知るコト知るコト
まめ知識 2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

現代のわたしたちにとって、1月20日といえば日常のひとコマです。
しかし、日本古来の習わしでは二十日正月とされており「正月の祝い納め」の日にあたります。この日をもって、正月行事がすべて終了するとされていました。(地域によっては、1月30日の三十日正月のところもあります)
いまでも、実は日常に根付いた行事として大切に受け継がれているんです。

二十日正月はどんな日?

二十日正月といえば、正月の終わりとして歳神様がお帰りになる日と言われていました。歳神様をお送りするために前日の1月19日、お供え物として尾頭付きのお膳や小豆御飯を準備する地域もあります。

そして、1月20日の早朝に歳神様たちお帰りになるので、二十日正月にはお正月の飾り物などは全て片付けて、正月行事の締めくくり。昔はお正月期間がとても長かったのですね。こんなに休めたらいいのに・・・と思ってしまいます。

休息日でもあった日

かつては正月の終わりとなる節目として、仕事を休む習わしがありました。
新年から働き詰めだった女性が休息するために里帰りをしたり、小正月からの里帰りを終えて戻ってくる日だったりしたようです。

鏡開きも以前は1月20日に行われていました。
しかし、江戸時代に将軍徳川家光が亡くなったのが慶安4年(1651年)4月20日 。月命日にあたる20日を忌日として避け、松の内後の1月11日に行うようになったといいます。しかし、松の内が1月15日までの地方は、今でも1月20日に鏡開きが行われています。

お正月に用意したものをきれいに食べつくす

現代にも受け継がれている風習に、「正月の料理を食べつくす」という一風変わったものがあります。地方によっては二十日正月を「骨正月」「頭(かしら)正月」「棚探し」などと呼びますが、どうしてこのような呼び名がついたのでしょうか。

お正月に供物として準備する魚を「年取魚」と呼び、代表的な魚として東日本では鮭が、西日本では鰤を準備します。
そして、正月に準備した魚の頭や骨まで酒粕や根菜と一緒に煮ることで残さず食べつくすことから、このような呼び名がつくようになりました。理由を聞くと納得ですね。魚以外にも、小豆粥や麦飯などを食べることもあります。
骨まで残さず食べることで、実りへの感謝や今年の豊作への願いが込めていたといいます。

仕事を休むことは叶いそうにありませんが、お正月に用意していた食べ物でなくても残ったものをきれいに食べつくす区切りの日にしてみてもいいかもしれません。
この日は食材を余すことなく、大切に最後まで食べる素敵な習慣として取り入れてみるのはいかがでしょうか。
まだ寒い季節が続きます。温かい煮物料理で体を温めて乗り切りたいですね

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

願いや祈りがこめられたお正月の遊び

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

心穏やかに新年の決意をつづる「書き初め」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

家族が集うお正月に、みんなで囲む「おせち料理」のこと

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

年の瀬の風物詩「年の市」「羽子板市」のこと

コメント

人気の記事

2021.03.08

ナイフを入れると黄身がトロ~ッ!『スコッチエッグ』

2021.03.07

ねぎたっぷり『万能!香味だれ』

2021.03.07

乳・卵フリー『桜と抹茶のスノーボール』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2021.03.03

レンジで簡単!ひなまつりにも『いちごミルクプリン』

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

編集部おすすめ記事

2021.03.08

食からめぐるエシカルな暮らし『平飼い卵を選ぶ理由』

2021.03.08

ナイフを入れると黄身がトロ~ッ!『スコッチエッグ』

2021.03.07

食べるだけで腸活&エネルギ―補給もできちゃう『簡単甘酒ピクルス』

2021.03.06

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

2021.03.05

簡単!ふわふわ!栄養たっぷりな『納豆焼き』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

2021.03.03

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2021.03.03

「一人の人と添い遂げられるように」の願いを込めて。はまぐりを自宅で味わおう

2021.03.02

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』