけなくても『簡単にできる色で楽しむハロウィン』

お金をあまりかけなくても『簡単にできる色で楽しむハロウィン』

コメント

  1. Bones より:

    RKU has a point. Obummer is even more passive and detviuctrse to the US, but he sure is not as honestly stupid, but knows how to game the system enough to get a critical mass of people to vote him back in.

コメント欄


人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

2021.01.16

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう