知るコト知るコト
家のコト 2022.01.01

地方やおうちによって全く違う『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

お正月には新年必ず食べると言ってもいいお雑煮。
みなさんのご家庭ではどんな味付けで食べていますか?

今日はお雑煮のお話しを少しだけ・・・

お雑煮の由来とは?ー『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

新年の豊作や家内安全の願いを込めて
お雑煮にはお餅がつきもの。
お餅は昔から日本人にとってお祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物でした。今ではごく当たり前になっていますが、昔は高級品にあたり、お米と同じくとても高価なものでした。

新年を迎えるにあたり、お餅をついて他の産物とともに歳神様にお供えをしていました。
元日に、お供えを“お下がり”として頂くのがお雑煮です。
お雑煮を食べる際には、旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。正月三が日の祝い膳には欠くことのできない料理。
雑煮の語源は「煮雑〔にまぜ〕」で、いろいろな具材を煮合わせたことからきているそうです。

お雑煮はいつから食べられていたの?ー『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

お雑煮の歴史は古く、室町時代頃にまで遡ります。
当時の武士の宴会では必ず一番初めに酒の肴〔さかな〕としてお雑煮が振舞われていました。お雑煮は宴の一番最初に食べる縁起のよい料理で、お雑煮を食べなければ宴が始まらないとされていたようです。この習わしをもとに、一年の始まりである元日にお雑煮を食べるようになったと言われています。

当時、お餅の原料である米は高価なものであったため、一般庶民のお雑煮にはお餅の代わりに里芋が入っていたようです。
江戸時代に入り、一般庶民でも簡単に手に入るようになり、北海道や沖縄を除いて全国的にお雑煮で正月を祝うようになりました。味噌味としょうゆ味、丸餅と角餅などの東西のお雑煮の違いは、江戸時代からすでにあったと考えられています。

ちなみに、沖縄には今も雑煮文化はありません。

東西でのお雑煮の違いー『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

日本全国、お雑煮の形は様々で、お餅の形から入れる具材まで多種多様です。

お餅について

関西地方では丸餅、寒冷地や東京(江戸)周辺は角餅を使う傾向があります。

江戸には人口が集中しており、そのためひとつずつ手で丸める丸餅より、手っ取り早く数多く作れる角餅が使われたと考えられています。
一方関西では 昔から「円満」の意味を持つ縁起ものの丸餅が使われていました。
関ヶ原の合戦の影響で、岐阜県関ヶ原を境に西日本が丸餅で東日本が角餅に分れたという説もあります。

汁の味付けについて

関西地方のお雑煮は白味噌仕立てです。東日本と、近畿を除く西日本では圧倒的にすまし汁仕立てが多いですね。
出雲地方や能登半島の一部などでは、小豆〔あずき〕汁のお雑煮を食べる地域もあります。

具材について

具材はその土地の産物が入ります。ダイコン、ニンジン、ネギなどの野菜に加えて、例えば東北なら山菜やキノコ、新潟ならサケやイクラ、千葉なら海苔、島根ならハマグリ、広島なら牡蠣などです。
山村なら山の幸、漁村なら海の幸が盛り込まれますが、逆に山間部などでは普段手に入りにくい塩ブリなどをお正月ならではのごちそうとしてお雑煮に入れることも多いようです。

日本各地の珍しいお雑煮ー『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

全国にある珍しいお雑煮をすこしだけご紹介します。

●岩手県

しょうゆ味の汁に焼いた角餅を入れたお雑煮です。お雑煮に入っているお餅は、クルミを擦ったものに砂糖やしょうゆで味付けした甘いタレにつけて食べます。

img

●香川県

白味噌仕立ての汁にあんころ餅を入れたお雑煮です。ダイコン・ニンジン・サトイモ・青菜など具は家庭によっても色々です。

●徳島県

いりこだしでしょうゆ味の汁に、具は豆腐と里芋だけ。餅のないシンプルなお雑煮です。

●奈良県

味噌仕立てのお雑煮には、四角く切った豆腐とコンニャク、輪切りにした野菜と丸餅が入ります。お雑煮に入っているお餅は甘いきな粉をつけて食べます。黄色のきな粉には“豊作になるように”という願いがこめられているそうです。

907121ff218606633242abc6add32b9e

地域によって味も具材も様々。我が家の定番の味を食べるとほっとしますね^^
来年はどんなお雑煮を食べようか考えるのも楽しいかもしれません。
新年の豊作や家内安全の願いを込めて。

文/株式会社mannaka

その他のおすすめ記事

餅つき・お飾り・書き初め『日本のお正月を満喫しよう!』

餅つき・お飾り・書き初め『日本のお正月を満喫しよう!』

お肌を守り潤いを与える『美肌効果の玄米餅のコト』

お肌を守り潤いを与える『美肌効果の玄米餅のコト』

たっぷり胡麻で見た目をごまかせる?!『混ぜて焼くだけ 松風焼き』

たっぷり胡麻で見た目をごまかせる?!『混ぜて焼くだけ 松風焼き』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2022.05.23

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

編集部おすすめ記事

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

2022.06.27

実山椒オイルのアレンジレシピ『山椒とツナのタプナード』

2022.06.25

暑い季節にぴったり!『新じゃがの地中海サラダ』

2022.06.19

旬の魚を食べよう!『真いわしの金胡麻まぶし』

2022.06.18

家にあるものでできる!鯖缶で『簡単鯖そぼろ』

2022.06.17

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2022.06.05

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2022.05.28

夏を先取り!『フルーツトマトとチーズのパスタ』

2022.05.24

さっぱり!香りを存分に味わえる『ニラぬた』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