知るコト知るコト
知るコト 2016.01.22

冬に脂肪を蓄えやすいのはなぜ?『冷えと脂肪の関係』

冬になると牛乳に含まれる脂肪分が多くなります。これは自然なこと。なぜなら寒いから体を温めようとするのです。人間にとっても同じこと。では、ダイエットをしてもなかなか脂肪が落ちにくい原因は何でしょう?

そもそも脂肪は何のために身体に付いていると思いますか?―『冷えと脂肪の関係』

食事をコントロールしても、運動をしても中々お腹の脂肪が取れない、二の腕の脂肪が取れないなど感じることはありますか?
脂肪は無駄に身体に付いているわけではありません(暴飲暴食は別)。
身体が必要だと判断しているから脂肪が付いているのです。

ではなぜ脂肪が身体に付いていると思いますか?
それを知るとあなたにとって必要なダイエット法が見極めやすくなります。
あらゆるダイエット法がありますが、身体の仕組みを知らないで行うと、無理なダイエットをしたり、リバウンドをしやすくなっていきます。

同じダイエット法でも人によっては効果的な方もいれば、逆効果になる方もおられます。
「このダイエット法だから痩せることができる」というわけではなく、あなたの心と身体にとって必要なダイエット法をするから痩せていくことができるのです。

脂肪がつく原因は?―『冷えと脂肪の関係』

一言でいえば、「冷えている」からです。

そんなこともない、いつも身体は温かい!
と思われる方もいるかもしれませんが、寒い国にいる動物を想像してみてください。
ホッキョクグマ、アザラシ、トド、ペンギンなど、これらの動物は脂肪がよくついて太っているものが多くはありませんか?
これらの動物は脂肪を多くつけることによって、寒さに耐えれるようにしているのです。

多くの方が一番脂肪が付きやすいお腹で考えてみましょう。
お腹に脂肪が付きやすいのは、お腹が冷えているからです。内臓もあるので、内蔵が冷えないようにと余計にお腹がに脂肪が付きやすくなるのです。

ではなぜ冷えているのか?―『冷えと脂肪の関係』

身体の体温の温度は「血液」の温度でもあります。冷えとは「血行不良」で起きてくるのです。

血液は栄養・酸素・熱(体温)を運ぶために全身に張り巡らせています。
血行不良になるとその3つが運ばれないため、冷えるだけでなく、様々な不調を引き起こしやすくなります。
winter-105710_1280

「冷えは万病の元」と言われるのは、血液がめぐっていないからなのです。

お腹が血行不良になってしまう原因としては一番は姿勢の崩れ。

後は、歩き方、座っている時、物を持つときなど日常生活の中でお腹周りが活用されていな方が非常に多いです。
冷たい物の取りすぎ、冷房の当たりすぎなど環境面でも現代では冷える原因が多くあります。

ですが、まず何より大切なのは「姿勢」です。

ダイエットに限らず、健康、美容、スポーツ、仕事などすべての基本は「姿勢」です。
まずは姿勢を整えることが、あなたの人生、生活の質を上げていきます。
記事提供
ダイエットの総合情報口コミ・ランキングサイトBe Diet (ビー・ダイエット)
体験者の本音の口コミがたくさん!最も評価の高いダイエット製品をチェック!
bediet
ライタープロフィール
一般社団法人 気のかたち/代表・気功的QOL改善インストラクター 高橋 拡
takahashi2
1983年生まれ。一般社団法人気のかたち代表理事。東京療術学院気功講師。気功的QOL改善インストラクター。気功を基本にヨガ、太極拳、ピラティス、武道等の要素を取り入れながら各地で「自分で自分の健康を創る」サポートをしています。気功を各地で1000人以上の方に伝える。姿勢、呼吸、睡眠、食、歩き方等日常生活で行う習慣を整えていくことで、自分自身をコントロールする方法を習得していき、自然治癒力、免疫力を最大限に引き出し、QOL(クオリティオブライフ)が改善・向上していくようにお伝えしている。
気功等の伝統文化を時代・社会・未来に必要とされ活用とされていくかたちを創造することを理念に、うつ病、自殺などのメンタルヘルス問題、高齢者の健康問題、セラピスト、インストラクターなどの働く場づくりをすべく活動しています。各種健康セミナー、法人向け出張朝活気功レッスン、介護予防教室、指導者養成等をしております。
HP( http://kinokatachi.com/ )

その他のおすすめ記事

『ぽっこりお腹には深い呼吸』呼吸と二酸化炭素とカラダの仕組み

『ぽっこりお腹には深い呼吸』呼吸と二酸化炭素とカラダの仕組み

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

美容も仕事もスポーツも『基本は姿勢から』姿勢がもたらす嬉しい効果とは

美容も仕事もスポーツも『基本は姿勢から』姿勢がもたらす嬉しい効果とは

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

編集部おすすめ記事

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』