知るコト知るコト
まめ知識 2021.03.14

バレンタインのお返しをするホワイトデーはいつからあるの?

3月に入り、既に半分近くが過ぎました。卒業や転勤など移動が多くなる季節になりましたね。
まだまだ三寒四温で冬と春を行き来しているこの時期にやってくるイベントがホワイトデーです。「バレンタインのお返しをする日」という意味合いが強いように思えますが、どのようにこのイベントができたのか気になりませんか?
今回は、ホワイトデーの成り立ちや贈り物についてご紹介します。

ホワイトデーの成り立ち

ホワイトデーはいったいいつ頃から日本に定着したのでしょうか。これは、幾つかの説があるようです。

ひとつめは、1980年に生まれたとする説。
全国飴菓子業協同組合のホームページ(ホワイトデー公式サイト)には「ホワイトデーが世に生まれ出たのは、1980年である」と記載があります。遡ること2年前、1978年6月に「バレンタインチョコのお返しとしてキャンディを贈る日」として、全国飴菓子業協同組合が3月14日をホワイトデーと定めたようです。「ホワイト」は純血を表すシンボルとして、「純愛」の意味が込められているのだとか。

ふたつめは、銘菓「鶴乃子」を販売している福岡県の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が生み出したという説。
「君からもらったチョコレートを、ボクのやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しします」という意味を込めたバレンタインのお返し用マシュマロを1977年考案。
そのマシュマロは、チョコ餡をくるんだものだったそうです。その翌年1978年3月14日に「マシュマロデー」をスタートさせたと言います。

3月14日になった理由ですが、
・バレンタインの一ヶ月後だから
・日本で飴が誕生した日が3月14日前後だったから
などこちらも複数の説があるようです。

海外のホワイトデー事情


それでは、海外にはホワイトデーのようなイベントはあるのでしょうか。世界的にみると、海外ではバレンタインデーはあってもホワイトデーに準ずるイベントをしている国は主に韓国と台湾がメインのようです。

特にお隣の韓国では、バレンタインは日本と同じように女性が男性にチョコレートを贈ります。3月14日は、男性がお返しを贈るホワイトデーもあり、日本よりも賑やかに祝っていると言います。韓国のホワイトデーは、日本のホワイトデーが起源のようです。

もうひとつ、韓国では4月14日に「ブラックデー」という日も存在しています。これは、バレンタインデーとホワイトデーに何ももらえなかったシングルの人達が、黒い服を着用し、ジャージャー麺を食べる日というイベント。少し日本とは違ったところもあることがわかります。

何を贈ればいい?


「バレンタインデーの三倍返し」などと言われますが、実際に何をお返ししたらいいのか悩む男性も多いと思います。一般的に言われているものとしては、
・マシュマロ ・・・「あなたのことは好きではありません」
キャンディ(飴)・・・「私もあなたが好きです」
クッキー・・・「友達でいましょう」
といった意味があるようです。しかし、基本的に相手が喜ぶ美味しいお菓子や可愛い雑貨などがいいのではないでしょうか。
最近は可愛いギフトも多く販売されていますので、ネットショッピングなどでも気軽に買うことができます。

以上、ホワイトデーについてご紹介してきました。

海外では、ほとんど実施されていないということに驚きますが、これも日本独自の「持ちつ持たれつ」の文化が関係しているようにも思えます。男性がお返しを贈る日とされていますが、最近は友チョコを贈ることも増えました。
女性同士で美味しいスイーツを贈り合ってもいいかもしれませんね。

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

建国記念の日は日本の成り立ちに関わる祝日

二十日正月は正月期間の終わり

二十日正月は正月期間の終わり

冬土用入りで体のメンテナンスを

冬土用入りで体のメンテナンスを

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

コメント

人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.19

5分で作れる!簡単副菜『豆苗と油揚げのにんにく炒め』

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』