知るコト知るコト
まめ知識 2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

立春を過ぎ、暦の上では春となりました。寒いながらも少しずつ季節の変化を感じることが増えてきましたね。この時期に出す便りを「余寒見舞い」といいます。今回は、余寒見舞いを出すタイミングや内容についてご紹介します。

余寒見舞いを出すタイミング

余寒見舞いは、立春から2月末頃(寒い地域では3月上旬頃)までに出す便りのことです。

暦の上では春ですが、まだ寒さが続いている季節に出す便りを指します。
立春以前に出す便りは、元旦から松の内(~1/7。関西など一部の地方では1/15まで)に出すものが「年始状」。松の内から立春までに出すものを「寒中見舞い」と区別します。
これらの便りは喪中であっても出すことができます。
年賀状を出し忘れたり、諸事情で年賀状が送れなかったりした人も送りやすいのではないでしょうか。

どんな内容を書けばいいの?

オーソドックスな内容は相手の近況をたずねたり、自分の近況を伝えたりするものになります。その他にも年始の挨拶を欠いたお詫びや、相手を気遣う内容を書くこともあるようです。
また、この季節は新年度に向けて進学や転勤がわかり始める時期ですので、お知らせとして送ってもよいかもしれません。

最近は従来のあいさつ状のような内容ではなく、グリーティングカードのように写真に言葉を添えたものを送る人も出てきています。
特に決まった内容はありませんので、相手を気遣った手紙を送りたいところです。

海外の方に出すときは

日本国内ではなく、海外に出す場合はどうしたらよいのでしょうか。
相手が日本人であれば余寒見舞いとして出しても構いませんが、そうではない場合どうしたらよいのか困りますよね。

海外の手紙文化は、クリスマスカード(または新年のあいさつ)で余寒見舞いといった手紙を出す文化はありません。強いて言うなら、シーズナルグリーティング(季節の挨拶)が余寒見舞いに相当します。“Winter Greeting to You”として出すのがよいではないでしょうか。

以上、余寒見舞いについてご紹介してきました。

現在では手紙を書くこともずいぶん少なくなり、面倒に思う人が多いかもしれません。このような時代だからこそ、手書きの手紙をもらったときの嬉しさはひとしおです。気遣われて嫌な人はいません。

しばらく連絡を取っていないあの人へ、この機会にぜひ余寒見舞いを出してみませんか?

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

建国記念の日は日本の成り立ちに関わる祝日

二十日正月は正月期間の終わり

二十日正月は正月期間の終わり

冬土用入りで体のメンテナンスを

冬土用入りで体のメンテナンスを

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

コメント

人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類