知るコト知るコト
食のコト 2021.10.22

秋の味覚「さんま」をもっとおいしく!さんまを塩焼きで味わおう

さんまがスーパーに並び始めると秋の訪れを感じませんか?さんまはそのおいしさ、そして手頃な値段で、日本人の秋の食卓には欠かせない魚として親しまれています。今回はさんまの選び方、そして臭みがなく、見た目もきれいに焼きあがる、さんまの塩焼きをご紹介します。

さんまは丸ごと食べることができる!


さんまには胃がないため、排泄物が体内に溜まらず、内臓が傷みにくいという特性があります。そのため、魚は内臓は捨ててから調理することが多いですが、さんまは内臓部分を捨てずに丸ごと食べることができます。内臓部分には鉄やミネラルが豊富に含まれていますので、さんまは内臓部分も含めて丸ごと食べたいものです。

太っているさんまはおいしい!

さんまを購入する際は、ふっくらとして肥えているさんまを選ぶようにしましょう。痩せているさんまよりも多くのEPA・DHAが含まれています。
肩の部分から背びれにかけての肉が盛り上がっていて、厚みがあるものが、よりおいしいさんまです。また、黒目の周りが濁っていないもの、くちばし部分は黄色やオレンジ色をしているもの、肛門部分が開いていないものが、より新鮮な証です。

さんまを買ってきたその日のうちに調理しない場合は冷凍保存をしましょう。冷凍保存する際は菌の繁殖を防ぐためワタを取り除き、しっかり洗い流してから保存袋に入れて冷凍するようしてください。

臭みのない、見た目もキレイなさんまの塩焼き

さんまの食べ方の定番といえば塩焼き。臭みが少なく、見た目もきれいに仕上がる、さんま塩焼きをご紹介します。

1.さんまに包丁で切り込みを入れる。
さんまに切り込みが入っていると火の入りがよくなります。また食べる時に皮だけ剥がれてしまうことを防ぎ、皮と身を一緒に食べることができます。

2.塩を振る。
さんま全体に塩をふり、15分程度置いてから水気を切るようにしましょう。こうすることで臭みを軽減することができます。

3.焼く。

魚焼きグリルで焼く場合は網に油を塗り、網を温めてからさんまを置いて焼きましょう。
フライパンで焼く場合はフライパンに油を入れてからさんまを並べ入れ、加熱するようにしてください。

少し手間はかかりますが、この手順を踏むことで臭みのなく、見た目もキレイなさんまの塩焼きを作ることができます。

今年は秋の味覚「さんま」を塩焼きをおいしくいただきましょう。

レシピ/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「サンマ」を使ったレシピまとめ

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「サンマ」を使ったレシピまとめ

ごはんが進みすぎる!『秋刀魚の三升漬け焼き』

ごはんが進みすぎる!『秋刀魚の三升漬け焼き』

秋の味覚の代表『さんま』古くから親しまれてきた魚〜長月の暮らし〜

秋の味覚の代表『さんま』古くから親しまれてきた魚〜長月の暮らし〜

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

サンマの美味しい時季がやってきた!定番の『サンマの塩焼き』の身体も喜ぶ食べ方

サンマの美味しい時季がやってきた!定番の『サンマの塩焼き』の身体も喜ぶ食べ方

コメント

人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介