知るコト知るコト
食のコト 2021.09.10

肉の美味しさを保つ正しい冷凍保存方法 賞味期限は?

目次

豚肉は、お手頃価格で手に入りいろいろなレシピで使いやすい食材です。いつでもストックしておきたいところですが、「冷凍するとあまり美味しくない」という悩みも聞こえてきます。豚肉の美味しさを保つ冷凍保存方法や賞味期限を確認しておきましょう。

豚肉を冷凍するメリット


生の豚肉を買ってきて、家庭で冷凍する人も多いようですが、店頭では、冷凍された状態で売られているものを見かけたことがある人もあるでしょう。豚肉を冷凍するメリットはどういったことがあるのでしょうか。

長期保存可能

一般的に、生の状態で売られている豚肉の消費期限は1~3日で設定されていることがほとんどです。特に、ひき肉はできるだけ早いうちに調理することが推奨されています。
冷凍保存を活用すれば、2~4週間の保存が可能で、生のままよりも長い期間をかけて活用することができます。豚肉はどの部位でもどんなカットの仕方でも冷凍が可能ですので、買ってきた日に使わない場合や、特売日に大量に購入した場合などには積極的に冷凍保存を活用しましょう。こまめに買い物に出られない人も、冷凍で長期保存が可能な豚肉であれば安心してチョイスできますね。

調理時間の短縮(下味冷凍もおすすめ)

豚肉を冷凍する際に下処理をしておけば、解凍後に簡単に使えて調理時間の短縮にもつながります。かたまり肉は使いやすい大きさにカットしたり、大きなパック入りのものは一回に使いやすウイ分量に小分けしたりするとよいでしょう。
また、生の状態であらかじめ下味をつけておいてから冷凍する「下味冷凍」もおすすめです。好みの味付けのたれに漬けたり、あらかじめ衣づけしておいたりすることで、解凍後の処理の必要がなくなります。仕上げ調理は食べるときに行いますので、作り置き料理よりもできたでを楽しめる点もポイントです。
大量にまとめて食材を用意し、さまざまなバリエーションで下味冷凍しておけば、日々の献立に悩む時間も減る上に、自炊率も上がるかもしれません。調理時間の短縮だけでなく、家計の節約まで期待できますね。

豚肉の種類別の冷凍保存のポイント


店頭には厚さや状態、部位が異なるさまざまな豚肉が並んでいますが、どれもトレイに乗せられパッキングされていることがほとんどです。
どの種類でも共通していえることは、「買ってきたパックのままで冷凍するのは厳禁」ということでしょう。解凍後の使い勝手が悪いことはもちろんですが、衛生面からおすすめできません。
豚肉は、パックで売られている状態ではドリップ(水分)が出やすい食材です。ドリップを吸収するためのシートが敷かれていることも多く、そのまま冷凍してしまうと細菌が繁殖したり臭みが出たりする原因にもなります。
また、豚肉の種類によっておすすめの冷凍保存方法も異なりますので、冷凍前にはパックから取り出し、適切にした処理してから冷凍するようにしましょう。

こま切れ・薄切り肉の冷凍

レシピのバリエーションが豊富で、使用頻度の高いこま切れ肉や薄切り肉は、1回分ずつの分量に小分けしておくと使い勝手が上がります。1回分は80gが目安です。お弁当のおかずにも重宝するため、お弁当用にさらに少な目のものも作っておくと便利ですね。
こま切れ・薄切り肉の冷凍ポイントは、「重なりすぎないように少しずつずらしてラップする」ことです。
まずは肉の表面についているドリップをキッチンペーパーなどでふき取り、ラップに1回分ずつ小分けにします。手で直接触れてしまうと肉に細菌がついてしまいますので、手袋をするかトングなどを使うとやりやすいでしょう。小分けにできたら、なるべく重ならないように肉を薄く広げてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて空気を抜きながら口を閉じます。
アルミやステンレスのトレイに寝かせて冷凍庫に入れれば、急速冷凍が可能です。

厚切り肉の冷凍

とんかつやポークソテーにぴったりの厚切り肉は、1枚ずつぴったりとラップで包んでおくと必要なときに必要な枚数だけ使えます。冷凍前に筋切りなどの下処理を済ませておくとよいでしょう。下処理の際にも直接手で肉に触れないように注意することを忘れないようにしてくださいね。
下処理を済ませた肉のドリップをふき取り、一枚ずつラップでぴったりと包みます。なるべく空気が入らないようにするのがポイントでしょう。
ラップで包んだら冷凍用保存袋に入れますが、枚数が多くて重なってしまうような場合には袋を小分けにするのがおすすめです。アルミやステンレストレイで急速冷凍をする際、肉同士が重なっていると冷凍速度にムラが出てしまうためです。

