知るコト知るコト
まめ知識 2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

食卓からはじまる、やさしくていねいな暮らし。
そんな暮らしの中で大切にしたいのが「季節のこと」。
ケノコトでは、七十二侯に沿ったていねいな暮らしをご紹介します。

二十四節気『穀雨』

二十四節気の第6番目の節気である「穀雨 (こくう) 」。穀雨は、4月20日~5月4日頃を言います。

二十四節気の「穀雨」は春の最後の節気で、この頃になるともう冬服の出番はありません。
一つ前の節気「清明」までは、時々寒い日や冷え込む夜もありますが、穀雨になると「霜が降りることもなくなる」と言われています。

雨が特段多い季節というわけではなく、降雨量が多くなり始める時期で、雨の潤いを得た田畑は種まきの好期です。

穀雨の時期に降る雨は、「百穀春雨」といわれ、百穀を潤し芽を出させるため昔から歓迎されていました。

また、立春から数えて八十八日目を「八十八夜」と呼び、春から夏に移る節目と共に種まきの大事な目安とされています。

七十二侯『牡丹華』

末候(4月30日~5月4日頃)牡丹華 (ぼたんはなさく)

穀雨の末候になり、牡丹がきれいな花を咲かせる頃「牡丹華」になりました。

「牡丹」は中国から薬草として伝わりましたが、その美しさから平安時代には観賞用として栽培されました。現在でも絵画のモチーフとしても着物の柄としても人気です。
牡丹の異名「天香国色」は「この世のものとは思えないほどの美しさと上品な香り」という意味です。

伝来元の中国でも牡丹は「百花王」「花王」「富貴草」「花神」などと褒め称える別名が多々つけられており、「王者の風格」という花言葉がぴったりの花です。

『穀雨』の旬

たけのこ

たけのこは、春を代表する食材です。天ぷらや炊き込みご飯などさまざまな料理でたけのこの食感や甘みを楽しめます。

お醤油もみりんも使わない!『たけのこ入りの変わり肉じゃが』

お醤油もみりんも使わない!『たけのこ入りの変わり肉じゃが』

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』

にんにく

にんにくの臭い成分「アリシン」は疲労回復やスタミナをアップする効果があります。新しい環境で緊張から来る疲れや長引く春風邪にもおすすめです。

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

ご飯が進む、里芋レシピ『里芋と豚バラのにんにく照り煮』

ご飯が進む、里芋レシピ『里芋と豚バラのにんにく照り煮』

マダイ

マダイは穀雨に産卵期を迎える魚です。この時期のマダイは白子や真子を抱えており、この時期ならではのおいしさも楽しめます。

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

保存食のある暮らし~お花見弁当にいかが?『真鯛の桜締め』

保存食のある暮らし~お花見弁当にいかが?『真鯛の桜締め』

出来事

ホッと一息新茶の季節『八十八夜から緑茶についてまなんでみよう』

ホッと一息新茶の季節『八十八夜から緑茶についてまなんでみよう』

記事 / 飯田あゆみ

本業では化粧品のマーケティングをするかたわら、ママであり、ライター、投資などワークライフバランスを大切にした副業をしています。食やおうち時間を快適に過ごす方法など、家族との生活を充実させるための方法を探求することが趣味です。

ホームページ
Twitter

おすすめ記事

【七十二侯】第十七侯「霜止出苗」

【七十二侯】第十七侯「霜止出苗」

【七十二侯のコト】第十六侯「葭始生」

【七十二侯のコト】第十六侯「葭始生」

【七十二侯のコト】第十五侯「虹始見」

【七十二侯のコト】第十五侯「虹始見」

【七十二侯のコト】第十四侯「鴻雁北」

【七十二侯のコト】第十四侯「鴻雁北」

【七十二侯のコト】第十三侯「玄鳥至」

【七十二侯のコト】第十三侯「玄鳥至」

コメント

人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類