知るコト知るコト
まめ知識 2021.03.30

【七十二侯のコト】第十二侯「雷乃発声」

食卓からはじまる、やさしくていねいな暮らし。
そんな暮らしの中で大切にしたいのが「季節のこと」。
ケノコトでは、七十二侯に沿ったていねいな暮らしをご紹介します。

二十四節気『春分』

二十四節気の第4番目の節気である「春分(しゅんぶん)」。春分は、3月20日~4月3日頃を言います。

二十四節気の「春分」の時期から、夏至に向かって日が長くなっていきます。
花冷えという言葉があるように夜は冷えたり寒くなる日が時々ありますが、この時期は昼と夜がほぼ同じ長さです。

少しずつ延びてきた日の長さから春の訪れ感じる方も多いのではないでしょうか。

日本の祝日である「春分の日」は、自然に感謝をし、たたえ、生物を愛しむ日です。

空を見上げてほころび始める桜や足元の美しい菜花、花の周りを踊る虫などに改めて意識すると気持ちが前向きになりますよ。

七十二侯『雷乃発声』

末候(3月30日~4月3日頃)雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)

春分も末候となり、遠くの空で恵みの雨を降らせる雷が鳴る頃「雷乃発声」なりました。

「春雷」というのは立春以降に鳴る雷のことで、恵みの雨を降らせるもの・春を告げるものとしてかねてから歓迎されていました。

雷が発生すると、その年には豊作になると言われていますが、「春雷」は雹や雪を降らせることもあり、農家の方にはあまり喜ばれないそうです。

桜が咲くころを過ぎると雷が増え、天候の変化に疲れがちですが、雷も季節を前進させていることの現われです。
一歩一歩ご自身のペースでゆっくりと歩んでいけば良いと季節が教えてくれているようですね。

『春分』の旬

ふき

ふきは、ほろ苦さとしゃっきりとした食感が特長の数少ない日本原産の野菜です。ふきのとうは、葉が開く前のふきの花のつぼみの部分です。

旬の野菜を味わおう!春の手仕事Part.2『ふき』

旬の野菜を味わおう!春の手仕事Part.2『ふき』

旬の野菜を味わおう!『ふきの塩きんぴら』

旬の野菜を味わおう!『ふきの塩きんぴら』

鯛には「腐っても鯛」ということわざの通り、うまみ成分のイノシン酸が時間が経っても分解されず美味しくいただけます。

春の名残を味わう。煮つけより簡単『鯛の桜塩煮』と『しらす雑炊』

春の名残を味わう。煮つけより簡単『鯛の桜塩煮』と『しらす雑炊』

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

あさり

あさりは鉄を多く含み貧血予防にも効果があるため、女性は積極的に取ると良いでしょう。
鉄の吸収を促すビタミンCを含むキャベツやトマトなどの食材と一緒に取ると、より効果的です。

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

出来事

寒さも彼岸まで。もうすぐ来る春の訪れ前の『お彼岸』について知っておくコト。

寒さも彼岸まで。もうすぐ来る春の訪れ前の『お彼岸』について知っておくコト。

記事 / 飯田あゆみ

本業では化粧品のマーケティングをするかたわら、ママであり、ライター、投資などワークライフバランスを大切にした副業をしています。食やおうち時間を快適に過ごす方法など、家族との生活を充実させるための方法を探求することが趣味です。

ホームページ
Twitter

おすすめ記事

【七十二侯のコト】第十一侯「桜始開」

【七十二侯のコト】第十一侯「桜始開」

【七十二侯のコト】第十侯「雀始巣」

【七十二侯のコト】第十侯「雀始巣」

【七十二侯のコト】第九侯「菜虫化蝶」

【七十二侯のコト】第九侯「菜虫化蝶」

【七十二侯のコト】第八侯「桃始笑」

【七十二侯のコト】第八侯「桃始笑」

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

コメント

人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』