知るコト知るコト
まめ知識 2021.04.01

エイプリルフールは楽しくなるような冗談を

4月1日と言えばエイプリルフール。日本では「嘘をついてもいい」という解釈をされますが、嘘をついていいからと言っても何でもいいわけではありません。
人を悲しませたり、傷つけたりする嘘をついてはいけませんし、どの程度の冗談や嘘ならいいのかと考えてしまい、加減がつかめないかもしれません。
そこで、今回はエイプリルフールの由来や風習についてご紹介します。

エイプリルフールの由来


エイプリルフールは、「罪のない嘘やいたずらで笑わせていい」という習慣。あくまでも、周りを和ませたり、楽しくさせたりするような嘘をついてもいいということになります。

では、そのエイプリルフールの由来はどうなっているのかというと、実は有力な説がありません。
幾つかある説を整理してみると、
・3世紀ごろから始まったインドの春祭りでは、いたずらし合う風習があり、ヨーロッパにも伝わったという説。色の付いた水や粉をかけ合う「ホーリー祭」の原型だとも言われています。
・1564年にフランスでは「新年の始まりを1月1日」という改暦がありました。
しかし反対した人々が、旧暦の4月1日を祝ったことが始まりという説。
面白おかしい偽物の贈り物をしあったことが原型とも言われています。

・古代ペルシャ時代から今でも開催されている「シズダベダール」という祭りが原型だとする説。「嘘の13日目」として、春分から数えた13日目の4月1日前後に、いたずらをする習慣があったそうです。

他にも説があるようですが、春のお祭りといった意味合いが強いと言われています。
中南米では逆に年末の12月28日が「エル・ディア・デ・ロス・サントス・イノセンテス(聖なる愚か者の日)」として嘘をついていい日とされているようです。

ちなみに日本に伝わったのは大正時代だと言われています。

エイプリルフールにしていいこと


では、エイプリルフールにどんな嘘や冗談であればいいのでしょうか。

誰かを肉艇的・精神的に傷つけない

あくまでもユーモアの日です。みんなが楽しい気持ちになることが目的。
後でネタ晴らしをしたときに、周りの人たちが面白く、楽しいものになるようにしましょう。

物などの器物損壊はNG

誰かの物や財産を傷つけるのは論外です。法律順守は当たり前です。

「だまし」を入れる

「お祭りでいたずらする」という意味では、秋のハロウィーンにも似ています。ハロウィーンは、「窓を石けんで洗う」「車に卵を投げる」「トイレットペーパーで家を覆う」など、直接的ないたずらをします。

エイプリルフールは、少しだけ「だまし」を入れるのがポイントです。
「えっ?」と思わせた後に、ネタばらしで笑わせる…というひねりがエイプリルフールの醍醐味。

英語圏では「嘘は午前中だけ。午後にネタばらし」

嘘は正午まで、逆に午後嘘をつくと「エイプリルフール!」と、愚か者扱いされてしまうそうです。その日のうちにあっさりとネタばらしできることも合理的に感じます。

以上、エイプリルフールについて紹介してきました。
日本でも、近年企業がエイプリルフールのネタに取り組むところもあります。

4月1日にホームページやTwitterなどのSNSをチェックしてみると、面白いネタを見つけられるかもしれません。

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

バレンタインのお返しをするホワイトデーはいつからあるの?

バレンタインのお返しをするホワイトデーはいつからあるの?

建国記念の日は日本の成り立ちに関わる祝日

二十日正月は正月期間の終わり

二十日正月は正月期間の終わり

冬土用入りで体のメンテナンスを

冬土用入りで体のメンテナンスを

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

コメント

人気の記事

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2021.07.03

贅沢にたっぷりと。冷やして絶品『桃のコンポート』

編集部おすすめ記事

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

2021.07.07

星に願いを掛けるだけではない七夕

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物