知るコト知るコト
まめ知識 2021.07.07

星に願いを掛けるだけではない七夕

7月に入り、セミの鳴き声が聞こえ始める季節になりました。この季節の行事と言えば七夕です。「笹に願い事を書いた短冊などを結ぶ」「織姫と彦星が1年に一度だけ会える」という印象が強い行事ですが、理由をご存じでしょうか。
意外と知られていない七夕の由来などについてご紹介します。

七夕の由来


古来、日本では七夕を棚機(たなばた)と称していました。穢れを落とす禊(みそぎ)の行事として、主に農村で稲の開花時期に合わせて行われていたとも言われています。村の未婚女性が水辺に造られた小屋に籠り、棚機で織り上げた着物を棚に供えます。神様を迎え豊作を祈ると同時に村の人達の穢れを清めます。

また、中国では乞巧奠(きこうでん)として織姫にあやかって機織・裁縫の上達を祈る行事として行われていました。奈良時代、日本に乞巧奠が伝わると棚機と合体した七夕(しちせき)となります。

宮中では、織姫と彦星の逢瀬に因んだ詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げるだけでなく、五色の糸や金銀の針、山海の幸を供えました。
室町時代には、宮中行事である七夕や織姫と彦星の物語が民衆にも伝わり、農村で古来より広く行われていた棚機から七夕(たなばた)と読むようになったと言われています。

七夕飾りによって違う願い事


次のような飾りを結び、それぞれ裁縫上達などを願います。
・折鶴・・・長寿を表す鶴を折り、長生きできるよう願いを掛けます。
・吹き流し・・・織姫に供えた織り糸を表し、裁縫上達を願います。
・網飾り・・・魚を捕る網を表していて、豊漁を願います。
・財布・・・折り紙を財布や巾着の形に折り、財運上昇を願います。
・神衣・・・紙で作った人形や着物を飾ったものです。裁縫上達や、着るものに困らないよう願います。

短冊に込められた意味

五色の短冊に願い事を書いて飾ります。物が欲しいという願い事より、手習いの上達を願うほうがいいと言われています。

古来、五色の糸を飾っていたことから、江戸時代に五色の短冊が使われるようになりました。五色は、「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことで、古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表し、短冊や吹き流しに使うことで、魔除けの意味を込めていました。

七夕に食べるもの


あまり知られていませんが、素麺(そうめん)を食べます。これは中国から伝わった伝説にちなんでおり、「索餅(さくべい)という小麦粉でできたお菓子を7月7日に食べると無病息災で過ごせる」ということに由来しています。
索餅は時代とともに、作り方や形を変え「そうめん」へと変化しました。そのため、七夕にはそうめんを食べるようになったと考えられています。

七夕を楽しもう

以上、七夕の由来や飾りの意味、食べるものについてご紹介してきました。知っているようで知らないことも多かったのではないでしょうか。現代の日本では、梅雨と重なるため星空を見られることはあまりありません。雲の向こうにある天の川に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

ケノコトおすすめそうめんレシピ

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

いつもの素麺がカラフルに大満足『彩り5色のそうめんつゆ』

いつもの素麺がカラフルに大満足『彩り5色のそうめんつゆ』

記事 / 葉月 智世

季節を感じ、日々の暮らしを丁寧に過ごすことをモットーにしています。ジャンルにとらわれず、幅広い記事を書いていますが、特に歳時記や行事ごとを無理なく暮らしに取り入れることが得意。

Twitter

おすすめ記事

夏越の祓で半年間の厄落としを

夏越の祓で半年間の厄落としを

エイプリルフールは楽しくなるような冗談を

エイプリルフールは楽しくなるような冗談を

バレンタインのお返しをするホワイトデーはいつからあるの?

バレンタインのお返しをするホワイトデーはいつからあるの?

建国記念の日は日本の成り立ちに関わる祝日

建国記念の日は日本の成り立ちに関わる祝日

二十日正月は正月期間の終わり

二十日正月は正月期間の終わり

冬土用入りで体のメンテナンスを

冬土用入りで体のメンテナンスを

コメント

人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』