知るコト知るコト
食のコト 2021.09.10

お手軽!サイコロステーキのおいしい焼き方は?

目次

お肉好きに人気のステーキですが、その中でもサイコロステーキは比較的安く買うことができるお肉です。そんな一口サイズの食べやすいサイコロステーキには、おいしく食べるための焼き方があるのをご存じでしょうか?

この記事では、手軽にできるサイコロステーキのおいしい焼き方について紹介します。

サイコロステーキ肉のいいところ


サイコロステーキは、1枚型のサーロインステーキ肉よりも安いことが多いですが、安定したおいしさで、一口サイズでナイフとフォークで切る必要がないため、子どもにも食べやすく人気です。ここでは、そんなサイコロステーキ肉のいいところについて紹介します。

調理がしやすい

サイコロステーキ肉は、食べやすい一口サイズに切り分けてあるため、様々な料理に使用することができます。また、フライパンで炒めて塩コショウで味付けをするだけで、サイコロステーキとして完成するため、調理がとてもかんたんで、料理をあまりしない方にも扱いやすい食材といえます。

一般的なステーキ肉より安く手に入る

ステーキを食べたいと思ってスーパーに行っても、サーロインステーキは中々購入することを躊躇する価格のことが多いです。しかし、サイコロステーキは、鶏肉や豚肉と変わらない価格で売っていることが多いため、気軽に買うことができます。

また、価格は安くても味も安定していて、しっかりとステーキの食べ応えを楽しめるため、大人から子どもまで人気のお肉です。

多くのスーパーでも取り扱っている

サイコロステーキは、お肉屋さんに行かなくても多くのスーパーの精肉コーナーに陳列されていることが多く、探すのに苦労しないお肉です。

取り扱っているお店が多いということは、需要があり消費者が手に取りやすいということなので、サイコロステーキ肉は、安いだけでなくいつでも購入することができるお手軽さも特長です。また、生鮮品で販売されていなくても、冷凍されたサイコロステーキを売っていることも多いです。

サイコロステーキ肉には2種類ある

サイコロステーキは、食べやすい一口サイズに切り分けてありますが、実は牛肉をそのままカットした場合とそうでない場合の2種類があります。そのため、サイコロステーキ肉は、「成型肉」と「純粋肉」という2種類に分類されて考えられます。

ここでは、「成型肉」と「純粋肉」について解説します。

成型肉

成型肉は、名前の通り形を整え成型したお肉のことを呼びます。そのままでは、売ることができない骨の周りに付いているクズ肉や内蔵肉を軟化剤でやわらかくして、結着剤で固めてサイコロ状に形を整えて成型肉になります。

最近では、加工技術が進化しているため、人工的に霜降りステーキ肉を成型することもできるようになっています。スーパーなどで成型肉が販売されている場合は、(成型肉)という表示があるため、見分けることが容易です。

純粋肉

これも名前の通りなのですが、純粋肉は食肉加工された牛肉をそのままサイコロの形にカットしたお肉です。成型肉のように人工的に成型しているわけではないため形が不揃いになっていることが特長です。

サイコロ状にカットしてあるだけなので、牛肉そのままの味を堪能できるお肉といえます。また、販売されている価格も、成型肉より純粋肉の方が高価になっています。そのため、スーパーで安く手に入るサイコロステーキは成型肉の場合が多いです。

サイコロステーキの上手な焼き方


サイコロステーキは、スーパーなどで安く手に入れることができる食材です。調理もかんたんにすることができますが、「成型肉」と「純粋肉」では焼き方が大きく違ってきます。ここでは、サイコロステーキの上手な焼き方について紹介します。

成型肉

成型肉は、クズ肉や内臓肉を結着剤で固めて成型しているため、レアやミディアムの状態で食べると食中毒のリスク上がるため、しっかり加熱して調理する必要があります。そのため、竹串などを刺して肉汁が透明になるまで加熱しましょう。

また、成型肉を焼く時に気を付けるべきポイントもあります。

冷凍品は冷蔵庫で解凍し、焼く直前に室温に戻す

市販で売っているサイコロステーキには、冷凍して販売されているものも多いです。そのため冷凍してある場合は、焼く前に冷蔵庫で自然解凍する必要があります。冷蔵庫で解凍できたら焼く前に室温の戻したから焼きましょう。

