知るコト知るコト
知るコト 2016.01.21

あなたの骨盤は大丈夫?体バランスの要『骨盤』を知ろう

骨盤を整えることで体に良い変化をもたらしてくれるのです。
骨盤矯正の第一人者『芝崎プロポーション』の芝崎院長先生に「痩せる秘訣」についてお聞きしました。

骨盤のゆがみが代謝や血液の流れ悪くしてしまう

まず「骨盤がどういう役割をしているか」を説明しましょう。骨盤にはいくつか重要な役割がありますが、そのうちダイエットに関係のある2つを説明しましょう。

  • 骨格の“かなめ”としての骨盤

身体の根幹である背骨を支えているところなので、骨盤がゆがむと、背骨がどうしてもゆがんでしまいます。骨盤のずれから猫背になった、立った時にお尻が突き出たりとか。下半身太りなんていうのは、骨盤のゆがみが原因で無駄なところにお肉がついてしまうわけです。お尻が大きくなるとか、脚が太くなりやすくなるんです。

  • 臓器の入れ物としての骨盤

骨盤の中には、内蔵がたくさん入っています。大きいものだと小腸・大腸、その下に子宮・卵巣・膀胱や、婦人科系、泌尿器系の臓器が入っています。
骨盤が開くと、内臓が下のほうに下がってしまいます。内臓が下がった状態というのは代謝が悪い状態になって、血液とかリンパの流れが非常に悪くなっていきます。
これが実は、冷え性の原因になったりします。当然、血液循環が悪ければ、代謝が落ちて脂肪がつきやすくなります。
「骨盤のずれというのは悪影響しかない」と思っていただければいいと思います。

体の歪みの中でも骨盤が一番ダイエットに影響。頭蓋骨のずれを治せば小顔に!

体の色々な部分のゆがみやずれが、その場所の代謝を非常に落としてしまいます。例えば、背骨のゆがみによって背中にお肉がつきやすくなったり、腰とか背中の下のほうのゆがみによって、ウエストのくびれがなくなってくることがあります。骨盤がゆがんでないのに、背中だけゆがんでいる、ということはあまりありません。必ず骨盤がゆがんでいるのです。
なぜかというと、ゆがみの根本原因は「骨盤か頭蓋骨」、つまり「頭蓋骨か頸椎」のどちらかなんですよ。背中というのはちょうど頭蓋骨と骨盤に挟まれていますから、単独ではあまりずれません。上と下でバランスを取ります。
人間も動物も、頭蓋骨と骨盤でバランスを取っているわけです。人間はとくに二足歩行なので、頭と骨盤でバランスを取らないと正しい身体のバランスを保てません。なので、骨盤と頭蓋骨を正しくすることが一番重要だと思っています。

頭蓋骨のずれを治すことで小顔になる効果があります。前にあるテレビ番組で泉ピン子さんの頭蓋骨のゆがみをなおして小顔にするコーナーを担当しました。実際にみなさん驚くほど簡単に小顔になりますよ。また、骨盤のゆがみを治して、代謝が良くなり2~3キロやせた人はたくさんいます。

head-650878_1280

 

足を組む人は体がゆがんでいる証拠。バックをいつも片側に持つ人も要注意!

長くしている姿勢によってゆがみが出やすいですね。例えば、何気なく足を組んでいる、横座りをしている、ペッタンと座っているとか。立っている時に、片方の足を前に出して立っているとか、クロスしている人、よくいるでしょう?実はそういう動作は、骨盤のずれを補正するために脚を組んだりするんです。つまり、骨盤が歪んでいるんです。骨格が正しくなると自然と良い姿勢が保てるようになります。

良い姿勢を保ち、ショルダーバックを片側でずっとかけないとか、足を組まないとか、日々そういうことに気をつけていけばよいです。骨盤が正しくなると、脚を組まなくても平気になってきますよ。

記事提供

ダイエットの総合情報口コミ・ランキングサイトBe Diet (ビー・ダイエット)
体験者の本音の口コミがたくさん!最も評価の高いダイエット製品をチェック!
bediet

ライタープロフィール

芝崎プロポーション院長  芝崎 義夫
shibazaki
1962年、神奈川県生まれ。米国ライフカイロプラクティク大学でカイロプラクティックを学び、1991年に芝崎プロポーションクリニックを開設。輪郭矯正やO脚矯正など新しい矯正技術を次々と開発・考案。指圧や気圧、鍼灸などを独自に取り入れた施術療法は、内外で高い評価を得る。TVや雑誌への出演多数。著書には「骨格セラピーで下半身からきれいにヤセる」(青春出版社)、「芝崎義夫先生のプロポーション・クリニック」(西東社)など多数。
ホームページ( http://www.shibapro.co.jp/ )

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類