知るコト知るコト
知るコト 2021.12.15

グルテンフリーの効果を徹底解説!基礎知識から実践方法をご紹介!

近年、ダイエットや美容にいいとグルテンフリーに注目が集まりつつある中、一方でネットや本で入手する情報はなのか、あるいは実践してみたけどあまり効果を得られなかったというような声も見かけることがあります。

またグルテンフリーはやりすぎると体に良くないという話もあるので、正しい基礎知識と実践方法を知ることが重要です。この記事では、気になるグルテンフリーの効果と知っておきたい情報をご紹介します。

そもそもグルテンとは?


グルテンはタンパク質の一種です。穀物のタンパク質のうちグリジアンとグリテニンと呼ばれる成分が大半を占めますが、これに水を加えることで結びつき「グルテン」となります。グルテンには粘弾性があり、この性質を利用してパンやケーキ、ピザ、パスタなどが作られています。

グルテンフリーてつまりどういうこと?

グルテンフリーとはグルテンを含まない食品や食材を食べない食生活のことです。元々はグルテンに対してアレルギー症状が出る人たちに対する体質改善が目的の食事療法でした。その後、一般の人々にも広がり、美容や健康に効果があるとグルテンフリーが人気の健康法となりました。

グルテンフリーはグルテン不耐症の人向けの食事法

基本的にグルテンフリーはアレルギーの人向けの食事法です。ダイエットとして実施している人もいると思いますが、グルテンが体に悪影響を及ぼさない方々への効果には体質改善などの効果は期待できないこともあります。グルテンを避ける必要のない人はそこまでこだわる必要はないかもしれません。

グルテンを含む食品


グルテンを含む食事には下記のようなものがあります。

・パン
・グラノーラなどシリアル類
・ケーキ・クッキー
・ラーメン・焼きそば
・うどん・そうめん
・パスタ
・ビザ
・お好み焼き・タコ焼き etc,,,

このように和洋中様々ありますが、グルテンフリー食品には認証マークが貼られていることが多いため、そのマークさえ知ってしまえば見分けるのは簡単です。グルテンが一定以上含まれていないか確認をすることができるマークを「グルテンフリー認証マーク」と呼び、食品の原材料を見る手間を省いてくれます。

グルテンフリー認証機関の一つであるGuluten-Free Certification Organization (GFCO)はアメリカでセリアック病患者とグルテン関連疾患患者の教会により設立された機関で世界中の企業の商品を認証しています。

グルテンフリーによる効果とは?

ここまでグルテンフリーの基礎についてご紹介しリーキーガットと呼ばれるてきましたが、実際にはどんな効果があるのでしょうか?

肌質が改善する

グルテンは腸内環境が著しく悪化したリーキーガットと呼ばれる状態を引き起こすことがあり、悪玉菌が生み出す有害物質によって肌荒れの原因となることがあります。
逆にグルテンを抑えてお米中心の生活にシフトすると、お米に含まれるでんぷんがビフィズス菌など腸内の環境を整える良い菌を増殖を促進し、有害物質の分泌を減少し結果的に美肌に繋がるといわれています。

ニキビやアトピーが改善する

グルテンアレルギーの人の中には、症状が微弱なため不耐性であることに気づかず、グルテンを摂取してしまうということがあります。耐性がない人が大量にグルテンを摂取すると、微弱とはいえどアレルギー反応を起こし、ニキビやアトピーにかかってしまうというわけです。

グルテンフリーにダイエット効果はない

ネットなどでグルテンフリーのダイエット効果に関する記事をよく見かけますが、ほとんど根拠のないものでグルテンフリー自体にそのような効果はありません。ただ、パン類や麺類を摂らないということはハンバーガーやカルボナーラのような高カロリーの食品を摂らないことに繋がるため、結果的にダイエットに繋がるということは考えられます。

グルテンフリーの効果はいつからわかる?


正直なところ、グルテンフリーの効果の大きさは人により、千差万別といったところですが、挑戦したい人はまずは2週間やってみましょう。慣れてきたら3カ月を目標に実行てみましょう。多少の制限はありますが、極端に甘いものが食べられない、炭水化物を入れられないといったことにはなりません。

米粉を使用した商品などもあり、特に現代では様々な技術で代用食品を製造しています。

グルテンフリーの効果は子どもにどう影響する?

グルテンフリーの子どもへの効果はアメリカの研究によって効果があったという報告がされており、65%のGFCF(グルテンフリー・カゼインフリー)や、自閉症に有効という数字があります。

発達障害の子どもは腸内環境が悪いことで知られていますが、実はこれもグルテンが影響しています。腸内環境が悪いと、タンパク質が脳に到達し、

・記憶があいまいになる
・情緒不安定になる
・鬱になる
・興奮しやすくなる

という作用を引き起こすことがあります。

子どもも安心!国産米粉100%のocomejirusiのの米粉パン


 ocomejirusiは新潟米を100%使用したグルテンフリーの米粉パンを販売しています。白砂糖不使用でシンプルな素材にこだわり、子どもから大人まで安心して食べられるパンを作っています。そんなocomejirusiの米粉パンが、今なら50%OFFで購入できちゃいます!!

\誰でも一回50%OFFキャンペーン/
クーポンコード:M5P9R3BU
期間:12/06(月)~12/17(金)
URL:https://ocomejirusi.thebase.in/items/39603769?from=widget

※キャンペーン期間は予告せずに延期する場合がございます。
※送料は割引されませんのでご注意ください
※クーポンのご利用はおひとり様につき一回までとなります

また、ocomejirusiはアンケートキャンペーンも実施しています!
購入後メルマガで送られてくるアンケートに答えるともう一回50%OFFクーポンがもらえるとのこと!この機会をお見逃しなく!

まとめ

この記事ではグルテンフリーの基礎知識から実践方法、得られる効果までご紹介しました。元々の食事法としてのグルテンフリーという点を理解し、過度な制限をかけずに健康的なグルテンフリーを心がけるのがいいかもしれません。

ocomejirusiの米粉パンも50%OFFの今のうちに是非お試しください!

コメント

人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

2022.01.11

お肉なしでも大満足!『ほうれん草と豆腐のオイスターソース炒め』

2022.01.09

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類