かたまり肉の冷凍

かたまり肉は、用途に合わせて使いやすい大きさにカットしてから冷凍するのがおすすめです。冷凍した肉は、一度解凍すると水分や旨味が流れ出てしまうため、再冷凍には向きません。一度に解凍する大きさにあらかじめカットしておくと使い勝手もよく、再冷凍の必要もありません。ゆで豚やチャーシューなどのように大きい形のまま調理する予定であれば、かたまりのまま冷凍しても大丈夫です。
かたまりのまま冷凍する場合には、表面のドリップをしっかりふき取り、ぴったりとラップで包みます。その上からさらに熱伝導率の高いアルミホイルを巻いておくと、より大きいままでも比較的急速に冷凍できるでしょう。
使いやすい大きさにカットしたものは、ドリップをふき取って1回分ずつ小分けにしてラップで包みます。
それぞれ冷凍用保存袋に入れて空気を抜きながら口を閉じ、急速冷凍を行います。
かたまり肉の場合、下ゆでしてから冷凍したい場合もあるでしょう。下ゆで後の冷凍も可能です。しっかりと粗熱をとり、水分をふきとってから上記の手順で冷凍しましょう。

ひき肉の冷凍

生の状態では傷みやすいひき肉は、帰宅後すぐにでも冷凍しておくと長く使えて便利です。1回分ずつ小分けにして冷凍する方法もありますが、なるべく空気に触れさせない処理工程と手早く処理できる方法が理想的でしょう。
おすすめは、ステンレス製のバットにラップを広げておき、パックからそのままラップの上に移して処理する方法です。ドリップをふき取り、全体をラップで包んでから、均等に平らに薄く広げます。好みの大きさに分かれるように菜箸を押しつけて跡をつけておくと、使いたいときに使いたい分だけ、凍ったままポキッと折って取り出すことが可能です。
菜箸で折り目をつけたら、冷凍用保存袋に入れて空気を抜いて急速冷凍しましょう。

下味をつけて冷凍する場合

生の豚肉に好みの調味料で下味をつけてから冷凍する下味冷凍は、調理の時間短縮になるばかりでなく、
・冷凍することで味がしっかり染み込む
・調味料で冷凍焼けや酸化を防ぐことができ、肉の劣化を防ぐことができる
などのメリットがあります。また、生のまま冷凍したものより長く冷凍保存できるのもうれしいポイントでしょう。
カットした野菜を一緒に入れて冷凍することも可能です。肉をやわらかくする効果のある玉ねぎは特におすすめで、豚肉とも相性のいい野菜だといえるでしょう。
冷凍用保存袋に、ドリップをふき取った肉と好みの調味料を入れてしっかりと空気を抜いて急速冷凍するだけです。野菜を入れたい場合も調味料と一緒に袋に入れるだけで大丈夫です。
最近は、手軽さと調理の時短が叶うことから下味冷凍の人気が広まってきています。レシピもたくさん紹介されていますので、参考にしていろいろな料理に挑戦してみるのも楽しいですね。

美味しさを守る豚肉の解凍方法


冷凍した美味しさを守るためには、正しい方法で解凍することが大切です。冷凍ではなるべく急速に冷凍することが重要でしたが、解凍では「なるべくゆっくり穏やかに元の温度に戻すこと」がポイントです。
また、完全に解凍してしまうよりは、半解凍がおすすめです。ドリップが出にくく、旨味を肉の内部に閉じ込めやすいことに加えて、包丁が入りやすく扱いやすいというメリットもあります。指で肉に軽く押してみたときに、「外側は解凍できていているけど中はまだ少し凍っていそう」という状態が半解凍の目安です。

基本的には冷蔵庫で自然解凍することをオススメ

最もおすすめの解凍方法は、冷蔵庫で自然解凍することです。低温の冷蔵庫で時間をかけて元の温度に戻していくためドリップが発生しにくく、美味しさを保つことが可能です。
解凍時間を逆算して冷蔵庫に移すだけ、という簡単で手間がかからない点も魅力的です。解凍時間の目安は、肉の種類によって異なります。こま切れや薄切り肉であれば80gにつき約4時間、厚切り肉やかたまり肉になると6~10時間ほどかかるため、調理の前日に冷蔵庫に移しておくとよいでしょう。

鮮度を守る氷水解凍がオススメ

前日に冷蔵庫に移し忘れた場合や急に使うことになった場合には、氷水解凍がおすすめです。
氷水解凍は、鮮度が命である刺身の解凍でも使われる方法で、氷で低水温をキープしながら短時間で解凍するものです。
大きめのボウルなどに氷水を張り、保存袋のまま凍った肉を浸けます。念のため、さらに袋を重ねて二重にしておくと浸水の心配もありません。15℃を超えると細菌の繁殖が始まるため、様子をみながら氷を足して低温を保ちましょう。
冷蔵庫での自然解凍よりは手間がかかりますが、解凍時間は1時間半~3時間ほどに短縮できます。

