知るコト知るコト
まめ知識 2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

お正月が過ぎて、鏡開きが終わったころ巡ってくるのが十日戎(とおかえびす)。これは、商売繁盛・五穀豊穣・漁業の神様として知られる、七福神の戎(恵比寿)様を祀るお祭りです。今回は十日戎についてご紹介します。

商売繁盛を願って

戎様をお祭りする神社は関西に多く、関東にはそこまで多くありません。これは、関西が商人の町として発展してきた歴史が関係していると言われています。
江戸時代、上方(今の京都・大阪をはじめとする近畿一円)は日本国内でも特に商業が栄えており、商売繁盛の神様を信仰する風習が強く根付いていきました。特に、大阪の今宮戎神社・兵庫の西宮神社・京都の京都ゑびす神社は、日本三大えびす神社と呼ばれるほど有名。十日戎の期間は、平日でも多くの人が参拝し、激しい混み具合となります。

十日戎はいつおこなわれるの?

毎年、1月9日~11日の3日間おこなわれる十日戎。1月9日は宵戎(よいえびす)、10日が本戎(ほんえびす)。11日を残り福といいます。特に商売繁盛を願う人たちが、戎様を祀っている神社に福をいただくためお参りします。

いつお参りしたらいいのでしょうか。
どの日にお参りしてもいいのですが、気の早い人は9日に。王道を好む人は10日。残り福を狙う人は11日にお参りするようです。やはり一番込み合うのは10日の本戎。境内は、平日でも身動きが取れないほどの賑わいとなります。

福笹に縁起物をつけて幸せを願う

境内では、福笹を無料で配布しています。そして、この福笹につけるさまざまな縁起物が売られており、縁起物はぜひ福娘につけてもらいましょう。

ここで悩むのが「どの縁起物をつけてもらったらいいの?」という疑問。
縁起物は本当にさまざまな種類があるのですが、
・熊手・・・金銀や運をかき込む
・打ち出の小槌(こづち)・・・金運招来・開運招福・諸難削除
・米俵・・・五穀豊穣
・重ねられた米俵・・・商売繁盛・家内安全
・鯛・・・おめでたいことがある
など、どのご利益もほしい・・・と悩んでしまいます。

「どのご利益も欲しい!」という欲張りさんのために、吉祥という複数の縁起物がセットになったものも売られています。

縁起物いっぱいの福笹を飾りましょう

福笹に縁起物をつけてもらって、帰宅したら大切に飾りましょう。笹の正面が南か東に向くように飾ります。玄関・和室・リビングなどの北側の壁または、西側の壁。これは、日が昇っていく方向ですので、ご利益がぐんぐん昇る=運気が上昇するという意味が込められています。

商売繁盛のイメージが強い戎様。
しかし、さまざまな縁起物に込められた意味を見てみると、けっして商売繁盛だけではありません。厄除けや家内安全など、家族や身の回りの人たちの幸せを願う意味が込められたものもあり、身近な幸せを願う優しい祭りでもあります。
機会があれば、お参りしてみるのもいいかもしれませんね。

※2021年は新型コロナウイルス感染症の影響により、参拝を控えるよう各神社にて案内が出ております。また、郵送福笹へ移行もございますので、詳しくは戎神社のHPをご確認ください。

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

大忙しの師走のころ。年末に大掃除をするのはなぜ?

大忙しの師走のころ。年末に大掃除をするのはなぜ?

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

戦前は「新嘗祭」が行われる祭日だった。11月23日「勤労感謝の日」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

コメント

人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.19

熱々とろとろ身体もほっこり!『アップルパイ風ホットサンド』

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

2021.01.16

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』