知るコト知るコト
知るコト 2016.01.19

毎日当たり前にしがちですが・・・食べることはとても楽しく、尊いコト

「ダイエット」と聞くと、辛くて制限ばかりのような気がしませんか?
だけど、いつもの食べることを少し意識してみるだけでダイエットにも繋がるんです。どうせするなら、楽しみながらダイエットしたいですよね。

ダイエットの為に簡単だけど大切な事

炭水化物を減らしてカロリー制限!
ランニングしようかな?ヨガも良さそうだし・・・
サプリもいろいろあるしどれがいいかな・・・

そんな風に今の生活に何かをプラスで頑張る!
ということを考える方が多いのではないでしょうか?

ダイエットを頑張ろうという意気込みはとても素敵ですが、でもちょっと待ってください。

何かを新しく「始める」前に出来ることがあります。

それは今のライフスタイルの中の太りやすくなる習慣を「やめる」ことです。
「やめる」というと、炭水化物をやめるとか、脂質の摂り過ぎをやめるとか、食事制限をイメージされるかもしれません。

ですがもっとシンプルな「やめる」があります。
それが“早食いをやめる”
つまり、「良くかんで食べましょう」という事です。

なーんだ、そんな当たり前のこと今更言われても・・・と思うかもしれません。
でもなかなか出来ている人が少ないように思います。

oseti

『良くかんで食べなさい』

子供の頃、誰しも注意されたことがあるかと思いますが、大人になるとだれも注意してくれなくなります。
そして当たり前すぎるのか、話題にのぼることもありません。
結果、良いことは知っているけどやっていない状態になってしまいます。

でもこの「良くかんで食べる」がなかなか侮れないんです!

良くかんで食べることで食物が細かくなり、消化されやすくなります。
するとビタミンやミネラルなど代謝に必要な栄養素の吸収が高まり、代謝が高まります。

また、消化酵素の消費が少なくて済むので、代謝に関わる酵素の働きを活発にする事が出来ます。
さらにかむ事で満腹中枢が刺激され満腹感を得やすくなり、食べ過ぎ防止にもなります。

そしてもっと大切なことは、良くかむ事で食べ物の本来の味わいをしっかり感じる事ができるということです。

食べるということは、生きていく上で欠かすことが出来ません。
そして生命をいただいて生命を養う、とても尊い行為なはず。

ですがダイエットを考えるとき、食べる=太ると考えて、食べる事に罪悪感を感じてしまっているのではないでしょうか。

この食に対するネガティブなイメージが「いけないとわかっているけどやめられない」 という過食や偏食に駆り立てるマインドを作ってしまいます。

ふだん仕事や家事・子育てで忙しい方も、試しに一口だけでもいいので良くかんで食べてみてください。
出来れば箸を置いて、目をつむって。
かむ事に意識を集中してみてください。
目安は一口少なくとも30回。

いかがでしょうか。

何気なく食べていた時には感じなかった、食事の味、香り、歯ごたえ・舌触りを しっかり感じる事が出来るはずです。

良くかんで食べ物の恵みをしっかりと味わい、食事を楽しむ事が出来れば、身体が必要とする量とバランスで満足感を得られるように、自然となっていきます。

良くかんで代謝を良く、食事を楽しんで味わう。
まずは日々の食事を文字通り「かみしめる」ことから始めてみませんか?

記事提供

ダイエットの総合情報口コミ・ランキングサイトBe Diet (ビー・ダイエット)
体験者の本音の口コミがたくさん!最も評価の高いダイエット製品をチェック!
bediet

Be Diet内松田惇先生コラム一覧はこちら

ライタープロフィール

養生コンサルタント 松田 惇

matsuda1
薬剤師。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。 薬科大学卒業後、調剤薬局勤務を経て、漢方薬局にて漢方カウンセリングに携わる。その経験の中で、病気を予防し健康に過ごすには、自分の体質を知ること、そして心身ともに自然と調和した生活を送ることが重要であると気づく。また、仕事のストレスで心のバランスを崩した時にアロマオイルに救われ、植物の香りの力の素晴らしさを実感する。それをきっかけにアロマテラピーを独学で学び始め、アロマテラピーインストラクターを取得。
現在は食と香りをテーマに体質に合ったライフスタイル=「養生」を提案するセミナーやカウンセリングを行っている。ふだん食べているもので身体は作られ、豊かな食文化は心と感性を育むという想いから、食育を通して健やかで笑顔あふれる食卓を増やしていくべく日々活動中。
ブログ( http://ameblo.jp/tabelkaor/ )

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

2021.02.20

フライパンだけで仕上げる『簡単!もちもち!大根もち』

2021.02.20

余寒見舞いで気遣いの心を贈りましょう

2021.02.19

今が旬!胃腸を健康に保つ『キャベツをつかった作り置きおかず』

2021.02.19

和食屋のまかないめし『蛤うどん』

2021.02.17

小さくて安いイチゴでも簡単に『イチゴ大福』

編集部おすすめ記事

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

旬の小松菜を味わおう!ナンプラー香る『エスニック風小松菜チャーハン』

2021.02.25

紙コップでつくる『カフェモカ蒸しパン』

2021.02.24

【七十二侯のコト】第五侯「霞始靆」

2021.02.24

主役としていただきたい『パクチーサラダ』

2021.02.22

材料2つでできる!子供が大好き♪裂いて楽しい『さけるチーズ』

2021.02.21

はじめてのナチュラルフード『毎日を丁寧に暮らす』

2021.02.21

春の山菜をたべよう。この時季だけの贅沢『ふき味噌(ふきのとう味噌)』

2021.02.21

カラダが喜ぶ効果がたくさん。だから食べたい『もち麦生活はじめませんか?』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2019.08.16

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2018.04.18

残りご飯でパンづくり!『ひじきとローズマリーの玄米蒸しパン』

2020.01.13

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2016.05.14

1日2食は太るの?痩せるの?『食事回数と肥満の関係性』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』