室温に戻すことで焼き上がり加減が良くなるため、冷蔵庫から取り出して室温に戻して焼きましょう。

油を引かずに焼く

成型肉は肉の脂分が多いため、フライパンに油を引かないで焼きましょう。油を引いて焼いてしまうと脂っこい焼き上がりになるため、おいしくありません。

また、焼いていると成型肉から油がしみ出してくるため、キッチンペーパーで拭き取ります。この油も拭き取らないと油っぽくなってしまうため、必ず拭き取るようにしましょう。

さっぱりしたタレでいただく

油を拭き取りながら焼き上げても、成型肉はやはり油っぽさが残っています。そのため、油っぽさを中和してくれるポン酢や大根おろしなど、さっぱりした味付けと相性がとても良いです。ガーリックソースなどで食べることもできますが、ポン酢や大根おろしなどさっぱりしたタレで食べることをおすすめします。

純粋肉

純粋肉は、成型肉のように人工的に加工されているわけではないため、焼き方はサーロインステーキと同じ焼き方となります。そのため、成型肉のように内蔵部分の肉もないため、レアやミディアムなど好みに合った焼き方が可能です。

しかし、焼き方で純粋肉のおいしさも大きく変わってくるため、おいしく焼くためのポイントをしっかり抑えておきましょう。

焼く前に室温に戻しておく

冷蔵庫から取り出してからすぐに焼くのではなく、1時間ほど室温に戻してから焼きましょう。これは、ステーキは厚みがあり、低温状態だと火の通りが悪くなり外は焼けていても中心部は加熱できていないということがあるため、室温に戻すことで焼き加減を調整しやすくなるためです。

一枚肉を加工する場合は肉の厚さと大きさを同じにする

1枚肉を加工してサイコロステーキにする場合は、肉を叩いて肉の厚さを同じにしたら食べやすい大きさにカットして、大きさを揃えてカットします。同じサイズにカットすることにより、火の通りを均一にして焼き上げることができるため、できるだけ揃えてカットします。

酵素の力を使ってお肉を柔らかくする

純粋肉は、そのまま焼き上げてもおいしく食べることができますが、すりおろした玉ねぎを30分ほどつけておくとより柔らかく焼き上げることができます。玉ねぎには酵素が含まれていて、玉ねぎに含まれている酵素がお肉を柔らかくする働きをします。

焼く直前に下味をつける

ステーキの下味は塩コショウでつけることが多いですが、下味をつけるタイミングは焼く前が一番適しています。その理由は、早く下味をつけてしまうと塩が肉のうま味と水分が出てしまい、パサつく原因になってしまいます。

そのため、肉のうま味を閉じ込め身が引き締まった状態で焼くには、焼く直前に下味をつけることがベストです。

サイコロステーキの焼き加減


ステーキには人それぞれ好みの焼き加減があり、好みの焼き加減で食べることが多いのではないでしょうか?しかし、成型肉と純粋肉では、おいしく食べることができる焼き加減は同じではありません。ここでは、成型肉と純粋肉それぞれの焼き加減について紹介します。

成型肉は中までよく火を通す

牛肉は多少生焼けで食べても問題ないと思われがちですが、それは純粋肉を焼いたときの場合です。成型肉は、純粋肉と異なりクズ肉や内臓肉など様々な部位を集めて形を整えているため、中までしっかり火を通しておかないと食中毒のリスクが高くなります。

竹串を刺して火のとおり具合を確認

成型肉は、中までしっかり火を通さなければいけませんが、サイコロの形で厚みがあるため見た目で判断すると、表面が焼けていても中心部分まで火が通っているか分かりづらいです。そのため、竹串などで刺して肉汁が透明になるまで火を通しましょう。

加熱が不十分な場合

しっかり火を通したつもりでも、加熱が不十分の場合もあります。加熱具合が足りない場合は、フライパンで再加熱するか、耐熱皿にラップをしてレンジで加熱すると蒸らすことができ、中までしっかり火を通すことができます。

