得するコト得するコト
まめ知識 2016.01.07

五節句のひとつ 七草がゆを食べる「人日の節句」とは?

七草がゆを食べる日として有名な「人日(じんじつ)の節句」は、五節句のひとつ。
“春の七草”といって、七草がゆを食べる1月7日のことをいいます。

五節句とは?

一年に5回ある季節の節目の日(節日)のことで、
1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)を指していいます。
なかでも1月7日は、人を大切にするという意味の「人日」という節句でした。

ちなみに、中国では前漢時代に、元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀といい、それぞれを占って新年の運勢を見ると共に、占いの対象となるものを大切に扱ってきたそうです。

古来日本には、雪の間から芽を出した若菜を摘む「若菜摘み」という風習がありましたが、唐の時代には、人日の日に七種類の野菜を入れた汁物「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈っていました。
平安時代に入ると中国の風習や行事が多く日本に伝わり、これまでの「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって、「七草がゆ」が食べられるようになったといわれています。

そして、江戸時代には幕府が「人日の日」を「人日の節句」として五節句のひとつと定めます。
これによって、「1月7日に七草がゆを食べる」という風習が民衆に広がり、定着したとされています。

“春の七草”の意味と効果

●芹(せり)=「競り勝つ」
解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など様々な効果があります。

●薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」
別名をぺんぺん草といいます。
利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

●御形(ごぎょう)=「仏体」
母子草(ハハコグサ)のことです。
痰や咳に効果があり、のどの痛みもやわらげてくれます。

●繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
はこべとも呼ばれます。
昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。歯槽膿漏にも効果があるとされています。

●仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指します。
胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

●菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」
蕪(かぶ)のことです。
胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかすにも効果があります。

●蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
大根のことです。
風邪の予防や美肌効果に優れています。
※七草がゆには、菘(すずな)と蘿蔔(すずしろ)は葉の部分を、薺(なずな)は花芽をもつ前の若芽を利用します。

私たちの身体にたくさんの良い効果をもたらしてくれる七草。七草がゆは、食べたり飲んだりで疲れているお正月明けの胃腸にもやさしい食べものです。
古来から伝わる七草がゆ、ぜひレシピを見ながら作ってみて下さいね。
【七草がゆレシピはこちら】

文/株式会社mannaka
株式会社mannakaホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

2021.02.16

チーズの美味しさを存分に味わおう!日持ちする材料だけで作る『パルミジャーノスパゲッティ』

編集部おすすめ記事

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

2021.02.19

【七十二侯のコト】第四侯「土脉潤起」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』