知るコト知るコト
食のコト 2021.11.08

栄養たっぷり!カリフラワーをふっくらおいしく茹で上げよう

真っ白で、コロッとしたフォルムがかわいらしいカリフラワーは冬に旬の季節を迎えます。ブロッコリーと比べると身近な野菜ではないかもしれませんが、カリフラワーには栄養がたっぷり!今回はカリフラワーの洗い方、ふっくら仕上げるための下茹で方法をご紹介します。

カリフラワーの栄養


カリフラワーの特筆すべき栄養は疲労回復や美肌作りに効果があるといわれるビタミンCで、加熱しても損失が少ないという嬉しい特徴があります。またイソチオシアネートという免疫機能を高め、ガンの発生を抑える効果があると言われている成分も含まれています。

カリフラワーの選び方と保存方法

カリフラワーはつぼみが真っ白で、粒がぎっしりと隙間なく詰まっているもの、こんもりと丸くなっているものを選びましょう。また持ったときにずっしりと重みのあるものが、おいしいカリフラワーの証です。
カリフラワーはラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。あまり日持ちはせず、時間がたつと白い部分から汚れてきますので、すぐに使わない場合は固めに茹で上げ、冷凍保存するようにしましょう。

カリフラワーの洗い方


カリフラワーはつぼみの間の部分に汚れがたまりやすいので、流水で流すのではなく、水に浸して洗うようにしましょう。

カリフラワーの洗い方

1.ボウルにたっぷりの水を溜める。
2.カリフラワーのつぼみ部分を下にし、①に入れて水の中でふり洗いをする。

カリフラワーをカットしてから洗うこともできますが、つぼみがぽろぽろ落ちやすいので、力を入れ過ぎないよう注意しましょう。

カリフラワーの下茹で方法


カリフラワーを茹でる際には小麦粉をプラスするのがおすすめです。お湯に小麦粉を入れることでお湯の沸点が上がり、短時間で茹でることができますよ。さらにカリフラワーの表面をコーティングすることで旨味が凝縮され、おいしく茹で上がります。

カリフラワーの下茹で方法

1.カリフラワーを子房に分ける。
2.鍋に湯を沸かし、小麦粉小さじ1と同量の水で溶いたもの、塩小さじ1を加える。
3・②に①を入れ2分~3分程度加熱し、ザルに上げてそのまま冷ます。

小麦粉を入れると吹きこぼれやすくなるので、注意してくださいね。

今年の冬は栄養たっぷりのカリフラワーをふっくら茹で上げ、おいしくたっぷりいただきましょう。

レシピ/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

知っておきたい豆知識『美味しい&栄養たっぷり!【種類別】野菜の正しい調理方法』

知っておきたい豆知識『美味しい&栄養たっぷり!【種類別】野菜の正しい調理方法』

夏にぴったり!『知って得するレモンの成分と保存方法』

夏にぴったり!『知って得するレモンの成分と保存方法』

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

コメント

人気の記事

2021.12.09

旬の春菊をたっぷり味わう『春菊パスタ』

2021.12.08

発酵調味料でコンソメ要らず『かぼちゃの濃厚スープ』

2021.11.30

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』11月号

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

2021.11.27

朝ごはんにもおすすめ!子どもも大好き!『もっちりじゃがいも餅』

2021.11.27

寒い朝にはおすすめ『きのこの豆乳ポタージュ』でほっこり

2021.11.26

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2021.11.25

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.11.23

編集部が選んだ にんじんを使ったお役立ちレシピ集

2021.11.22

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2021.12.09

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

2021.12.09

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』10月号

2021.12.07

はじめてのナチュラルフード『大豆で整える』

2021.12.06

自家製「オーツミルク」でおうちカフェを楽しもう。

2021.12.05

エシャロットとにんにく香る『ベビーホタテのバジルバター焼き』

2021.12.04

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2021.11.29

もちもち食感がクセになる!『れんこんと鶏ひき肉の蒸し物』

2021.11.29

粕床アレンジレシピ2『真鱈の粕焼き』

2021.11.28

冬の一品作り置き『辛みそネギ味玉』

2021.11.28

ジューシーさを丸ごと♪『チンゲン菜の海老プリボート』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.01.02

冬限定の調味料『ゆず塩麹』つくりませんか?

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2021.06.13

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介