知るコト知るコト
食のコト 2021.05.20

苦みが少なく食べやすい!山菜デビューにおすすめ「うるい」

山菜といえば、野草独特のアクからくる苦味が特徴。しかし山菜の一つである「うるい」はアクが少なく、サッパリとした味わい。山菜独特の苦みが苦手な方でも比較的食べやすく、生のままサラダとしてもおいしく食べることができます。生でも食べることができる「うるい」で、今年は山菜を自宅で味わってみませんか。

「うるい」とは?


「うるい」とはオオバギボウシという植物の若い芽のことで、ほろ苦い味とシャキシャキ食感、そして独特の「ぬめり」が特徴の山菜です。うるいの「ぬめり」は抵抗力をつけてくれると言われており、他にも胃腸粘膜の保護、血栓の予防、血行促進、疲労回復効果も期待でき、「体に良い食べ物」として昔から日本人に親しまれてきました。

うるいの選び方と保存方法

「うるい」はあまり日持ちしない食べ物ですので、なるべく新鮮なものを手に入れたいものです。茎の部分がふっくらしていて白く、葉先はピンとしていて澄んだ緑色のもの、そして葉先が閉じているものを選ぶようにしましょう。葉先が開いているものは成長しすぎているため苦みが強くなっています。

「うるい」は乾燥しやすいので、手に入れたら湿らせたキッチンペーパーで茎の部分を包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保管するようにしましょう。3日程度で食べきるのがおすすめです。

「うるい」のアク抜きと茹で方


「うるい」は山菜の中では珍しく、生でも食べることができます。アクが気になる場合は水にさらす簡単な下処理をしてから食べましょう。

<うるいのアク抜き方法>

1.うるいを洗って汚れをおとし、若芽のつけ根にある「はかま」を取り除く。葉と茎は分けておく。
2.水に10分程度さらし、水気をきる。

生でも食べることができる「うるい」ですが、下茹でをすると葉の緑をより鮮やかにし、芯の部分をやわらかくすることできます。ここではうるいの茹で方もあわせてご紹介します。

<うるいの茹で方>

1.うるいを洗って汚れをおとし、若芽のつけ根にある「はかま」を取り除く。葉と茎は分けておく。
2.鍋に湯を沸かし、茎は10秒、葉は5秒ほど熱湯にくぐらせザルにあげる。
3.平にひろげ、うちわであおいで熱をとる。

硬めにゆでておけば、冷凍保存することも可能です。冷凍保存した場合は自然解凍してから調理するようにしましょう。

簡単な下処理だけで食べることができる「うるい」。山菜の独特の苦みが苦手な方でもトライしやすい山菜です。今年の春は「うるい」を自宅で味わってみませんか。

レシピ/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

その他のおすすめ記事

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

日本の春を食べて楽しむ『春に芽を出す様々な野草と山菜たち』

日本の春を食べて楽しむ『春に芽を出す様々な野草と山菜たち』

子どもにも食べさせたい『山菜の芽吹きから感じる季節のこと』

子どもにも食べさせたい『山菜の芽吹きから感じる季節のこと』

山菜の王様、タラの芽で自宅山菜料理デビューしませんか。

山菜の王様、タラの芽で自宅山菜料理デビューしませんか。

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

コメント

人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』