作るコト作るコト
料理 2020.12.08

お砂糖不使用が嬉しい!さつまいも麹で作るヘルシー『きんとん』

さつまいもと米麹で簡単にできる「さつまいも麹」で、優しい甘さの「きんとん」を作ってみませんか?「さつまいも麹」は、お砂糖不使用で、ヘルシーな発酵おやつです。
炊飯器を使うので、手間はほとんどかからず、美味しくなるのを待つだけでOK!
出来上がった「さつまいも麹」は、「さつまいものディップ」にしても良いですし、おせちに入っている「きんとん」としても大活躍!今回の「きんとんづくり」は、「さつまいも麹」に、あとから蒸したさつまいもを混ぜるため、失敗しにくく初挑戦でも気軽に試せる一品です。

『きんとん』材料(出来上がり400g程度)

皮をむいてカットした、さつまいも

350~400g

300cc

米麹(生でも乾燥でもOK)

100g

あれば良い道具

温度計

『きんとん』作り方

1.適当な大きさにカットしたさつまいもを水にさっとさらして、水切りし炊飯器へ入れる

2.水を200cc入れ、「炊飯」ボタンをおして、加熱する

3.炊けたら、さつまいもを潰して、半分くらいさつまいもを別にしておく

4.残り半分のさつまいもを55℃~60℃くらいにする(潰していたら結構温度が下がるので、人肌程度になったらOK)

5.炊飯器に冷ました半量のさつまいもに、米麹と水100ccを入れて、さっと混ぜる

6.炊飯器に乾いた布巾をかぶせ、フタをせずに、炊飯器の保温モードで6時間くらい様子みる

7.炊飯器にいれた「さつまいも麹」が甘くなっていたら、OK!

8.半量わけてあった、さつまいもを加えてまぜて、出来上がり!

『きんとん』を美味しく作るポイント

・後から加えるお芋の量にもよりますが、400g前後と多めにできあがります。レシピは、作りやすい分量のため、多いと感じる方は半量でお試し下さい。

・米麹は、発酵中は55℃~60℃を保つように気をつけて下さい。麹は、60℃以上を超えると菌が死滅して働かなくなり、低すぎると休眠してしまいます。大体の炊飯器は、高温だと「70℃ちょっと超え」低音の保温だと「60℃程度」ですが、ご家庭の炊飯器の保温モードによって異なるので事前にチェックしておくと良いです

・さつまいもの種類によって、「さつまいも麹」が水っぽく仕上がる場合がありますが、出来上がった「さつまいも麹」が、へんな苦味がなく、甘くなっていたら、問題はありません。その場合は、「さつまいも麹」を水切りするなど、水分を減らし、あとから混ぜるようにわけておいた「ふかしたさつまいも」の量で、調整すれば、べちょべちょになることを防げます。お好みの硬さに仕上げてくださいね。

調理時間:15分、炊く時間・発酵時間:7~8時間程度
保存方法:冷蔵庫で2日、冷凍2週間
冷凍は、戻すときは冷蔵庫に入れてゆっくりと解凍(水がでたらすててOKです)解凍後は、早めにお召し上がりください。

レシピ / 調理師 世安 加奈湖

おいしいもの好き・人と一緒のごはんも大好きなフードライター。
普段は、昔からある暮らしの知恵などをベースに、食べたい食事と組み合わせ、身体に優しいごはん作りをしています。暮らしの中に小さな元気のタネをまく「ほっこり暮らし」で半農生活を実践中(instagramで公開中)HP では、イラストを使ったレシピを紹介。

HP:https://www.kana-l.life/
Instagram:https://www.instagram.com/kana_l.life/
Facebook:https://www.facebook.com/Kana_Llife-107726950934598/

その他おすすめ記事

【納豆のコト】納豆ができるまで

【納豆のコト】納豆ができるまで

ワインにもおすすめ!『ブルーチーズと納豆のカナッペ』

ワインにもおすすめ!『ブルーチーズと納豆のカナッペ』

~季節の食養生~『納豆入り蓮根団子のゴマ焼き』

~季節の食養生~『納豆入り蓮根団子のゴマ焼き』

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

日々の体のメンテナンスにおすすめ!常備したい調味料『蒸しにんにくの醤油漬け』

日々の体のメンテナンスにおすすめ!常備したい調味料『蒸しにんにくの醤油漬け』

コメント

人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』