知るコト知るコト
まめ知識 2021.02.07

専門家に聞きました~生姜を使った『冷え性』の解消法~

寒さが怖い!冷え性さんの生姜を使った冬の過ごし方

冷え性とは、病体として統一的な定義が確立されていないため、体質として表現されます。
一般的には手足などが冷たくて辛く感じる状態を冷え性といいます。

そして女性は男性に比べて筋肉量が少ないことから、女性の54.5%が冷えを感じていると報告されています。

冷えは万病のもとと言われる放っておくと将来健康を害する恐れがあります。
健康でいるためには体が温かいことが大事です。
体温が1度下がると免疫が30%低下すると言われている冷えの存在。
今回は生姜を使った冷え解消法をお伝えします。

 

なぜ冷え性になってしまうのでしょう?

冷え性にはさまざまなタイプがあります。

① 末端冷えタイプ
手足の冷えが中心で漢方では「四逆」といいます。末端の循環不全が原因です。
血液がドロドロだったり血管が細いなど、血行が悪い状態だと、血液が手足の末端部分まで届かず、冷えを引き起こします。

② おなか冷えタイプ
胃腸の弱い人や下痢をしやすい人の冷えタイプです。自律神経の乱れと関係が深い冷え性と言われます。
ストレスにより自律神経に異常が発生すると、手足末端部分の血管の収縮ができなくなり、内臓に血液を集めることができず内臓が冷えてしまいます。

③ 冷えのぼせタイプ
東洋医学では「上実下虚」といい、下半身は冷えるが、上半身はほてるように熱くなります。
更年期障害で見られる症状が典型的なものです。また骨盤の歪みが関係するタイプでもあります。
姿勢の悪さや同じ方向を向いての就寝、同じ方に足を組むことが原因で身体や骨盤が歪んでしまいます。
そうすると下半身の血行が悪化し、代謝が悪くなってしまうのです。
さらにお尻や太ももに蓄積される老廃物がセルライトという固まりになってしまい、身体の冷えがますます酷くなります。
 

冷えに効く、生姜の温煦(おんく)作用とは?

生姜は体を芯から温めてくれる成分が含まれている食べ物です。
それが辛味成分の「ショウガオール」と「ジンゲロール」です。
「ショウガオール」は血管拡張させて血の巡りをよくし、心臓から押し出す血液量を増やし、お腹や手足の末梢血管までポカポカにします。
「ジンゲロール」は生で食べると殺菌効果があり、加熱すると一部が「ショウガオール」に変化して冷え改善に作用します。

からだを温める成分が入った生姜をいつでも使えるように、冷え性さんにおすすめの保存食「サーモ生姜」をご紹介します。

冷え性さんにおすすめ!「サーモ生姜」の作り方

1.生姜は皮の近くに辛味成分がありますので、洗って皮ごと使うか、軽く表面を削ぐくらいにして使います。

2.生姜100gを擦りおろし、小鍋に水100mlを加え中火にかけます。煮立ったら弱火にして5〜8分煮ます。
  水気がほぼなくなったら完成です。

3.粗熱をとって清潔な蓋付きの容器に入れて冷蔵します。

 

冷えに効く「サーモ生姜」の食べ方

生姜の温め作用は3時間持続します。即効性も持続性も高いので、まずはを血液のめぐりの悪い朝に摂りましょう。
そして1日3回摂ることで、常に体が内側からポカポカ温まった状態になります。

 
【梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)】
醤油、番茶にも温める作用がありますので、サーモ生姜と合わせて摂ると良いでしょう。
梅の解毒作用や整腸作用、疲労回復効果がありますので、下痢や便秘、腹痛など胃腸の症状に即効性があります。

適応症状:婦人病・風邪・食欲不振・低血圧・胃の痛み・便秘・腰痛など

『梅醤番茶』の作り方
1.湯飲みに梅干し1つ、醤油少々、サーモ生姜ティースプーン1杯入れて梅干しを潰しながら混ぜます。
2.熱い番茶を注ぎ入れてよく混ぜます。
3.1日に1〜2杯、温かいうちに飲みます。

 
【生姜紅茶】
紅茶、黒糖に体を温める作用があります。黒糖の甘味は体全体を温めますので、サーモ生姜と合わせて飲めば、冷え性に効果大です。

適応症状:冷え、痛み全般、むくみ、肥満、便秘、耳鳴り、高血圧、糖尿病、生活習慣病など

『生姜紅茶』の作り方
1.サーモ生姜をティースプーン1杯と、黒糖1粒をマグカップに入れます。
2.温かい紅茶を注ぎ入れてよく混ぜます。
3.1日に3〜6杯温かいうちに飲みます。

その他、生姜はお味噌汁やお鍋に入れても相性が良く、体を温めてくれます。
冷え性さんの心強い相棒となるサーモ生姜を、ぜひお試しくださいね。
 

記事/住吉鍼灸院

東京都江東区にある、延べ90万人の施術実績をもつ住吉鍼灸院です。
住吉鍼灸院は妊娠を望んでいるご夫婦、自律神経のバランスに不安を感じている方、お薬を出来るだけ使わず体質改善したい方、身体の痛み歪みが気になる方など、様々な方が来院されています。私たちはその一つ一つの症状に対して、根本的な原因を探しお身体を改善に導きます。
今の症状がなくなった先にあなたが何を思い描いているのか?
それは単純に辛さからの開放かもしれませんが、自然と自分の心身が良くなることでできることの幅が広がり、人間関係がさらに良好になっていき、「本当はコレを求めていた」ということができるようになる、それがあなたの幸せな未来へと繋がれば嬉しいです。

ホームページ https://www.sumiyoshi-shinkyu.com/

コメント

人気の記事

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

編集部おすすめ記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』