純粋肉は好みの焼き加減で

純粋肉は、成型肉のように様々な部位を集めた訳ではないため、食中毒のリスクが低く生焼けでも食べることができます。

純粋肉の焼き方には、「レア」・「ミディアム・レア」・「ウェルダン」などの焼き加減があり、同じお肉を焼いても焼き加減で味わいが大きく変わるため、自分が好きな焼き加減を選ぶことができます。

レア

レアは、表面だけを強火で焼いたもので、中は赤色がしっかり残っていて、ほとんど生の状態で食べる焼き方です。生に近いため、肉汁が多くてやわらかくなっています。レアの焼き方は、強火で1面を30秒ずつ焼きます。

ミディアム・レア

ミディアム・レアは、レアよりも火が通っている焼き方で、中は温かくなっていますがお肉の半分ほどは赤みが残っている焼き方です。

レアよりも加熱していますが、肉汁は残っていてやわらかく食べることができます。ミディアム・レアは、1面をレアの焼き時間よりも少し長めの45秒ずつ焼いていきます。

ウェルダン

ウェルダンは、肉の中心まで赤みが残らないようにしっかり焼き上げる焼き方で、成型肉と同じ焼き方と同じです。

しっかり焼いているため、弾力が固くなって歯ごたえがあり生で食べることが苦手な方におすすめの焼き方です。ウェルダンは、しっかり焼くため竹串を刺して肉汁が透明になるまで焼きましょう。

サイコロステーキをもっとおいしく食べるコツ


サイコロステーキをおいしく食べるためには、下ごしらえや焼き方も重要ですが、それ以外にもサイコロステーキのおいしさをより引き立たせることができる方法があります。ここでは、サイコロステーキをもっとおいしく食べるためのコツについて紹介します。

器を温めておく

家庭でサイコロステーキを食べるときには、お皿に盛り付けて食べることが多いですが、レストランやステーキ専門店では鉄板に載せている状態のアツアツで提供されます。

お肉は、アツアツのほうがおいしく食べることができるため、鉄板は用意できなくても盛り付けるお皿を湯煎して温めておくことで、肉の熱を逃さず食べることができます。

付け合せを添えて

サイコロステーキは、食事のメインになることが多いですが、お皿の上にサイコロステーキだけ載せたのでは栄養的にも、見た目的にも彩りが良くないです。

そのため、サイコロステーキの味をより引き立たせて、彩りが良く栄養も摂取できるように、トマトやキュウリなどの生野菜や加熱したポテトやニンジンなどを付け合せとして添えましょう。

赤ワインと一緒に

サイコロステーキを赤ワインを飲みながら食べることにより、肉の油っぽさをさっぱりさせてくれて、お肉の味をよりおいしく引き立たせてくれるため、とても相性が良い組み合わせです。

また、赤ワインはサイコロステーキを加熱するときに利用することで、脂っぽさを消してくれるだけでなく、お肉のうま味や甘味を引き出してくれます。

サラダなどアレンジレシピで

サイコロステーキは、焼くだけでなく他の食材とアレンジして調理することで、また違ったおいしさを引き出すことができます。例えばサイコロステーキをサラダに使用することで、さっぱりしていながらも食べ応えがある一品にすることができます。

他にも、ビーフシチューなどの煮込み料理に使用してもおいしく食べることができます。

まとめ

サイコロステーキをおいしく食べるには、いいお肉を買うことも大切ですが、焼き方次第で味わいが大きく変わります。

そのため、安価なお肉でもポイントを抑えて調理すればおいしく食べることができます。大切なことは、ポイントをしっかり抑えて、購入したサイコロステーキ肉に合った焼き方で調理することです。

簡単節約レシピの味方!じゃがいもの上手な保存方法とは?

簡単節約レシピの味方!じゃがいもの上手な保存方法とは?

大量消費レシピの味方!キャベツの上手な保存方法とは?

大量消費レシピの味方!キャベツの上手な保存方法とは?

肉ばかりの食卓にさよなら『野菜が美味しい暮らしのススメ』

肉ばかりの食卓にさよなら『野菜が美味しい暮らしのススメ』

秋の味覚を美味しく楽しむ『秋に食べたい食材と料理のコツ』

秋の味覚を美味しく楽しむ『秋に食べたい食材と料理のコツ』

簡単節約レシピの味方!人参の上手な保存方法とは?

簡単節約レシピの味方!人参の上手な保存方法とは?

コメント

人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介