電子レンジ 解凍は最終手段

すぐにでも使いたいときには、電子レンジの解凍機能を思いつく人もいるでしょう。最近の電子レンジは機能が向上しているとはいえ、加熱のムラができやすく、コツをつかむまで上手に解凍するのが難しい方法です。温度変化も急激で激しいため、ドリップが発生して水分や旨味も抜けやすい点からも、豚肉の解凍にはあまり向いていないといえるでしょう。
電子レンジでの解凍はどうしてもという場合のみにとどめておくことをおすすめします。

豚肉の保存期間

家庭での冷凍では、冷凍庫の開け閉めにより中の温度が変化するため、開閉頻度によっても保存期間は左右されます。ここでは、一般的な家庭での保存期間を紹介しますので、頻繁に開閉する場合には少し早めに使い切るようにしてくださいね。

ひき肉の保存期間

ひき肉は断面が多く空気に触れている面積が広いため、生の状態でも保存がききにくい種類です。冷凍した場合でも、他の肉に比べると保存期間が短くなってしまいます。
生のままでひき肉を冷凍した場合では、2週間を目安に使い切りましょう。そぼろにするなど加熱してから冷凍した場合には、3~4週間ほど冷凍保存が可能ですが、早めに使い切ったほうが安心です。
ひき肉は生でも冷凍でも早めに消費、と覚えておくようにしましょう。

スライス・ブロック/未加工

未加工には、生のまま冷凍した場合や、野菜を生肉で巻いたものを冷凍した場合も含まれます。
先ほどひき肉のところでも少しふれましたが、基本的に空気に触れる面積が大きいほど、保存期間は短くなります。つまり、肉のカットが小さくなるほど消費期限が短いということです。保存の下処理の面からも、カットが大きいものほどぴったりとラップで包むことが可能なことから、小さいカットの肉では密封保存にも不安が残るのです。
こま切れ肉や薄切り肉、厚切り肉やかたまり肉を小分けにしたものの場合で2~3週間、とんかつやステーキ用の大きい厚切り肉やかたまりのままの肉の場合で3~4週間が目安です。
あくまでも目安ですので、早めに使い切るように心掛けてくださいね。

スライス・ブロック/加工


加工したものには、下味をつけて冷凍したものや、加熱処理を施してから冷凍したものが該当します。
加工すると保存期間が延びるのは事実ですが、既製の加工肉に比べると短く、目安は3~4週間と未加工の大きな肉とは差がありません。加工したからと安心せず、1ヵ月以内には使い切るようにしましょう。
また、水分が多い野菜と一緒に冷凍した場合には、時間が経つほど野菜の食感が悪くなってしまう場合もあるようです。一緒に加工した食材にも気を配りながら、消費する順番を考えて献立を立てていくとよいかもしれませんね。

豚肉のアレンジレシピ(ケノコト既存レシピから5つ)

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

すっきり爽やか香味野菜と豚肉で元気回復!『香味野菜の冷豚しゃぶ』

すっきり爽やか香味野菜と豚肉で元気回復!『香味野菜の冷豚しゃぶ』

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

オリジナル和風デミでシンプルな素材がグンとお洒落に!『豚肉と新たまと新じゃがのレンジ煮』

オリジナル和風デミでシンプルな素材がグンとお洒落に!『豚肉と新たまと新じゃがのレンジ煮』

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

まとめ

大きなパックがお買い得価格で売られていることも多い豚肉は、上手に冷凍して長く保存しながら使えると便利でしょう。小分けにしたり、下味をつけたりするなどのちょっとした手間と工夫を加えることで、より使い勝手が上がったり、調理の時間短縮も実現できたりするのも魅力的です。
冷凍保存や解凍の上手なテクニックを身につければ、長く美味しく豚肉レシピを楽しめるばかりでなく、家計も助かります。好みやライフスタイルに合わせて、積極的に豚肉の冷凍を利用してみてはいかがでしょうか。

その他おすすめ記事

春の定番野菜!ニラの上手な保存方法とは?

春の定番野菜!ニラの上手な保存方法とは?

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

ほかほかごはんと箸が止まらない!『豚肉とごぼうとうどの甘辛炒め』

ほかほかごはんと箸が止まらない!『豚肉とごぼうとうどの甘辛炒め』

大量消費レシピの味方!大根の上手な保存方法とは?

大量消費レシピの味方!大根の上手な保存方法とは?

簡単節約レシピの味方!もやしの上手な保存方法とは?

簡単節約レシピの味方!もやしの上手な保存方法とは?

コメント

人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介