知るコト知るコト
得するコト 2021.01.26

【KASANE・クラフトビールのコト】戻ってきたりんごのヒーロー

長野県南佐久郡佐久穂町にあるりんごやSUDAの須田さんと出会ったのは、2020年の1月。一番忙しい時期である収穫・出荷の時期を終えたころに実際に農園まで出向きました。まだこの時は須田さんのりんごを使ってクラフトビールを作ろうだなんて思ってもいなかったのでした。

時は流れ、8月になり、私が実際に佐久穂町に訪れたのは3回目。長い梅雨があけて、やっと夏の爽快さを感じるような暑い1日でした。相変らず須田さんの農園の景観といえば、ため息が出ちゃうくらいの景色なのでした。

私が果物を使ってクラフトビールを作るという話を聞いて、須田さんのとっておきのりんごを使ってクラフトビールを作るという話になったのです。
須田さんの農園に行ったことはありますが、ちゃんとりんごがなっている景色をみたことがなかったので、これは行くしかない!と、本当に忙しい中、無理をお願いしてお邪魔させて頂きました。

胸きゅんする果実を求めて

お手伝いに行った日は、しとしと雨が降る冷え込む10月の後半でした。
その日は、地元の園児を受け入れて収穫体験をする日とのことで、朝から園児と親御さんを乗せたバスがやって来ました。こうやって、地域のコミュニティになるような農園をしている須田さん。私は東京生まれの育ちでして、仕方がないのですが、小さいことから地域の四季を実際に体験できる企画はいいなと思いました。

子供のころの経験って、意外と覚えているもので、大きくなって幼少のころを振り返った時に、きっと身体のどこかで覚えているのだろうな。

「生まれ育った地域に貢献したい」

一度は横浜で働いて、Uターンで長野県の佐久穂町に戻り、家業であるりんご園を継ごうと帰ってきた須田さん。須田さんはりんごだけではなく、国内では少し珍しいプルーンも育てているのです。

りんごはもちろん、プルーンを知ってもらいたい、もっと美味しく食べてもらいたい。そんな思いで、他の生産者を引っ張るように、広大な土地で自ら新しいことに旗を振り、先頭にたち、チャレンジをしている姿はとても勇ましいのでした。

一緒に新しい価値を開拓するのであれば、楽しみながら挑戦してくれる人がいい。そんな須田さんと一緒に果物における新しい価値を創り上げたい!そう思ったのが私の本音だったのです。

舞台は奈良へ

そんな須田さんが愛情込めた紅玉(酸味がしっかりしていて香りもよい種類)が
クラフトビールの醸造所であるゴールデンラビットビールさんに届き、 STORYの舞台は奈良へと移ったのでした。

段ボールに、大切にそしてぎゅっと詰まった小ぶりの紅玉たちが届きました。

今まで3種類の果物のクラフトビールを企画させてもらったのですが、一度も醸造している現場をみることがありませんでした。どうやって果物たちに魔法をかけるのかを知りたくて、またまた、お願いをさせてもらい現場へと行って来ました。

JR奈良駅・近鉄奈良駅から歩いていける「ならまち」にあるゴールデンラビットビールさん。地域の方に愛されているこの醸造所で、私が胸きゅんした果物たちが、さらに時間と思いを重ねつつ、ビール職人に魔法をかけられ美味しく醸されていくのです。

1つ1つ手作業で、仕込まれていくりんごたち。「愛情こそが美味しくなるスパイス」という言葉があるようにこうやって1つ1つ、大切にする想いこそが美味しくなる秘訣だと本当に思う。

長野佐久穂町の須田さんの農園、季節を越え、1つ1つ収穫され、奈良に運ばれる。たくさんの人を経て、運ばれ、醸されていく。

丁寧にりんごと向き合うこと8時間ほどカットしたりんごをジューサーにかけ、ジュース状になりそれをビールのタンクに入れて

美味しくな〜れ〜!

そう言葉に想いをかけて、時間と共にゆっくり醸されていくのです。

KASANE プロジェクト
KASANE プロジェクトオンラインショップ

KASANE プロジェクト 丸山寛子

食を通したコミュニケーションに挑戦し続けます。
食べることを、もっとおもしろく。もっとアクティブに。
食を通して人と人の関わりが広がれば広がるほど、食べることがもっともっと魅力的になっていく。
誰のためでもない「自分がおいしいと想うこと」に出会えますように。

コメント

人気の記事

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

編集部おすすめ記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』